二つの言葉を制する者は復縁を制す!離婚へと傾く妻の心を引き戻せ!

みなさんこんにちは~

今回は「妻に別居された夫が復縁を制するために必要な二つの言葉」についてお伝えして行きたいと思います。

別居期間中に見られるテコでも動かない微動だにしない妻の心。

そんな凝り固まった妻の心を揺るがすのに必要となるものは「二つの言葉の使い分け」にあります。

この二つの言葉をもってすれば必ずや離婚へと傾く妻の心を引き戻すことができるはずです。

それはどんな言葉なのか? その真意に迫って行きましょう。

復縁をも制すると言われる二つの言葉とは?

一度別居されてしまった妻を呼び戻すのは並大抵なことでは成し得ないものです。

夫がどんなにあがいてもほとんどの場合、待ち受けるものは離婚以外にありません。

この別居期間中に最も有効打となるものが「ある二つの言葉」なのです。

それがどんな言葉なのかといえば・・・

一つは妻を肯定する言葉

そして二つ目は夫自身を否定する言葉です。

この肯定と否定の緩急をつけた二種類の言葉を制してこそ復縁を制するといっても過言ではないのです 。

【妻を肯定する言葉】

別居中の妻はいかなることがあっても刺激することは絶対にNGです。

ただでさえ不安と怒りの感情が渦巻いた状態にありますのでここで必要となるのが妻に対して否定をせず、妻の言うこと全てにおいて肯定してあげることです。

もう一度、言います。

妻の言うことやること、全てにおいて肯定してあげることです!

これがわかっているようでわかっていない夫の方々が本当に多い。

言葉でなくとも顔の表情やしぐさ、態度において妻を否定するような姿勢を見せたら即、アウトです。

その瞬間に妻は「あなたは何も変わっていない!」と今まで以上に離婚へ向けた意思を固めることでしょう。

【夫自身を否定する言葉】

先ほど「妻の言うことやること全てにおいて絶対に否定するような言葉を発してはいけない」とお伝えしました。

では、夫に対してはどうでしょうか?

そう、夫自身に対しては「否定的な言葉」を駆使してこそです!

妻は夫の「あ~だのこ~だの」と言った意見など興味はありません。

聞きたくもないのです!

唯一、興味を惹く話題と言えば夫が自らを否定し、その全てにおいて夫の非を認める姿だけなのです。

スポンサーリンク

復縁はいかに相手を刺激せず気持ちを揺さぶるかが勝負所

復縁は妻と夫との心の駆け引きです。

いわば妻の心と夫の心で綱引きをしている状況にある姿をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

自分の気持ちが今、どの状態にあるのか?

ひょっとしたら知らず知らずの内に妻の気持ちを無視し、ガンガン綱を引いている状態にあるかもしれません。

何度も言いますが妻を刺激し怒らせては絶対にNGなのです。

静かにそして穏やかに、妻の気持ちを一気に引き寄せるその瞬間まで耐え続けなければなりません。

そのためには妻を肯定し自分自身は否定する。

これに徹してこそ!そしてここが勝負所なのです!

別居中って過去の自分を省みる事が出来ても、どうしても妻の気持ちまで理解してあげることが出来ないものです。

攻めるだけでは妻の気持ちを揺るがす事など到底できるものではありません。

結果を急がず妻に「じっくりと考えるきっかけ」を提供してあげてこそです。

時間だけが解決してくれる・・・

そんな成り行き任せの別居生活ではなかなか復縁は成就できないものなのです。

離婚へと傾きかけた妻の心に夫の心を共鳴させろ!

もし今、このブログを見て頂いている別居中の夫の方々がいるならばこう問いたいです。

あなたの奥さんの気持ちは今、どこにありますか?

復縁という境界線からどの位置まで気持ちが離れていますか?

もし、もう自分の手の届かない位置にあるのであれば、どうすることもできない状態に追い込まれているのであれば今回、お伝えした内容をもう一度、振り返ってみてください。

妻を肯定する言葉と自分自身を否定する言葉。

この二つの言葉を巧みにコントロールし妻に向けて言葉を発し続けてこそ妻の心と夫の心を共鳴させることができるものなのです。

妻の心を自分の方へと無理に引き込もうとしてはいけません。

夫の出来ることなんて所詮は復縁できるかできないかの境界線まで妻の気持ちを持って行けることぐらいなのです。

それから先は妻がどちら側に転ぶのかを黙って見守る事しか出来ないのですから。

スポンサーリンク

コメント一覧