マザコン夫は妻に離婚されて当然だ!母親への愛が夫婦関係を崩壊!?

みなさんこんにちは~

今回は「マザコン夫」についてのお話です。

一説にはマザコンは以下のように定義されています。

マザコンとはマザーコンプレックスのことを言い、息子が成人しても母親に固執し母親の支配下にあること。

既婚者の夫のみなさんどうすか?

ズバリ、あなたはマザコンではないでしょうか?

いやいや、マザコンなんて恥ずかしい。

俺がマザコンなわけがない!

そう断言できる夫でも妻から見ればマザコンに十分、該当するケースが多いのです。

だからこそマザコンが原因で離婚されるのです!

夫の母親への愛は時として夫婦関係を崩壊させてしまうものです。

そんな自分でも知らず知らずの内に妻から「このマザコンが!」と思われてしまうようなことだけは避けなければなりません。

夫のマザコンってどのレベルまでがマザコン扱いになるのか?

さらには妻にそんなマザコン夫と思われないようにするための回避策についてお伝えします。

マザコン夫は母親に依存していないつもりでも妻から見れば離婚されるだけの言動を発している

世の中には夫であるにも関わらず自分の母親に対してこんな呼び方をする人もいるそうです。

ママァ~!

アニメで例えるならまさにキテレツ大百科のトンガリ並みのマザコンレベル。

結婚前は「薄々、そんな感じの人」だと思っていた妻も実際にそのような現場を目撃した日には顔が青ざめることでしょう。

何かにつけ母親優先!

母親の言うことは絶対!

はたから見れば笑ってしまうような関係にありますが実はこれ、ここまでひどくなくとも妻から見れば夫が十分にマザコンと思えるような言動をとっている場合が多いのです。

例えば、母親の言う事を一切、否定することができず妻が夫の母親に注意を受けたりしていても何も言わなかったり・・・

妻の料理はおいしいとも言わないのに母親がたまに持ってきてくれる料理は「おいしい!うまい!」と絶賛の嵐・・・

このような場面に遭遇した妻は心の中でこう思っていることでしょう。

私と母親とどっちが大事なの!?

妻よりも母親を優先する気!?

ほんと、夫ってこんな妻の心理に気付き、気持ちをくみ取ってあげる事が出来ないのです。

その結果、やがては妻に「マザコン夫とは夫婦生活を継続できない!離婚してください!」と言われるのがおちなのです。

自分では気付かない内に妻に嫌~な印象を与えてしまう夫。

そこには妻を大切なパートナーとして見ていないことへの表れなのです。

妻から見れば離婚されるだけの母親に関する言動を繰り返す夫。

程度の差はあれ、これこそが今のマザコン夫に代表される典型的な特徴です。

スポンサーリンク

夫は妻の前では母親への過度な愛情は避けてこそ!

そもそも多くの夫達がなぜ妻にマザコンと言われるような行動をとるのかには理由があります。

それは夫から見て母親は母親であり、妻は妻だからです!

意味わかんね~よ!

と思われる方も多いでしょうがやはり、男性にとって母親の存在は偉大なのです。

そりゃあもう言い方は悪いですが妻なんて自分が産まれてから幼少期を経て成人になるまで面倒を見てくれた母親に比べたらどう考えても劣ります。

それぐらい母親は自分の息子である夫に対してかけがえのない愛情を注いで来てくれたのです。

私は40歳を過ぎましたが近頃よく遠い昔、小学生の頃に両親と食卓を囲んだ日々を思い出します。

今になって思えば母親は自分のために一生懸命、尽くしてくれたんだなぁ・・・と。

最近では70歳を過ぎ顔もシワシワで痩せ細った母と食事をする度に母の老いた顔を見てはあの若かりし母親の顔を思い出し涙が出てきます。

男性にとってそれぐらい自分の母親というのはかけがえのない存在なのです。

いくら妻と言えど結婚し数年間、生活を共にしたぐらいではとてもじゃないですが「母親の領域」にまでは到達できないことでしょう。

とまぁここまでは世間一般の夫が心の中で思いがちな母親への思いです。

しかし・・・

何度も言うようですが妻から見ればこんな「母親思いの夫」こそ天敵となるのです

妻からしてみれば自分のことをほったらかして母親のことを少しでも、どんなに小さなことでも褒める夫なんてマザコン以外の何物でもありません。

だからこそ夫は妻の前では絶対に母親を褒めたりせず妻の顔を立てなければならないのです!

これが妻にマザコン夫と思われず円満な夫婦関係を築き上げて行く秘訣なのです。

夫である以上、母親への過度な愛情は避けてこそ!

出来れば妻のいないところで電話やたま~に会う程度に留めておきましょう。

さいごに

夫と言えど男性です。

夫と言えど自分を大切にしてくれた母親を思う気持ちがあるのは当たり前のことです。

しかし、結婚し妻と夫婦である以上、そんな母親思いの本心は最小限に抑えておくべきでしょう。

妻よりも母親を大切に思っている・・・

そんな夫の感情を妻に悟られてしまっては妻の夫に対する夫婦熱は一気に冷めてしまうことは避けられません。

特に最近の女性はわがままですからね~

夫の気持ちなんて理解しようにも出来ず、変な解釈をしてしまい夫婦関係を悪化させてしまうことにも繋がり兼ねないのです。

産みの親である母親を思うことは大切です。

しかし、そんな気持ちと同じくらい妻を思う気持ちを持ってこそです。

夫のみなさんは妻にマザコン夫と思われないよう母親との関係は慎重に接して行って下さいね~

スポンサーリンク

コメント一覧