毎週のように実家に帰る妻と普通の夫婦生活を送る事など出来やしない

今や夫婦間においてさも離婚が当たり前のようになりつつある世の中。

そんな離婚原因の一つにこんな原因があるのをご存じでしょうか?

そう、妻の実家依存症です!

妻の実家依存症?

結婚しているにも関わらず頻繁に実家に帰ることけ?

そうです!その通りです!

結婚しているのに妻が毎週のように実家に帰るのです。

何をしているのかと言えば親に甘えて一緒にショッピングに行ったりひどいケースになると旅行に行く事だってあるのです。

もちろん夫のことなどお構いなし!

夫の食事の用意もしなければ子育ても親に任せっきり。

自分は悠々と親と外食をし独身時代の親子関係に逆戻ったかのようにやりたい放題。

こんな妻と普通の夫婦生活を送ることなどできるのでしょうか?

毎週のように実家に帰る実家依存症の妻との夫婦生活が困難になる理由

もし自分の妻が実家依存症だと気づいたら・・・最悪です。

毎週のように夫をほったらかして実家に帰られたら夫は堪ったものではありません。

そりゃあ子供が小さいうちは相手のご両親の協力も必要ですよ。

しかし、あきらかに家事や育児を放棄し自分が楽をしたいがためだけに実家に帰るようであれば夫の不満にも限界を迎える時が来るものです。

おまえはなんで家庭の事も省みず平気で毎週のように実家に帰るんだ?

いい加減にしろ!

こんな言葉を発したくもなるでしょうがここで妻に対して文句の一つでも言おうものなら夫婦関係は険悪になり妻が離婚を切り出してくるとも限らないのです。

はっきり言ってこの手の実家依存症の妻との夫婦生活を送り続けることは並大抵のことではありません。

だって妻からしてみれば・・・

当たり前の事が当たり前とも思えない。

恥ずかしい事が恥ずかしいとも思えないからです。

普通の家庭とはかけ離れた生活環境の下で育った妻。

そんな妻からしてみれば妻の思考こそ常識として認識しているため夫がいくら注意を促しても利く耳をもてないのです。

もはやしょうがないと言えばそれまでですが、こんな形でこれから先、何年も何十年も実家依存症の妻と夫婦生活を送り続けることなどできるのでしょうか?

スポンサーリンク

自分の妻が実家依存症だと気づいた時の対処法

それではここからは「実家依存症の妻を是正するためにはどうすれば良いのか?」について考えてみたいと思います。

一言でいえば・・・

こんな女性を妻にもらったのがそもそもの間違い!

と言った一言で片付いてしまうことでしょう。

しかしそれでは離婚するしかありません。

ではどうすれば良いのか?

それは夫が頻繁に実家に帰る妻の習慣を黙って容認してあげることです。

妻が実家に帰ると言うことは親離れ出来ていないのもありますが親も娘(妻)に対して子離れ出来ず依存しているのです。

この関係は一見すると大の大人が、しかも結婚しているにも関わらずとてもおかしく奇妙な関係に思えるかもしれません。

しかしこの親子からすればごく自然で当り前の関係なのです。

いやいやいや、家庭の中心は俺だろ?

そんな考えは妻や妻の母親には通用しないことでしょう。

赤の他人である夫が何を言うか!

私たち家庭の結束の方が大切だ!

そう思っているに違いないのです。

結局、夫は泣き寝入りしかありません。

週末になればカップ麺や弁当を購入し一人寂しく生活を続けるしかないのです。

残念ですがこればかりはどうしようもないことで夫に問題があるわけではありませんので自分ではどうすることもできません。

もしこんな夫婦生活を我慢できないと思うのであれば離婚するしかないでしょう。

ここは気持ちを切り替え、「よしっ!週末は妻も子供も実家にいる事だし自分の好きなことが出来る!」と割り切った考えを持ってこそです。

「物は考えようだ」とはよく言ったものです。

少し視点を変えればこの妻の実家依存症を克服できる日が来るかもしれませんよ~

さいごに

今回の「妻が週末になると実家に帰る」と言った行為は確かに夫からしてみれば「結婚しているのにそりゃないだろ・・・」と言いたくなる気持ちもわからなくはありません。

しかし、夫婦生活にはこの手の問題は付き物で何一つ問題を抱えない家庭など存在しないのです。

皆、大なり小なり問題を抱えて共存しているのです。

世の中には妻が不倫したり、夫側に何ら問題もないのに理由もなく妻が家を飛び出すケースだって見られます。

そう考えれば妻が母親と週末に限り楽しい時間を過ごしていることはたいした問題にはならないことでしょう。

欲を挙げればキリがありません。

いっそのこと夫も妻の実家に一緒についていくなどちょっと思考を凝らすことでまた違った展開が生まれるかもしれないのです。

実家依存症のような問題のある妻を選んだのも夫である自分。それを結婚後にあ~だのこ~だの言っても何も始まりません。

「どうしたら妻と仲良くできるか?」を考え、実行できる人間こそ円満な夫婦関係を構築できるものではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 通りすがりの旅人 より:

    申し訳ないのですが、何の解決策にもなってないですよね?
    それだったら、女性が何の自立もせずに実家にベタベタして、何でもかんでもやりたい放題がまかり通ることになります。
    女性は自立しないことが正解、それが正義だと仰っているのでしょうか?
    失礼ですが、男性を侮辱していませんか?

    • unluckyman より:

      通りすがりの旅人さんこんにちは~
      解決策は述べていませんよ?対処法を述べたまでです。

      確かにあなたの言われるように「女性が何の自立もせずに実家にベタベタして、何でもかんでもやりたい放題がまかり通る」ことが正義ではありません。

      そして結婚後も夫をほったらかして実家に依存し続ける女性は注意しても反発するだけでしょうし、なかなか自分の非を認めようとはしないものです。
      結局は夫は我慢するしかありません。

      極端な話、それができないのなら離婚するしかないでしょう。
      妻と義母との関係を容認するしかありません。
      そういった意味では今回の記事はあなたの言われるように男性を見下しているように見えたことでしょう。

      実家依存症の妻だと気付いた夫に出来ることなんて我慢するしかありません。

      まぁ物は考えようで妻が不倫なんかするよりは断然マシですし、義母も何かと力になってくれる、自分の自由な時間が増える。
      そんなプラス思考に考えることも大事なのではないでしょうか?
      (※すみませんが一部、激しい口調が見られましたので言葉の都合上、変更させて頂きました。)

  2. 過去 より:

    はじめまして
    子供が小さい頃、実家は遠かったので夏休みだけ1ヶ月帰省したり
    出産で数ヶ月帰省していました。その時は当然のようにしていましたが
    今考えれば甘ったれで最低な行為だったと反省しています。

    近所に住んでる姑がズバズバ嫌味を言う人で正直かなり辛かったのでというのが帰省の理由でしたがそれから元々モラハラ気質だった夫がひどくなるし、振り返ればいろんなことが絡み合ってたけど自分が自立してれば問題は半分くらいに済んだと思います。

    子供も大きくなりお盆しか帰省しなくなりましたが、
    それとともに家庭は落ち着きました。

    自分の子供が結婚した時はそのような夫婦関係を壊すような介入は
    しないように気をつけようと肝に命じています。

    • unluckyman より:

      過去さんこんにちは~
      お子さんが小さい頃に実家に1カ月も帰省してたんですね(笑)
      その気持ちよ~くわかりますよ。

      過去さんのご両親はさぞやさしいお方なのでしょうね。
      気持ちが行き詰った時、本当に心が安らぐのは母親以外にありませんからたまには甘えることも良いかと思います。

      若い内は結婚しても夫婦でいる限り、色んな衝突があるものです。
      特に子供が小さな頃は子育ても大変でしょうし、夫と妻とでは家庭における役割も変わってきます。
      それをお互いが理解し合い、支え合ってこそ円満な家庭が築けるものだと思います。

      その点、過去さんはそんな苦労を乗り越え、今があることでしょう。
      嫌いな姑さん、モラハラ気質な夫の仕打ちにも耐え続けお子さんも大きく成長なされた。
      過去さんの努力がなければここまではこれなかったことでしょう。

      「母は強し」といいますが今の時代、過去さんのように忍耐強い女性は本当に少なくなって来ているように思えてなりません。
      すぐに離婚を強調したり、別居をしたり・・・

      過去さんはご家庭も落ち着いているようで何よりです。
      これからは夫をあっと言わせるようなたくましい女性(母親)になって行ってほしいと思います。
      幼少期の子育ておつかれさまでした~
      そしてこれからはお子さんの成長を見届ける喜びを旦那さんと分かち合いながら楽しいご家庭を築いて行ってくださいね~