復縁と離縁の関係を理解していますか?正しい復縁方法を理解しよう!

みなさんこんにちは~

今回は「復縁と離縁との関係」についての話題となります。

離縁!?なんじゃそりゃ?

なんだか初めて聞くような言葉にも思えますが離縁とは復縁が寄りを戻そうと相手に対してアプローチをかけるのとは正反対で相手との関係を断ち切り離れようとする行為のことを言います。

実はこの復縁と離縁との関係は切っても切れない関係にあるのです!

しかし多くの夫婦間の別居や離婚問題においてこの関係を無視し正しい復縁方法を理解しないまま行動に出てしまった結果、復縁どころかますます離縁な関係に陥ってしまうことが多いのです。

離縁とはどう言ったものかを熟知してこそ復縁に向けた行動が起こせるもの。

妻に別居され復縁したいと思っている夫の方々には是非読んで頂きたい内容となっていますのでサラサラ~と読んで頂ければ今後、妻と険悪な関係になった際に少しでもお役に立てるかもしれません。

それでは復縁と離縁との関係に迫っていきましょう~

別居問題は復縁ばかりに気をとられ肝心の離縁については何一つ考えていない

よく妻に家出をされ別居状態に陥ってしまった夫の方々ってこんなことを考えるのではないでしょうか?

はぁ~早く、一日でも早く妻と復縁したい・・・

確かにその気持ちはわかります。

私も過去に1年8か月もの間、妻と別居状態を経験した時は同じことを考えていたものです。

とにかく復縁したい・・・ただそれだけ。

しかし、ここで肝心なことを忘れているのではないでしょうか?

そう、妻側の気持ち、言うなれば妻が離縁したがっている現状にあるという事実を!

離縁と言うものは先ほどもお伝えしましたように相手と離れたがる気持ちの事を言います。

そして別居中の妻に例えるなら「一刻も早く夫と離婚したい!」と願っているのです。

そんな妻に対して「復縁してほしい!」とねだる夫。

これって・・・どう見ても妻の気持ちを無視し自分の気持ちを優先していますよね?

確かに夫のつらい立場を思えば復縁したがる気持ちはわからないでもないです。

でも、その前に「やるべきことがあるでしょうが!」と言わざるを得ません。

それは妻の離縁を食い止めることであって夫が復縁を望むことがそんな離縁における歯止めの対象には全くなっていない事です。

見当違いな間違った行為、それがいつも言っているように妻が夫に対して「あなたは何も変わっていない!何一つわかっていない!」と言った言葉の表れになるのです。

スポンサーリンク

離縁に傾く妻の気持ちをくみ取ってあげてこそ復縁は芽生える

別居された夫の方々はまずははやる気持ちを押さえなければなりません。

妻に対して「復縁したい!一刻も早く帰って来てほしい!精神的にもう限界だ!」こんな言葉を投げかけていませんか?

もしこんなことを繰り返し行っているのであれば・・・

それは妻が離縁したがる気持ちを何一つ理解してあげていない事に等しいのです!

復縁と言うものは離縁を解消した先に待つものです。

今の妻の苦しい胸の内を理解してあげずして、今の妻の気持ちをくみ取ってあげられずしてどうして復縁が成し遂げられるというのでしょうか?

まず夫がやるべきことは離縁に傾く妻の気持ちを一つでも二つでもわかってあげてほしいと思います。

なぜ別居したのか?なぜ夫が嫌いになったのか?

妻の気持ちになって夫に否がある事実を全面的にアピールしてほしいと思います。

「妻にどうしてほしい!こうしてほしい!」なんてもっての他。

復縁することよりも離縁を食い止める事の方が先です。

別居状態ってこの相手の気持ちを理解してあげなければならない事がわかっていてもついつい結果を求めるあまり自分の考えを優先してしまう。

だからこそ妻はいつまでも離縁を望み、夫は復縁を望む関係にあり続けるのかもしれませんね。

まとめ

別居状態の夫婦における復縁と離縁との関係についてのお話でした。

妻と寄りを戻せないのはひょっとしたら夫のあまりにも強い復縁への意志が仇となり、逆効果を生み出しているのかもしれません。

寄りを戻せないからとただがむしゃらに妻に復縁を迫るようでは妻はますます離縁したがる気持ちが強くなっていく事でしょう。

どこで妻の離縁したがる気持ちを食い止めることが出来るのか?」そこに復縁するための大きなカギが隠されているものです。

別居中の夫のみなさん!

今ははやる気持ちを抑え妻に対して「こちらからは一切、何も言わない!妻の言い分を聞き入れることを目的とした話し合いの場を開いてほしい!」とお願いしてみてはいかがでしょうか?

いつもとは違った妻の気持ちが会話の中で見られるかもしれませんよ~

スポンサーリンク

コメント一覧