【押してダメなら引いてみな!】 復縁は会話の駆け引きを伴ってこそ成功する!!

みなさんこんにちは~

今回は妻との復縁を目指す夫の方々に是非とも見て頂きたい内容となっています。

はぁ?どうせたいした内容じゃないんでしょ?

そう思われたそこのあなたっ!!

あなたは近い将来、やがては妻に離婚を突きつけられ別居されてしまうかもしれません。

もしそのような状況に陥ってしまった場合、自分の力に限界を感じることもあるでしょう。

その時こそ今回お送りする復縁解決に向けた方法を思い出してほしいのです。

それが「押してダメなら引いてみな作戦」です!!

妻に全く見向きもされなくなった夫、そんな夫だからこそやってみる価値はあるのです。

妻が大嫌いな夫と復縁することで得られるものとは何なのかを考えろ!!

よく夫婦関係が壊れ関係修復が困難な状態に陥ってしまった場合、妻が一方的に夫を毛嫌いし離婚を突きつけることはよくあることです。

そのような状況になったとき大抵の場合、離婚を要求された夫達はひたすらに謝罪を繰り返しどうにかして復縁してもらえるよう妻にお願いする事でしょう。

しかし結果は何度繰り返しても一向に変わることはありません。

それはなぜか?

一言で言えば夫が大嫌いだから!!

嫌いな人間にしつこくされる事ほど苦痛なものはありません。

夫側としては反省の意を込めて良かれと思って謝罪を繰り返すのですがあまりにもしつこい謝罪は離婚を促進する結果にもなり兼ねないのです。

その原因としてはやはり夫の妻に対する押し一辺倒の対応にあるからなのです。

先程もお伝えしましたが攻めてばかりでは言われる側もいい加減嫌気が差します。

「話し上手」という言葉を皆さんも一度は聞いたことあると思いますが会話というものは片方の意見ばかりでは意思の疎通が成り立ちません。

特に妻に離婚を言い渡された夫の場合、言いたいことも我慢してこの会話の比率を「妻7:夫3」ぐらいの割合に持っていく必要があるのです。

自分の伝えたいとすることを端的に妻の不満を聞き入れる姿勢で話を進め、後は静観し見守るしかありません。

妻にとって妻の不満を解決してくれないことには復縁し寄りを戻すメリットなんて何もありません。

聞きたくもない相手の話を聞かされる身にもなって話をしてやることもまた相手を思いやると言うことなのです。

スポンサーリンク

揺れ動く妻の心を射止めるタイミングを絶対に見誤るな!!

夫にガミガミと文句を言ってくれる妻の場合は「ハイ・・・ハィ・・」と申し訳なさそうに話を聞きその不満を聞き入れてあげることで夫婦仲は解消するのですが妻が無言で会話をしてくれない場合ほど解決出来ないものはありません。

この時に必要となってくるのが会話の駆け引きです。

口を開かない妻にどうやって関心のある話題を振り夫に対し話をさせる形に持っていくのか?

この形に持っていくために予め妻が口を開くような話題のネタを用意しておかなくてはなりません。

その場でとっさに考えようとしてもあたふたと謝罪するばかりで「家に戻ってきてほしい!俺が悪かった!」だの一点張りで終わってしまうのがオチなのです。

そうならないためにも語り掛ける時には頭を下げ、妻の返事が返って来そうな内容で言いたいことを端的に妻に伝えましょう。

こうして妻を会話の中に引きずり込むのです。

この会話のキャッチボールなくして絶対に復縁は成し得ません。人の心というものは会話の中にこそ揺れ動くものなのです。

そしてその揺れ動く妻のハートをタイミングを見誤ることなく射止める。

この押して引いての会話の駆け引きの中にこそ復縁するためのタイミングが隠されていると言っても過言ではないのですから。

まとめ

今回は妻との復縁を目指すにあたって「押してダメなら引いてみな!」作戦についてのお話でした。

どんな状況下にあれ、いずれにせよ妻との会話が出来ない事には復縁は絶対に成り立ちません。

妻が「会話をしてくれない」のではなく「会話をしてもらえるよう」に時には押して時には引く。

この状況に持っていけるよう自分の頭で考え行動していかなければなりません。

復縁を成就させるもさせないもあなたの話す会話の内容に全てがかかっているのですから。

コメント一覧