別居中の夫が妻と復縁するためにはどうすればよいのか?

みなさんこんにちは~

今回は別居中の夫が妻と復縁するためにはどうすればよいのかについて一緒に考えて行きましょう。

このブログタイトルを見て来られた方々は今、少なからず「妻と別居しそうな雰囲気にあるか?それとも既に別居中の身で妻とどうしても復縁したと強く望んでいる方々」ではないだろうか?

当たり前だろっ!!さっさと答えを教えてくれっ!!

はやる気持ちもわからなくもない。

私も過去に1年8か月もの間、妻と別居していた際は毎日のように「どうすれば妻と復縁できるのか?」その事ばかり考えていたものだ。

でも、考えども考えども答えなんて出やしない。

じゃあやっぱり復縁するための解決法なんてないじゃん・・・」そう、思われるかもしれないが実はある。

それは妻はどうして別居する気になったのかを知ることだ!!

これさえ知ることが出来れば今後、妻との関係改善の余地はあるし少なくとも離婚と言った間違った方向へは進まないはずだ。

妻の本音をどうやって聞き出せばよいのか?その方法とは?

そんなもん本人の口から聞けるかっ!!

それにどうせ聞いても「離婚してください!!」の一点張りだわ。

そうでしょう、そうでしょう。

別居すると言うことは少なからず「離婚を覚悟した状態」にあるのです。

そして別居し、日が経つごとにその考えはどんどん、どんどん、深みを増していく。

ただでさえ別居中は妻と顔を合わす機会なんてないはずです。

離婚したくてたまらない状態の妻とゆっくり話をし妻の悩みや別居に至った原因を聞き出そうとしても無理がありすぎるのです。

それに夫の顔を見た瞬間に拒絶反応を起こし到底、冷静な話し合いなど出来なことでしょう。

だったらどうするか?

それは妻のご両親にこれでもかと言うぐらい接近するしかない!!

いいですか?

別居された夫が妻と直接コンタクトをとり合い「家に戻って来てくれ!!」なんて言うのは土台、無理な話なのです。

たしかに時間をかけ誠意を見せ続け説得すればその内、復縁出来る日が来るかもしれません。

しかしほとんどの場合、別居して1年以内に離婚している現状にあるのです。(※別居後どれくらいで離婚するのかはこちらを参照➡妻の家出を理由に別居した場合の離婚率は70%も!?

この現実を無視してはならない。

妻の気持ちがが夫から完全に離れ離婚してしまう前にケリをつけなければならないのだ。

そこで妻の弱みを考えれば年をとりこの先、老後が待っている両親と関係を深め仲をとりもってもらうしかない。

これが出来れば少なからず今の怒り・諦め・落胆しきった妻の心を変えて行くことができるはずだ。いや、出来ると断言したい!!

繊細な妻の心理を一気に変えることなど出来やしない。

妻を呼び戻すにあたって、いきなり10の事を求めるのではなく1を積み重ね10に持って行くことが大切であり、またその過程が後々になって大きく響いてくることを忘れないでほしい。

スポンサーリンク

妻の両親とコンタクトをとり夫の味方に付けろ!!

いきなり妻にコンタクトをとり今の気持ちに変化を求めるのは難しい、だから妻の両親とコンタクトをとればいい。

でも、どうやって妻の両親に会えというのか?

どうすれば・・・何を話せばよいのか?

復縁に向け、妻の気持ちを夫に向けさせるため妻の両親と話し合いの場を持とうなんて俺には出来ない…

そんな弱気なことを言っているようではまずもって復縁など出来やしないし現状はいつまでたっても変わらないのだ!!

復縁と言うものは待っていても絶対、絶対~ぜ~ったいに解決などしない。

妻が「もう離婚はやめて家に戻ってもいいかな・・・」そう思わせない限り無理なのだから。

では、妻の両親にどうコンタクトをとるのかと言えば次のようになる。

  • 妻のご両親に「いつもお世話になっています○○です。」と電話をする。
  • 今度、お父さんとお母さんに○○(妻)さんと現在の状態に至ったことでお話しさせて頂きたいことがあります。
  • ○○(妻)さんには本当にご迷惑をおかけして申し訳ございません。
  • 無理を重々、承知の上ですがどうしてもお伝えしたいことがありますので今度の日曜日19時などお伺させて頂いてもよろしいでしょうか?

このように端的かつ下手下手にご両親の心証を害さないようにやんわりとした口調で話す。

そして「お父さん・お母さん」といかにも我が息子のように懇願する

最後に要件も言わずいきなり行くと言ってしまうと「こいつ!!ついに離婚話を持ってくる気か!!」と勘違いされ、とんでもない事になりかねないので今の気持ちをお伝えしたいことを明確にする。

これで「お前なんか来るなっ!!」と言う親は救いようがないが大抵の場合、話ぐらいは聞いてくれるはずだ。

そして当日ご両親の家に行き、その場に妻がいれば尚さら良しだ!!

家族ぐるみで一気に話し合いの場を設けることができるのでここからが勝負だ!!

過去の過ちを謝罪し、土下座をし涙を流しながら今まで妻にしてきた悪かったことを全て打ち明け声に出して謝るしかない。

こんな単純な行為がご両親の気持ちに迷いを生じさせ、それは妻へと伝達して行くのだ。

要は妻を責めるのではなく妻の両親に少しでも自分の気持ちをわかってもらい味方につけることで両親の夫を見る視点を変える。その上で妻にコンタクトをとっていく。

復縁なんてこれの繰り返し以外の何物でもないのだ。

夫の「本当に申し訳なかった・・・」と心から反省する気持ちが妻のご両親へ、そして妻へと上から下へ伝わることで変化が生まれると言うもの。

それは夫がどれだけ相手の心震わせる言葉や態度に出るかにかかっているが別居し心の底から過去の自分を省み、また妻と子供と一緒に生活をしたいと思う気持ちが強ければ強いほどご両親が夫を見る目も変わって来ることだろう。

何も真相をしらないまま、夫の本当の気持ちもわかってもらえないまま半ば強制的に離婚されてしまってはあまりにも無念すぎるじゃないか!!

まとめ

別居してしまった妻の心をとり戻し、妻と復縁するためにはどうすればよいのか考えて見たところでなかなか解決策は思い浮かばないことでしょう。

だからこそ今回、復縁するための一つの打開策を提案させてもらった次第だ。

復縁するためには色んな方法があるかもしれない。

でもそのどれもが結局は「いかにして妻の心を取り戻すのか?」にかかっている。

そのためには妻だけに一方的にコンタクトをとりひたすら謝罪するのではなく、妻と血の繋がった妻(娘)の事をいくつになっても大切に思うご両親の理解を得る事もまた復縁解決には欠かせないものなのである。

別居し、一人寂しく消えかかった炎のような存在にある夫の心。

もう一度、勇気を奮い立たせ妻のご両親の前でその命の灯を燃え盛る炎に変え、心の叫びを訴えてみてはいかがだろうか?

スポンサーリンク

コメント一覧