その復縁ちょっと待って!妻との夫婦生活がATM夫だけの関係に!?

みなさんこんにちは~

今回は妻との復縁に悩める夫の方々に「こんな復縁は絶対にやめた方がいい!」と言った内容についてお伝えして行きます。

このブログを見に来て頂いている方々は「どうしても妻と復縁したい!」と願う方々が多いと思いますのでこんなことを言うのは矛盾しているのですが・・・

でもこれだけは絶対に知っておいてほしいと思います。

それはどう考えても復縁するだけ無駄だと思えるような復縁は絶対にやめるべきだと言う事です!

薄々は気付いている方々も多いかと思いますが「もうこの妻とはどうやっても夫婦生活が成り立たない・・・」と感じているのであればそんな自分の本心に正直になってほしい。

でなければ例え復縁出来たとしても私のように毎月・毎月、夫への愛情もない妻に対して生活費を渡し続けるだけのATM夫となるからです。

そんな生活、あなたには耐えられますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

離婚に怯え現実から逃げ無理に復縁しても待っているものは過酷なATM生活だけ

若かりし頃は将来に明るい希望を抱くものです。

特に20代、30代前半に妻と険悪な関係になり別居状態に陥ってしまった場合、多くの夫達はどうにかして復縁しようと試みることでしょう。

しかし、ここで「復縁するための目的」を見誤ると事態はとんでもない方向へと進むことを覚悟しておかなければなりません。

もし、妻に原因があり夫婦生活を継続していくことが困難な状況にあると自覚しているのであればなおさらです。

「離婚は悪」、「子供の将来の為」と言った観念から例え復縁しても絶望的状況は変わらないと思っていても妻に復縁を迫る夫達・・・

いい加減、目を覚まさなければ待っているものは過酷なATM夫としての生活しかありません。

毎月・毎月、夫のために何一つしてくれない妻に自分が汗水たらして働いた給料の全てを渡し続けるのです。

ざっと計算すると毎月20万円として年間で約250万、10年で25,00万もの大金を失うのです。

そんな大金を復縁した先の将来と天秤にかけた時、何の価値も見いだせないようであれば離婚を決断するべきと言えるでしょう。

若い頃はこのこの事に気付かないものです。

本当は離婚した方が自分のためだとわかっていても家族でい続けるために・・・そんな一心で復縁したばかりに過酷なATM夫としての生活を送るはめになるようでは家族でいる意味さえないのではないでしょうか?

何のための家族なのか?

家族でいるための必要性を感じなくなってしまったら、その時こそ離婚に怯えず自分の本心に偽ることなく決断する勇気を持ってほしいと思います。

スポンサーリンク

過酷なATM生活で満たされるものなど何もない!待つべきものは後悔だけ

自分では「もうこのままでは先が見えない、離婚したほうがいい」とわかっていてもそれでも尚、離婚への決断に踏み切れず復縁しようとする夫達もいることでしょう。

もしそんな夫の方々がいるのであればもう一度だけこの言葉を贈りたいとおもいます。

復縁する価値はあるのか?

本当にそれでいいのか?

例え復縁しても待つべき先に過酷なATM夫としての生活が待っていようとそれでも尚、復縁したいと言うのであればそれは止めようがありません。

しかし、これだけは覚えておいてほしい。

愛情の無い妻に生活費だけを渡し続け偽りの家族を演じ続けたところで何一つ満たされることなどなく待つべきものは後悔でしかないと言う事を!

私は今、40代半ばの年齢になりました。

31歳の頃に妻が一方的に3歳の子供を連れて家出をし1年8か月と言った別居期間を復縁することだけを夢見て生きどうにか復縁することが出来ました。

その間、妻との繋がりを持てたのは「お金」の影響でしかありません。

そして復縁した後も現在に至るまで「このままでいいのか?」と自問自答しながらも生活費を送り続けATM夫と化してしまった自分。

今となっては本当に後悔しかありません。

「ひょっとしたら妻がまともになってくれやしないか?」、「明るい家庭を築けないものか?」と自分なりに妻の好きなように自由な夫婦生活を提供してきたつもりです。

でも、やはり無理なものは無理なのです。

妻に対してどんなに夫が尽くそうとも妻側に円満な家庭を築いて行こうとする気持ちがないのであれば事態はさらに悪い方へとエスカレートするだけです。

もし今、妻と別居中の状態にあり「復縁しても駄目だ・・・でも離婚はしたくない・・」と言った迷いがあるのであればそんな迷いを断ち切り離婚してください。

でなければ後の将来に何一つ残らない後悔するだけの人生が待っていることでしょう。

さいごに

私の若かりし頃のように離婚することに抵抗がある夫の方々は多い事でしょう。

しかし、若い時だからこそもっともっと家出をした妻との関係について考えてほしいと思うのです。

この妻と将来を共にし暖かい家庭が築けるのか?

この妻と一緒にいることに家族としての価値を見い出せるのか?

そこに答えがないのであれば迷わず離婚した方が良いと言う事です。

世間体や一人になる寂しさゆえにATM夫となりお金だけを失う生活は絶対に避けるべきです。

過酷なATM人生になる前にもう一度だけ自分の将来と向き合う時間を設けてほしいと思います。

別居している間はそれだけの時間が十分にあるのですから。

10年後、20年後、自信に満ち溢れた自分に遭えるかどうかはあなた次第です。

コメント一覧