法テラスは無料ではない!しかし経済的に余裕がない人の救済措置には変わりはない!

みなさんこんにちは~

いきなりですがみなさんは「法テラス」って知っていますか?

法テラス?あ~あの無料で法律相談できるところじゃないの?

確かに無料と言えば無料の一面もあり、お金がかかると言えばそう言える一面もあります。

言っておきますが法テラスは全てが無料なわけではありません!!

人は長い人生を生きてい行く上でどうしても自分の力で解決できないとき「法の力」を持って解決を図りますよね?

別居問題や離婚問題だってそうです。そんな時こそ法テラスを利用する価値は大いにありです。

しかし、法テラスにおける間違った思い込みで全てを無料で利用できるなんて考えているとその場で慌ててしまうこともあり得るのです。

今回は「法テラスとは何か?」そして利用するにあたって「本当に費用はいるのか?」また注意点などを解説して行きますので参考にして頂ければ幸いです。

法テラスは本当に無料なのか?どんなことをしてくれる制度なのか?

まず「法テラスとはなんぞや?」と思われる方々に法テラスについて簡単に説明しますと以下のようになります。

法テラスとは国によって設立された法律的なトラブルを解決するための総合案内所のことを言い、経済的に余裕がない人の救済措置機関である。

利用するには収入がある一定額以下の基準を満たす条件こそあるのですが経済的に余裕がなく弁護士に相談や依頼などが出来ない人のための独立行政法人なんです。

例を挙げればあなたが弁護士を利用する場合、普通に着手金だけで20万円だの30万円だの高額な費用がかかるわけです。

そんなお金ね~YO!!

そんな方には法テラスを通して弁護士にお願いするとこの着手金が無しになるのです!!

あたかも弁護士側が大損しそうな仕組みにもみえますが実はこれにはカラクリがあるのです。

それは最初に弁護士費用を立て替えてもらえることです!!

そして利用する人は毎月5000円~1万円程度を分割で法テラスに返済して行けばいいんですよ。

ですので経済的に余裕がなくお金に困っている人でも高額な弁護士費用を出すことが出来るわけですね。

まぁしかし、くれぐれも無料じゃないですからね?あくまでも少額分割でのお支払いになることをお忘れなく。

あっ!それからこの法テラス制度には利息はつきませんので雪だるま式に借金が増える心配はないわけです。

スポンサーリンク

法テラス独特とも言えるもう一つの最大のメリットとは?

ここまで法テラスの良い点をお伝えしましたたがもう一つ、最大のメリットがあります。

それは何かといえば・・・

無料で3回まで法律相談を受ける事が出来る!!

ここで間違えてほしくないのは一人の弁護士に3回相談することではありません。

3人の別々な弁護士に法テラスを通して相談窓口を設ける事が出来るのです!

もちろん着手金なしで!

こんな事を言うのもなんですが弁護士だって人間です。だから中には「なぁ~んかこの弁護士、感じ悪いな・・・」と思うことがあるかもしれません。

私も過去に離婚相談で30分5,000円も払って弁護士事務所に相談に行ったとき、「はやく別れた方がいいんじゃないですか?」とベテラン弁護士と若い弁護士の2人でニヤニヤされながら対応された挙句、あろうことか20分で「もういいですか?」と話を打ち切られ怒りが抑えきれなかった苦い思い出があります。

ですから弁護士と言っても色んなタイプの方々がいますので3人の弁護士に相談できることは非常に大きなメリットになるわけです。

自分に合った弁護士を見つければその後もその人に仕事をお任せすれば良いわけですからね。

とまぁ法テラスがどのような制度なのかは以上になります。

まぁ、法テラスで分割支払いもきつい方は最近では法律事務所とか行政書士事務所とかでも無料相談できるところもありますのでぜひご利用になられてはいかがでしょうか?

まとめ

法テラスとはどのような制度なのか?また本当に無料で利用できるのかについてのお話でした。

法テラスと聞くと全てが無料で相談できるなんて思いがちですが実は少額返済による経済的に余裕のない方々への救済機関だったんですね~

とは言え、切羽詰まった状況下においてはこれを利用する手はないと思います。

確かにお金がかかることは手痛い出費ですが問題解決が図れずに後の人生が取り返しのつかない状態に陥ってしまうよりは格段にマシです。

それに無料相談も3回まで弁護士を変えてでも相談に乗って頂けるわけですから着手金の面から見ても無料だしメリットも大きいと言うものです。

別居や離婚問題などどうしても自分で解決が図れない方々はいきなり20万だの30万だの出して弁護士を利用するよりもまずが法テラスで無料相談を受けてみる事をお勧めします。

国の救済措置機関はありがたく利用させて頂きましょう~

スポンサーリンク

コメント一覧