離婚をちらつかせる妻に我慢し続ける夫婦生活ほど苦しいものはない!

みなさんこんにちは〜

今回は「離婚をちらつかせる妻」についてのお話です。

どの家庭にもいますよね〜

何かあるごとに夫に対して離婚をちらつかせる妻って。

明日、離婚届を取ってきます!

そこまで言うならもう離婚よっ!

夫からすれば「ふざけるな!」と思えるようなどうみても妻が悪い状況にあってもこの妻の一言でたじたじになってしまうものです。

本来であれば「離婚する!」だなんて軽々しく口にできるような言葉でもないのですが今の時代はこれが当たり前になってきていると言っても過言ではありません。

夫に対して軽々しく離婚を主張する妻に我慢し続けながらの夫婦生活・・・

そんな生活、あなたには耐えられますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夫に対して離婚をちらつかせる妻の心理とは?

ではなぜ妻は夫に対して軽々しく離婚をちらつかせるような言葉を並び立てるのでしょうか?

夫と本当に離婚したいからでしょうか?

実は違います。

この夫に対して「離婚!離婚!」と声を大にして言い続ける妻の心理にはある意図が隠されているのです。

それが、離婚を主張することで夫が妻に対し反論できなくなり身動きできない状態に持って行きたいからです!

要するに夫に対し、「離婚」という言葉は妻が窮地に立たされた際の切り札となるのです。

一に離婚、ニに離婚!

下手をすれば本当に離婚されてしまいかねない妻の激しい言動に夫はなす術もなく、ただただ黙って妻の言い分を聞き入れるしかないのです。

スポンサーリンク

文句ばかり言う妻の曲がった根性なんて絶対に直ることなどない!

あ〜でもない!こ〜でもない!

妻に対して夫が何かを言おうものなら夫の言うことなど聞く耳を持たず、少しも理解してくれようともしない妻。

こんな文句ばかり言う妻の曲がった根性なんて絶対に直ることなどありません!

夫が妻に対して言えば言うほど、逆らえば逆らうほど夫婦の関係は悪化していくことでしょう。

妻の「いつでも離婚してやる!」と言った強固な姿勢は性格的な面から来ていると言っても過言ではなく直そうにもそう簡単には直せないのです。

夫の言うことなど聞いていられない!

自分の考えを認めてほしい!

そんな強気一辺倒の曲がりに曲がった妻の根性を直すことなんて並大抵のことではできないことでしょう。

夫は離婚を覚悟で妻と言い争うのも一つの手かもしれません。

しかし、離婚届を目の前に突きつけられた時、よほどの覚悟がなければ印鑑をつくことなどできないのです。

夫婦生活は耐える事も必要!しかし片方だけが苦しみ続けるのは間違っている!

夫婦生活は確かに耐えることも必要です。

しかしここでこの「耐える」と言う言葉の意味を絶対にはき違えてはいけません。

夫婦で耐えると言うのは間違ってもどちらか片方だけが苦しみ続けることではないのです。

待ち受ける困難に対して夫婦で共に苦しみを分かち合い、そんな苦労の中にも幸せを見い出せてこそなのです。

夫婦生活は苦しみや困難はつきもの。

夫に対して離婚という言葉をちらつかせる妻は自分だけがそんな苦しみから逃れようとしていることに過ぎません。

夫を犠牲にし自分だけが水中から真っ先に顔を上げようとする妻との夫婦生活なんて耐え続けられるわけがないのですから。

コメント一覧

  1. S より:

    とても偏った文章にびっくりしました。
    根本的にこう言った考えがあるからこそ無視され続けるんだろうなぁと妙に納得させられた記事でした。

    • unluckyman より:

      Sさんこんにちは~
      全ての女性がと言うわけではないのですけどね~

      特に離婚を覚悟した女性の非情さには男性では計り知れないものがあります。
      追っても追っても気持ちに変化が見られないのは男性が思うよりもずっとずっと先に気持ちがあるからなのかもしれませんね・・・