気持ちが冷めた妻との復縁は本当に可能なのか?やるべき具体策とは?

みなさんこんにちは~

今回は「夫への気持ちの冷めた妻との復縁」についてのお話です。

別居状態からの復縁って本当に難しいものですね?

一度、家を出て別居状態になった妻と復縁できる可能性はおよそ2割、多く見ても3割と言われています。

多くの夫達が妻に別居され離婚を突き付けられ離婚届に泣く泣く判を押している現実にあると言えるでしょう。

ではなぜ別居状態の妻との復縁はこんなにも難しいものなのでしょうか?

実際に復縁に向けてやるべき具体策とは何なのでしょうか?

復縁が極めて困難な理由、少しでも復縁するための対策を知ることで離婚寸前の状態にあるあなたもひょっとすれば復縁可能となる2割~3割の復縁成功者の仲間入りを果たすことが出来るかもしれません。

復縁は緻密にそして計画的に実行してこそ成功するものなのです。

女性は一度気持ちが冷めてしまうと復縁することは極めて難しい

これは以前にもお伝えさせて頂いた内容ですがまずは女性の特性と言うものを理解しておかなければなりません。

それが以下の特性になります。

女性は一度気持ちが冷めてしまうと元の状態に戻ることは極めて困難なものとなる!

と言うことです。

正直なところ今の世の中、はっきり言って妻が心の底から夫を嫌いになった時点で離婚は避けられない状態に陥ってしまうのです。

一度くらい大丈夫だろ・・・

多くの夫達はそんな軽い気持ちで事態を捉えてしまいがちですがもうこの時点で夫婦関係は崩壊していると言っても過言ではありません。

妻の気持ちが冷めると言うのはどういうことかと言えば「もう微塵も夫のことに興味・関心を持てない」と言うことです。

怖いですよね・・・夫に対して感情を持てなくなるなんて・・

こうなれば夫がどんな状態になろうとも「自分の知ったことではない」、「かわいそうとも思えない」そんな感情を持つようになるということです。

だからこそ別居中の妻は夫に対して血も涙もない行動をとってしまうのでしょう。

何事もなく過ごして来た夫婦生活、そんな夫婦生活の中で夫に対する妻の気持ちが冷めてしまう瞬間は幾度となく訪れて来たはずです。

その瞬間を見過ごして来たばかりに復縁することが極めて難しい今の状況に追い込まれてしまった事でしょう。

悲しいかな世の多くの夫達はそんな妻の心理に微塵も気付くことが出来ず、「なぜこうなってしまったのか?」を延々と考えさせられることになるのです。

スポンサーリンク

復縁するためにやるべき具体策は離婚を覚悟した行動をとること!

先ほどから再三に渡ってお伝えしてきたように気持ちの冷めた妻と復縁することは並大抵のことでは成就しません。

いや、別居前の夫の状態であれば間違いなく離婚になることでしょう。

ネット上には「復縁するための具体策」なんてものが転がっていますがそのどれもが失敗に終わり涙を呑む結果となることは目に見えています。

それはなぜなのか?

それは夫が離婚を覚悟していないからです!

へっ!?離婚を覚悟?

そうです!

離婚を覚悟せずしてどうして復縁に向けた行動がとれると言うのでしょうか?

こんな言い方は非常に酷な言い方かもしれませんが「別居=婚姻関係が崩壊している状態」にあるのです。

まずは離婚することになってもしょうがないと覚悟を決めた上で行動に出なければなりません。

こんなことを妻に言ったら離婚されてしまうかも・・・

とか

あまり妻を刺激しない方がいいかも・・・

なんてことを言っているようでは復縁は到底、成し得るものではないのです。

復縁には「黒か白」しかなく「グレー」はないのです。

夫の妻に対する曖昧な発言、あやふやな態度では妻の心を動かす事はできません。

女性は熱しやすく冷めやすい!」ならば今一度、妻のハートに響くよう夫の「我が身を犠牲にしてでも復縁したい!」と言った感情を持ち接してこそです。

あれをやれば復縁できる。これをやれば復縁できる。

復縁すると言うことはそんな単純なものではないことだけは確かだと言えることでしょう。

結末を恐れるな!結果はなるようにしかならない!

妻との別居中は「あ~でもない!こ~でもない!」と考えても無駄です。

自分の思いをストレートに妻に伝えてこそです!

妻と復縁するべきなのか?それとも離婚するべきなのか?

その答えは自分自身がよ~くわかっているはずです。

もしそれで最悪の結果を迎えてしまったとしても、それはそれでしょうがないことかもしれません。

結婚しほんの数年、生活を共にしただけで相手のことの全てを知ることは出来ないでしょうしこれから先、何年も何十年も生涯を共にできる確約なんてどこにもないのですから。

ただ一つ、「離婚」と言う現実に目を背け結末を恐れるあまり別居期間中を逃げ腰で過ごすことだけはないように気を付けてほしいと思います。

結果はなるようにしかならないのです!

今と言う現実に真正面から立ち向かって行こうじゃありませんか!

スポンサーリンク

コメント一覧