妻の夫に対する呼び方に注目せよ!呼び名一つで夫婦の愛情度がわかる!?

みんさんこんにちは~早速ですが既婚男性の方々に質問です!

あなたは奥さんにどんな呼び名で呼ばれているでしょうか?

はぁ?呼び名?そんなもん「あんた」だよ。

あんた・・・もしあなたが奥さんにそう呼ばれているのであればそれは非常に危険です。

なぜなら妻の夫に対する呼び名一つで妻が夫をどのくらい好きでいるのかを表しているからなのです。

もしこの呼び名が「あんた」のような呼び方だったとしたら・・・妻の夫に対する愛情度が非常に薄れていると言っても過言ではないのです。

夫に対する妻の気持ちが冷めた瞬間に夫への呼び名は変化する

そもそも長年、夫婦生活を営んでいるとどうして妻は夫に対してきちんと名前で呼ばず「あんた」のような呼び方をするようになるのでしょうか?

夫からすれば言われるだけで無性に腹が立ち、心の中で「ちゃんと名前で呼べよ!」と思いつつも夫婦の衝突を避けるため我慢しているケースも少なくありまあせん。

でもこの原因、実は夫側にもあるって知ってましたか?

そう、実は夫も妻の事を「おまえ」とかひどいときになると「こらっ!」だの名前さえも呼ばずいきなり要件を伝えているケースがあるのです。

そしてそのことに自分自身が気づいていないことも・・・

これじゃあ妻だって夫への気持ちは冷めて当然です。

新婚当初はあんなにも○○君、○○ちゃんなどと呼び合っていたのにお互いの気持ちが冷めた瞬間、愛情が欠如した瞬間に呼び名は変化するものなのです。

スポンサーリンク

夫婦の関係は似たも者同士、言葉一つで関係修復に繋がることも!?

妻の夫に対する呼び名の悪化はやがては日常の会話や態度の中に如実に表れ始めます。

そしてその状態が継続すると夫婦の関係は完全に冷め、やがては家庭内別居へと発展してしまうことも少なくないのです。

まさに夫婦間の愛情度を示す指標こそ「相手を呼ぶ呼び名」に直結しているのです。

ですから夫は妻に対して絶対に不快に思われるような呼び名はしないこと。そうすることで妻の夫を見る目も徐々に変化し夫の発する言葉遣いと同じような口調に変化して行く事でしょう。

昔からよく夫婦は似た者同士と言われています。

この言葉に代表されるように夫婦の呼び名に愛情が欠如していれば冷めた夫婦関係に温かい呼び名で呼び合うのであれば愛情のある夫婦関係に成長して行くのです。

ほんの言葉一つで夫婦関係の関係修復に繋がるものです。

くれぐれも「あんた・おまえ」だの思いやりに欠ける言葉遣いは避けましょう。

まとめ

妻の夫に対する呼び名一つで夫婦の愛情度がわかると言ったお話でした。

言葉と言うものは一度、口から発したらとり返しのつかないものです。

夫が妻に対して冷たい言葉を浴びせ続けた結果、妻の気持ちが冷め妻も同様な言葉遣いとなって表れてくるもの。

だからこそ夫に対する呼び名も変化して行くのかもしれませんね。

夫婦の愛情は会話なくしては成り立ちません。そしてその会話は夫婦お互いの呼び名から始まることを忘れないでほしいと思います。

夫の皆さんは奥さんに対してやさしい呼び名で呼んであげましょう!

そうすれば必ず奥さんの態度も変わってくるはずです。頑張ってください~

コメント一覧