家庭内別居中は無理に会話をする必要なんてない!!

みなさんこんにちは~

最近、皆さんからちょくちょくお便りを頂き「少しでもお役に立てた回答が出来ている?」ようで嬉しく思っているアンラッキーマンです。

悩みは一人で抱え込まず誰かに打ち明けると気が楽になるものです。こんな私で良ければ気軽にコメントしてください~

それでは今回のお話に入って行きましょう。

今回は妻に相手にされない夫を対象に「家庭内別居中における夫婦の会話はどうあるべきか?」について考えてみたいと思います。

家庭内別居、それは住居は共に生活するも読んで字のごとく夫婦関係が破綻寸前、もしくは破綻している状態にあります。

今や多くの家庭において見られるようになってきた家庭内別居、一見すると「あぁ・・・もう駄目かも・・」なんて思いがちかもしれませんが実は角度を変えた見方によっては別居とは言え夫婦が仲直りできる状況とも言えるのです。

はぁ?別居してるんだから無理じゃないの?

そう思われる方々も多いかもしれませんがこの家庭内別居は別居の中でもまだまだ軽い部類に入ると言っても過言ではありません。

それではなぜそう言えるのかを見て行きましょう。

家庭内別居は復縁できる最大のチャンス!?

先程、別居と言っても様々だとお伝えしましたが大きく分けると2通りの別居の形が存在します。

それは冒頭でお伝えした「妻と生活を共にしながらの別居状態」と「妻が家出をし夫婦別々に暮らす別居状態」の2つです。

この2つの別居の違いが何だか分かりますか?

そう、薄々は気付いているかもしれませんが後者の別居に比べて前者の別居は復縁出来る可能性が格段に高いと言う事です。

その理由としては以下の通りです。

妻が家出をして夫婦が離れ離れになる別居だと夫がどんなにもがいてもその姿は妻に見えませんが家庭内別居中は夫の態度次第で妻の目と心に直接訴える事が出来るので心境の変化を生ませ復縁できるというわけです。

これが非常に大きい!!

妻が一度家を飛び出してしまうと連れ戻すのは至難の業です。

だって夫が何をしようが何を言おうが今までが今までだけに「所詮、口だけのその場限りの行動」にしか捉えれらないからです。

それに対して家庭内別居は「妻がまだ離婚しようかどうか踏みとどまっている状態」にあり家出をするまでの決心に至っていません。

そこで夫が今までと180度違った反省した姿を見せられるのが家庭内別居なのです。

つまりは家庭内別居は「夫が離婚される直前の瀬戸際、最後のチャンス状態にある」のです。

スポンサーリンク

会話をしてくれない家庭内別居、どうすれば改善できる?

「復縁できる最大のチャンス!」などと言っておきながらこんな事を言うのも何ですがもちろん妻は会話などしてくれません。

とにかく無視です!無視!!

そんな姿に夫がどうにか仲を取り持とうとがむしゃらに会話を仕掛けたところで結果は同じです。

この状態こそ家庭内別居の典型的な特徴であり、多くの夫達がどうすれば良いのか頭を抱える問題であるとも言えますが・・・

しかしここで考え直して頂きたいのが「そもそも妻は夫と会話をしたいのか?」と言う事です。

結論から言えば妻は会話などしたくありません!!

でも、家出するまでに至らず家庭内別居状態に踏みとどまっていると言う事は経済的な理由によるか夫が何かしら改善してくることを期待しているからです。

じゃあ会話もせずに反省の意を示し妻の気持ちを変える方法って何なんだよ?

それは夫の誠意ある行動一つです!!

そもそも会話をしたがっていない妻に無理に会話を仕掛ける方が間違っています。

そんな無理なことを延々と繰り返すよりも「妻にとって意義のある事は何か?」を考えるべきです。

それは家事や育児を率先して夫がしてあげたり、家の掃除をしたりすることです。

また、いつも妻が不快に感じていた「夫が家でゴロゴロしたり、お風呂を妻より先に入ったり、音を立ててうがいや咳払いをしない」ことです。

そこでさりげなく「やっぱり妻じゃないとだめだな・・・」と思うような会話を投げかけ妻を引き立て機嫌をとるしかありません。

これを何日も何日も・・・

その内、妻も見かねて必ず何かしらのアクションを起こすはずです。

その時こそ初めて妻が夫との会話を許した状態に持っていけるのです。

家庭内別居はこの夫の気持ちの持ち方一つで離婚を阻止できる最後の砦だと言う事を自覚し行動に移して行きましょう~

まとめ

家庭内別居は家出をされる別居よりもまだまだ復縁出来る可能性を秘めているものです。

確かに妻が会話をしてくれない場合がほとんどでしょうけど無理に会話をする必要なんてないのです。

妻が自然と口を開くようになるために夫は「今出来る事に全力を尽くす」しかありません。

そんな夫の誠意次第で妻の気持ちが一変し離婚を踏みとどまらせることができるものです。

目の前に妻がいる限りそのチャンスは無限大です!!

離れ離れになったらそれこそ復縁の可能性は限りなく低くなります。

家庭内別居に求められるのは夫婦の会話ではなく、夫の誠意ある態度一つだと言う事を忘れず妻にこれでもかと言うぐらい尽くして尽くしきってくださいね~

スポンサーリンク

コメント一覧