妻からの離婚要求?それって法律上の離婚原因に該当するの?

みなさんこんにちは~

今回は「夫婦間における離婚原因」について探って行きたいと思います。

いままで何の問題もなく夫婦生活を営んでいたものの妻から突然、離婚を要求させるケースはよくあるものです。

オラオラァ~さっさと離婚しろ~!!

世間には鬼嫁と呼ばれるような奥様方も存在しますが気の強い女性なら夫に対してストレートに自分の感情をぶつけて来る場合も多く見られがちです。

妻のいきなりの離婚宣言に驚き、落胆しどうすれば良いのかわからなくなり自分の力ではどうすることも出来ず弁護士事務所を訪れる夫達も少なくありません。

でもちょっと待ってください!!

それって「本当に法律上の離婚原因に該当しているのか?」と言う事です。

はっきり言ってとても離婚できそうな理由には思えないケースがほとんどで冷静になって考えると妻の一方的かつ自己中心的な離婚要求である場合が多いのです。

妻から離婚を要求されたらまずは冷静にその原因を探れ!!

夫が妻から離婚を要求された場合、まずは落ち着くことです。

妻の言うことをまともに受けていては妻の術中にはまってしまいます。

そもそも妻が離婚を要求する場合、中にはDVや極度のモラハラなど離婚もやむを得ないケースが見られがちですが大抵はどうでも良い原因がほとんどです。

やれ性格の不一致だの年齢と共に老いた夫に興味を持てなくなり離れたい等と言い出す始末。

ちょっと冷静になって考えてみればわかることだと思いますが・・・

そんなわけのわからない理由で離婚できるほど甘いものではないのです!!

離婚が成立する条件はあくまで「婚姻関係を継続し難い状況」になければ例え裁判を起こしてもそんな訴えは退けられます。

そこで今度は別居したり、自分や他人の家族を巻き込んで意地でも離婚しようと計画を練ようとする。

ほんと、どうしようもないです。

スポンサーリンク

理由もなく離婚したがる妻は所詮それまでの人間

婚姻関係を破綻させるほどの重大な理由もなく、それでもなお離婚したがる妻も見られますが・・・

一言で言えばこの手の妻は「所詮それまでの人間だった」と思うしかありません。

そんなことをする人間はもう復縁する気などさらさらなく自分のことしか考えていないのです。

ひどい妻になると「こんな夫に子供を会わせたくない!」などあろうことか子供さえも夫に会わせようとしないのです。

それって自分のエゴ以外の何物でもなく、どうして子供にまで自分の価値観を押し付けようとするのか本当に理解できません。

まぁこんなレベルだから理由もなく離婚したがるのでしょうけど・・・

もし、妻が理由もなく離婚を切り出してきた場合、夫の方々は今回お伝えした内容を思い出して頂けると幸いです。

妻の感情的な主張に流されそうになるものの冷静になってみればその実態が浮き彫りになるものです。

そんな妻に愛想を突かし離婚するもよし、はたまた復縁するもよし、どうするかは夫自身で決めなければならないことです。

妻の言いなりにならず自分の意見をしっかりと伝えることも大切ですので落ち着いた行動を心がけ実行してくださいね~

まとめ

妻が離婚に関して何を言ってこようがそれが法律上の離婚原因に該当していないのであれば臆する事などありません。

そんな簡単に夫婦関係を破綻させ離婚などできないのですから。

しかし悲しいかな最近はこの手の妻から夫への離婚要求は非常に多く、離婚問題に悩まされる夫達も少なくありません。

わたしも過去に別居していた際は今回の件と似たような体験があり、初めの内こそ動揺していましたが後々になると「何言ってんの?意地でも離婚せんわ!!」と反発していたこともありました。

何年も何十年も結婚当初の気持ちをそのままに夫婦関係を維持し続けることは難しいことかもしれません。

しかし一度結婚し子供にも恵まれたのなら法律上の離婚理由に該当する理由でもない限り簡単に離婚なんて言ってほしくないものです。

ではでは~夫のみなさ~ん!!

妻に離婚を切り出されても落ち着いた行動をとってくださいませ~

スポンサーリンク

コメント一覧