妻を見下すような最低の夫はいずれ離婚される!!

別居中の夫諸君こんにちは~。今回はそんな夫の方々の中にも該当する方がいるかもしれないこの問題について一緒に考えてみよう。

妻を見下すような最低の夫!!

今、「ドキッ!!」っとした人達も多いのではないだろうか?ドキッとしないまでもこの行為に心当たりのある方へ一言いわせてほしい。

あなたは最低な人間です!!

該当しない方には不快に感じたかもしれないので謝らせてほしい。実はこの「妻を見下す」ような行為をする夫は十中八九、やがては妻に捨てられ離婚させられる道を歩むのだ。

妻は夫に見下されることで物凄い恨みを買う習性がある

タイトルの通りだ。夫主君はこれは本当に気をつけてほしい。結婚生活と言うものは幸せな一面もあるが、時間の経過と共に夫が妻に対する対応も次第に劣化していくものだ。

結婚前や結婚当初は妻の顔色を伺い本当に「気遣い」のできる、いや出来なくてもそれらしい行動を起こす習性がある。しかし時間が経つにつれてある変化が訪れる。

そう、人間にある特徴的な性質とも言える「慣れ」である。

夫は妻に勢いで「お前はなんでこんなことも出来ないんだっ!!他の奥さんはやってるだろっ!!」とか妻がお願いごとをしても「今忙しいっ!!」などと聞く耳を持とうとしない。

挙句の果てには妻が何も言わない事をいいことに言いたい放題の日常が始まる。その結果、妻を見下すような発言を連発していくのだ。

しかし、言ってる本人はそのことに気が付かない。夫は夫婦だからと気にもせず「あ~だこ~だ」と妻に愚痴を言い出す始末。

これが長年、蓄積されるとどうなるか?

そう、妻の胸の内に秘められた怒りは最高潮に達し「夫への恨み」へと発展して行くのである。妻とて一人の女性、ましてやいくら夫婦と言えども元々は赤の他人である。こんな状態がいつまでも続くわけがないのだ。

夫に何年も何度も何度も小言を言われ続け、気が付けば何を言われたのかさえ覚えていない。ただ一つ覚えているのは「夫に対する屈辱・恨みを買った過去の自分の姿」だ。

女性(妻)は本当にこの手のケースを理由に離婚を切り出す場合が多い。それもこれも自分でも何を言ったのかわからないぐらい小言を言い続けた夫とまた何を言われ続けたのかわからい妻との関係が破滅の道へと導くのである。

スポンサーリンク

妻を思いやる気持ちは行動し形で表してこそ!!

では妻の恨みを買わないようにするにはどうすれば良いのか?いくら夫側が気を付けると言っても限界がある。

カァ~!!」と頭に血が上ればそのような夫は理性がとび妻に八つ当たりしないわけがない。

口から一言でも妻に対して暴言が飛び出すと連鎖的に愚痴を連発するのだ。人の性格と言うものは生まれつきの物なのでいくら意識してもそのうちボロがでる。ではどうすればよいか?

それは妻側にも言える事だが夫は妻の失敗、妻の小言、妻のわがままを許してやる心を持たなければならない。これが出来れば必ず夫婦生活は上手くいく。

考えても見てほしい。

喧嘩をするときってどちらもあふぉだから喧嘩が始まる。何か言われると反発、そしてお互いが不快になり喧嘩へと発展するのだ。これは夫婦喧嘩も同じ。はたから見ればたわいもない理由なんだよな。

料理の味付けが悪いだのだらしがないだのほんと・・・どうでもいいこと。こんなつまらない事で夫婦お互いが指摘し合い口論になる。

要は「他人を思いやる気持ち」がないのだ。

妻が料理が下手でもありがたく食べお礼を言う。一度でも「今日もおいしかった、ありがとう!!」と言ったことがあるか?照れくさいだのなんやかんやで結局は当たり前のように食す。

これじゃあご飯を作る妻も作り甲斐も何もない。ましてや洗い物をする妻を横目に夫は寝っ転がってテレビを見る・・・。思いやりとは日常のさりげない、こう言った場面でどう対処していくかで如実に表れるのだ。

これが出来る夫は強い!!

そして妻からも絶大な信頼・安心感を得ることができる!!

妻の行動にいちいち文句を言う暇があるなら行動を起こすべきだ。文句を言うのは誰でもできる。ましてや自分が思いやりのある言葉がかけれないとわかっているのであれば行動で起こせばいいだけのこと。

行動が伴ってそこに初めて妻へのやさしさが形となって表れるのである。

妻を見下すことで離婚される危機まとめ

夫にとっては妻への何気ない小言、罵りがいずれは「妻を見下す」形となって表れるもの。妻に悪口ばかりで協力もせず、「俺は外で仕事しているから当たり前だ!!」みたいな事ばかり言っているそこの夫諸君よ。

こういう妻を見下すような発言は積み重なることで間違いなく反感を買われ、やがては恨みへと成長していくものなのだ。いいかと思って調子に乗りあまり妻をいじめてはいけない。

自分ではわからないかもしれないが妻からすれば相当、ストレスが溜まり逃げ場のない状態に追い込まれる。

だから何も言わず離婚届を置いて出て行かれるのだ!!

夫婦だから少しぐらいの小言は許される?夫婦だから妻が食事の用意をし掃除・洗濯をするのは当たり前?いい加減、そんなくだらない考えは捨てる事だ。

でないと妻が家出をした後に「俺の何が悪かったんだ・・・暴言も何も言ってないのに・・・」なんて言うようになる。夫婦生活と言うものはお互いが支え合う事で生活を共にしていくもの。

ましてや今の時代、妻は家事、子育てに加えてパートにまで出て働いている。その労力と苦労は夫が外で仕事をする比などではないのだ。

妻への思いやりを言葉だけでなく行動として起こすことで気持ちの落ち着ける環境を提供し、円満な家庭を築くことで離婚の危機を回避してくれよなっ!!

スポンサーリンク

コメント一覧