悩み落ち込む別居中の夫達よ!あまりにも今にとらわれ過ぎるな!!

みなさんこんにちは~。

そして、このブログタイトルを見てこのページを開いてくれた別居中の夫の方々、よく来てくれましたね。

このページに来られた方々はおそらく今現在、妻と別居し一人暮らしをしている夫の方々ではないだろうか?

今回はそんな別居中の孤独にあり精神的にも耐えられない日々を送られている夫の方々に向けてお話したい。

それは「悩み・落ち込むばかりの毎日にとらわれ過ぎるな!!」と言うことだ。

寝ても覚めても別居した妻と子供のことばかりを考え日々、何のために生きているのかさえわからない状態になっているとしたら即刻、そんな思考は捨て去ってほしい。

かく言う私も1年8か月もの間、別居していた時は落ち込んで落ち込んで覇気がないと言うか・・・自分でも喜怒哀楽の「哀」の感情しか湧かなかったものだ。

しかし、別居に悩む夫達は過去の私と同じように結局は「今」しか見ていない。

未来を真正面から直視していない、いや出来ないのだ!!

その結果、悩み・落ち込む事ばかりでどんよりとモヤモヤした気持ちで胸が一杯になるのだ。

厳しいようだが今にとらわれ過ぎる事がいかに自分を駄目にし、未来の芽を自らが潰しているの気付いてほしい。

なぜ離婚と決めつけるのか?なぜ復縁できないと思うのか?

悩み・落ち込むことはわからないでもない。

大切な家族がある日を境に目の前からいなくなりその日以降、妻とも子供とも元の状態に戻れなければそりゃあ落ち込むのもわからないでもない。

でもここでみなさんに質問したい。

  • なぜあなたは「離婚することになるかも?」と決めつけるのでしょうか?
  • なぜあなたは妻ともう復縁できないと思うのでしょうか?

妻に離婚してほしいと言われたから?

それとも妻が戻ってくる様子がないから?

色んな理由はあれど、現時点においてはまだ「別居」状態にあり「離婚」しているわけではないのですよ。

あまりにも自分を悲観し「もう駄目だ・・・」とそこで諦めているのではないでしょうか?

その結果、月日だけが過ぎて行き、妻に対して復縁するための努力を何一つしていないのではないでしょうか?

こんなことを落ち込んでいる夫の方々に言うのも何ですが極端な話、「別居=まだ復縁の可能性がある」、「離婚=夫婦関係の完全決着」なのです。

つまり理由はどうあれ別居状態にあると言うことはまだ夫婦関係は終わってなどいないのです!!

可能性は0ではないと言うことです。

その限りなく低いと思える可能性も夫の妻に対する対応次第で1%・・・2%・・・と徐々に復縁の可能性を上げる事だって出来る。

そしてその行動できる時間は限られているのです。

この限られた「復縁できる可能性」を放棄するのですか?

「もう復縁できない!!もう駄目だ、離婚になるかも・・・」そう決めつけているのは夫自身に他ならないのです。

スポンサーリンク

今にとらわれ過ぎ悩み・落ち込み続ける先に未来などない

今、別居中の夫達に「悩むなっ!!落ち込むなっ!!」と言ってもこんな言葉が返ってくることだろう。

お前なんかに!お前なんかに俺の苦しみが理解できるか!!

確かに妻と別れ、自分自身と葛藤している夫の方々の苦しみの全てを理解できないことだろう。

しかしここで大きなお世話かもしれないが一つだけアドバイスさせてもらえるとすればこう言わせてほしい。

  • あなたは今の自分しか見ていない!!
  • そして自分の殻に閉じこもっているだけだと!!

妻と子供を想い、悩み・落ち込み続けて何が生まれるのでしょうか?

せいぜい過去の自分の過ちを反省するぐらいでしょう。

しかしそれも自分の心の中だけの変化であって妻や子供、妻の両親に対して何一つ変化を与えることなんて出来ないのです。

私は以前、このブログで復縁するために必要な自分なりの方法を姑との仲をとり持つ大切さを例にお伝えさせて頂きました➡(※別居中の夫が妻と復縁するためにはどうすればよいのか?

これは数ある復縁対策の中の一つであるが、先ほどもお伝えしたように復縁するためには離婚したがる妻の気持ちを変えていかなければならない。

別居した当初は復縁率3%だったかもしれない。

その状態から時間をかけ孤独に耐え数%ずつ上げて行き、せめて20%ぐらいまで行かなければ復縁は成就しないのだ!!

あなたは今、どのくらいの位置にいるのでしょうか?

妻や妻の両親に対してやるべきことを全てやったと言えるのでしょうか?

まだまだ落ち込み、諦める段階ではないのです。

諦め、悔いを残さないのは離婚届に判を押すときでいいじゃないですか。

それまでは妻や妻をとり巻く周囲の人間、そして自分自身と戦い続けるしかないのです。

夫婦間の問題である以上、誰もあなたを助けてはくれないのです。

その戦いを自らの手で放棄するのですか?

落ち込むということはまだまだ改善できる点が数多くあるはずです。

今があってこそ未来がある!!

そして後々になって過去を振り返り後悔するのもしないのも自分なのです。

まとめ

別居に悩み、落ち込んでいる夫の方々には少し酷な内容だったかもしれません。

しかし、もし私が10年前の別居し落ち込んでいる状態の自分と対面したら同じことを言うでしょう。

別居と言った毎日がつらく悲しい日々の連続。

しかしそんな状態だからこそ過去の自分を省み、共に生活を送って来た妻とそして子供の事を想えるのです。

その気持ちを大切に行動に起こしてほしい。

失って見えて来るものだってあるのですから。

コメント一覧

  1. たか より:

    こんばんわ。
    別居約1ヶ月です。子供が産まれてがむしゃらに仕事してたら、仕事だけしてたらいいやんという考えになって、、、妻の我慢がキレました。
    めちゃくちゃ辛いですが、マイナスを考えてもダメなので今私にできる事、自分を見直す事をしてます。たくさん反省すべき点がありました。幸いLINE等の連絡はとれるので妻の心が変わるまで頑張ります。
    まぁ凄く辛いですが、、、

    • unluckyman より:

      たかさんこんにちは~
      たかさんは頑張り屋さんですね~偉いです。
      お子さんが産まれてひたすら仕事に打ち込むことは素晴らしい事です。

      家族を養うにはお金は絶対に必要ですし、何だかんだ綺麗ごとを言ってもお金なくして満足の行く夫婦生活は営めないものです。
      美味しい物も食べれない、旅行にも行けない、ゆとりある住まいも確保できない、車も買えない、そして何より奥さん・子供にかけてあげられるお金がない・・・
      お金なくしては成り立たない一面も多く見られることでしょう。

      しかし、お子さんが産まれて間もないとなるとそれだけではないんですよね。
      お子さんが10代にもなれば奥さんもたかさんの考えを理解してくれたことでしょうけど、今はやっぱり、お金よりも「いかに奥さんを支え、お子さんの面倒を見てあげられるか?」に尽きると思います。

      奥さんの我慢がキレた原因は「仕事ばっかりで家のことは全然してくれないじゃない!いいわよね、家の嫌な事は自分に任せて外に出られて!」と言ったところではないでしょうか?
      たかさんはたかさんで頑張っているのでしょうけど奥さんの心が不安定では夫婦生活も上手く行きませんからね・・・難しい所です。

      現にたかさんは悪い事はしていないわけだし、奥さんもラインで連絡はしてくれているようですのでこれからはご夫婦でいかに仲直りするかが大切だと思います。
      そのためにはたかさんが奥さんのことを全面的にバックアップしてあげる姿勢を見せ、奥さんに安心感を持ってもらうしかありません。

      例えばですけど奥さんに「あ~もう、仕事で無理難題ばっかり押し付けられて嫌になっちゃうよ~!頭にきたから有給とったんで今度、プチ日帰り小旅行にでも行かない?やっぱり仕事より家庭が大事だもんねぇ~、〇〇(※奥さん)の言う通り仕事は適度に、家庭は全力で支えてこそだよねぇ~ よぉ~し、楽しい家庭生活めざすぞぉ~」みたいな感じで話をされてみると良いかもしれません。

      私のように40過ぎて妻とほとんど会話のない人間ATMになってしまったら、それはそれでつらいですよ~
      やっぱり家庭は愛情に勝るものなどないと言う事です。
      子育てに励む奥さんの言う事を全面的に受け入れ、ストレスを緩和し支え続けてあげてくださいね~

  2. 匿名 より:

    ご丁寧にご連絡ありがとうございます。
    仕事だけって書きましたが、どこかで仕事してやってるという上からの目線になり接っしていたのも大きな原因です。
    財布も別々で月のお金を渡しやってるといった考えもありました。
    今は様々な人と話をする中で仕事に集中できる環境を作ってくれてありがとう、といった言葉がでてきましたし、口座もすべて預けるつもりです。

    ですが、向こうもある程度の覚悟を持って出たので、変わったから戻りますとはならないようで、、、子供の為には2人がいた方がいいが、私の気持ちがっていう、、、

    ゴールのない長い旅みたいで、気持ちが不安定です。
    人生いろいろありますよね。。。一緒に飲みに行って話を聞いて欲しい気分です。笑

    励みになりました。ありがとうございます。