別居中は妻からの復縁を期待するな!!夫は自分の役割を果たせ!!

みなさんこんにちは~

今回は妻と別居中の夫の方々に妻からの復縁を期待してはいけないと言うこと。

そして今、自分に出来る役割とは何なのかを知ってもらいたいと思います。

何を偉そうにっ!!何が役割じゃ!!

そう思われる夫の方々もいるかもしれませんが妻との関係修復に向けて必ず役に立てる内容となっていますのでしばしの間お付き合いして頂きたい。

まず初めに過去の私もそうでしたがこんなことを思っていませんか?

ひょっとしたら時が経てば妻の気持ちに変化が生まれまた戻ってきてくれるかもしれない・・・

だったら今はそっとしておこう。

こんなことを期待していないでしょうか?

ここではっきり言っておきますが待てども待てども妻が自然に戻って来ることなどまずありえません。

その理由はたった一つ。

夫が妻に対して自分の役割と言うものが何なのかを全く理解していないからです!!

別居中の妻に対して夫が全うしなければならない役割とは?

多くの夫の方々は誠心誠意、反省の意を妻に表そうとします。

しかし、なかなか復縁に成功することもなく気が付けば月日だけが過ぎ、妻とますます距離が離れてしまうことも少なくありません。

なぜこうなってしまうのかと言えば、そもそもこの夫の行為自体、別居中の妻が求めているものと違うからなのです。

本当に夫が妻に対してやるべきこととは何なのか?

夫が責任を負うべき役割とは何なのか?

それは妻に復縁を期待することではなく妻が本当に欲していることは何かを知り、そんな妻の心を満たすために行動を起こすことです。

しかし、この「妻が欲していること」というのが曲者でとにかく注文が限りなく広い。

あれやこれや、妻が夫に対して言わんとすることは山のようにあるからなのです。

あまりにも漠然としすぎていて一体、何をどうすれば良いのか途方に暮れてしまうことでしょう。

悲しい事ですね、自分の役割が何なのかさえ理解できなければ行動にさえ起こせないのですから。

スポンサーリンク

妻の求める要求を箇条書きにし離婚届けと共に預ける覚悟を持て!!

別居と言うものは待っていても状況は何も変わらないものです。

それどころか日に日に悪化の方向へと傾いてしまうでしょう。

自分が妻に対してなすべき役割もわからない・・・

どうみてもこのままでは離婚してしまうことになるかもしれない・・・

もし、そんな状況下におかれてしまったらあなたならどうしますか?

過去に私もこのような状況に身を置かれ、別居し1年が経過したころには自暴自棄になっていた覚えがあります。

そして、このどうしようもない状況に対して私がとった打開策としては・・・

妻が求める要求を10か条に箇条書きにまとめ、離婚届に判を押し、もし復縁した後にその要求を守ることができなければその時は離婚届を提出しても良いと妻に渡し覚悟を決めたのです。

今思えば思い切ったことをしたものだなぁ・・・と思いますがそれだけ一向に変化がなく毎月のように生活費だけを渡し続けた生活に限界がきていたのだと思います。

それが功を奏してかその後はちょくちょく連絡をとり、子供を交えて会うようにもなりました。妻に対する自分の役割がわからない以上、ここまでしなければならなかった。

でもこうでもしなければ今頃は離婚していたかもしれません。

妻が夫に対して何を求めているのか?

そんな妻の言い分を満足させるための役割とは何なのか?

もしその答えが見つからずどうすれば良いかわからない時は私のように覚悟を決めもう一度、妻とじっくり話し合い全ての要求を呑むことで妻の気が晴れるかもしれません。

間違っても妻に一切の期待などしないことです。

自らの手で現状を打破し復縁に向け行動して行きましょう。

まとめ

別居中において妻に復縁を期待するだけ無駄です。女性と言うものは一度、決心したらなかなかその気持ちを曲げられない性質にあるからです。

たかだか夫の謝罪程度で許しがもらえるわけがないのです。

これだけ謝ったのだからひょっとしたら妻の気が変わるかもしれない・・・」などと淡い期待を持たないようにしてください。

夫に課せられた役割は「妻の要求を全て呑み、改善に向けた最善の努力を怠らないこと」なのですから。

自分を犠牲にしつらい現実が待っているかもしれませんがこうでもしなければ復縁はそう簡単には成しえないものです。

過去の自分を省みて妻のために全てを捧げる覚悟で挑んでみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメント一覧