しつこい夫は妻に嫌われて当然!!復縁しやり直すことなど絶対に不可能!!

みなさんこんにちは~

今回は別居中の身で妻と復縁を目指す夫の方々にスポットを当てて行きたいと思う。

妻と何が何でも復縁したい!!

別居している夫であれば誰しもがそう思うことだろう。

しかしっ!!

ここで気を付けなければならないことがある!!

それは復縁を望むあまり、「妻へのアプローチが過剰すぎていないか?」ということだ

確かに一日でも早く妻と子供を呼び戻し、元の生活に戻りたい気持ちはわからなくはない。

でも、あまりにも目に余る態度で妻に接し続けていると結局は復縁どころか今まで以上に嫌われてしまう結果となるのだ。

夫が良かれと思い妻に接して行く姿勢のどこに問題があるのか?

そして、妻と復縁しやり直すために必要な物とは一体何なのだろうか?

復縁しやり直すためには妻に突き放されても前進あるのみ

夫が嫌で嫌で堪らなくなり家を飛び出し別居を始めた妻に対してあの手この手でアプローチを試みるのは当たり前と言えば当たり前の行動だ。

しかし、悲しいかなほとんどのケースの場合、妻にとってそんな誠実な夫の対応が「しつこい!!女々しい!!」などと感じ取られてしまう。

この背景にはやはり女性特有の「もう嫌って言ったら嫌なのよっ!!」という固い意思があるからなのです。

男性であれば情に流され「まぁ~まぁ~許してやろうか」と言った感情も湧くのだが女性は本当に固い。

私も過去に妻と別居していた時は「よくここまで人が誠意を見せているのに非情になれるものだなっ!!」と最後には怒りの感情が湧いてしまったぐらいでとにかく何を言っても聞く耳を持たなかった。

夫が弱音を見せればせ見るほど低姿勢であればあるほど、つけ上がり上から目線で物事を言う。これが一度や二度ならず事あるごとに嫌がらせのように。

ここでほとんどの夫達は心が折れてしまい復縁するための行動が止まってしまうのだ。そしてしまいには何もしないまま一人孤独の中での生活が半年、一年と過ぎて行くのである。

こうなってしまっては復縁など土台、無理な話なのだ。時間が解決してくれることなどまずありえないと思ってほしい。

人間と言うのはどんなに嫌いな人間でもどんなに生理的に受け付けられない人間でも相手が好意をもって接し続ける限りかならず妥協し心を開くときが来るものだ。

そう、例えそれが一度、心が離れ見捨てられた夫であってもだ。

あまりにもしつこいストーカー的な行為は自滅の道を歩むことになるが妻にどんなに突き放されようとも妻を愛し行動し続ける勇気があれば必ずチャンスが巡ってくる。

そのワンチャンスの波に乗り、妻の夫に対する意識をちょっとずつでも振り向かせることができれば今まで「しつこい!!」と思っていた感情から「また来たんだ・・・」と言った哀れみや同情に変化させることが出来るのである。

復縁するためには明るさを持って妻に接する必要がある

先程、「妻に突き放されそうとも何度も連絡をとる必要がある」とお伝えしたがここで夫が妻に接する際に最も大切な物が存在することを覚えておいて頂きたい。

それは夫の明るさだ!!

これは最近、コメントを頂いた読者の方とやりとりする内に私自身も忘れてかけていたものだが別居中において妻へ明るく接することがどれほど復縁に効果的なのかを!!

泣きっ面で本心から謝罪するのも必要だ。

しかしそれは最初の内だけでず~っと「ごめんなさい!!ごめんなさい!!」を連発したとしても何の変化も生まれない。

確かに誠意は感じるかも知ればないが冒頭でお伝えした女性の心理からそれだけを理由に妻が改心し復縁することなどありえないからだ。

そこでやはりこの持ち前の明るさが必要になってくる。イライラ、カリカリしている妻、絶対に夫を許そうとしない妻、まさに凝り固まった心境にあるだろう。

そこに何か妻の興味を惹くような面白い話題や出来事でほんの少しでも妻の心が揺れ動いたなら、今まで断固として動かなかった妻の心が少しずつ変化していくのだ

女性と言うものはユーモアの溢れる男性を好み、容姿に関わらず一緒にいて楽しい人間を好む傾向にある。

私も過去に別居中はこの特性を利用して妻や姑にカード付きのフラワーギフトを贈ってあげたり派手な下着を贈ってあげたりしたものだ。

最後の方は「どうしたら妻達を笑わせ喜んでもらえるだろうか?」といつも考え、色んなことを実行して行く内に今まで落ち込んでいた自分の気も晴れやかになっていった記憶があります。

他人を喜ばせ幸せな気分になることで自分自身も幸せな気分になって行くものです。

しつこく謝罪するばかりが能ではない。

時には心機一転、どうせ離婚する事になりそうなら最後は自分の全てをさらけだし笑いを提供して行くのも復縁には欠かせないものなのではないだろうか?

人生はプラス思考、明るく前向きに!!」とは昔から伝えられてきた有名な言葉である。

別居で離婚寸前にある状態で何をそんなことを・・・そう思うのもわからなくはない。

しかし、いつまでも下ばかり向いていても何一つ解決に向けた行動なんてとれないものではないでしょうか?

まとめ

別居中は妻にあまりにもしつこく接してしまうことで嫌がられ復縁の芽は絶たれてしまうこともしばしば。

そうなったとき決して諦めず自暴自棄にならないで頂きたい。

妻が家に戻ってこない焦りから不安になり、落ち込み、どうすることも出来ない状態になる夫達。

でも、ちょっと視点を変え「明るさ」という今と正反対の感情を持って接して行けば何かしら道が開けるものではないでしょうか?

妻と復縁しやり直すことばかり考えることは結論を急ぎ今現在、抱えている妻の不安な心理状態さえも無視することに等しいのです。

どうすれば妻が以前のように明るくなれるのか?

どうすれば妻が抱えている問題を少しでも解決できるのか?

自分がどうしたい」ではなく「妻は何を望んでいるのか?」を考え実行してほしいと思います。

そこには持ち前の明るさなしには決して復縁など成し遂げることはできないのです。

しつこすぎず、自然にそして明るく、妻と夫婦生活をやり直す前にやるべきことはた~くさんあるはずです。

ではでは~今回はこの辺りでさようなら~。

コメント一覧

  1. あさ より:

    妻があるスマホゲームにドハマりし、ご飯作らない、掃除も洗濯も何もしない、お風呂さえ2日~3日に1回入ればいいぐらい、ゲームばかりしています。仕事はしたくないと、何年もしていません。
    夜にコンビニに行くと出て行くと、数時間車の中でゲーム、注意すると、お前は過保護か!異常者と怒鳴ります。昼から、夜中まで帰ってこないで、浮気をしているかもと思い、探した事もありますが、見つけて車中を見ると1人でゲームをやっています。イベント事が多いゲームでドハマりした人なら、1日中張り付かないと全てのイベントは出来ないゲームだと、自分もやってみたので分かりました。自分は面白くなかったのですぐに辞めましたが、そんな状態が1ヶ月以上続き、怒りが爆発して、俺はこんな状態を我慢している!いい加減にしろと言いました。すると次の日、お前とは将来が見えません、離婚して下さいと一方的にメールを送って、こちらがメールしても一切メールも返してきません。
    たかがゲームと思っていましたが、ここまでハマると人間ダメになるなと思いました。妻はB型で、自由にさせないと、少しこちらのお願いをすると、すぐに束縛と言います。例えば、朝から夜中まで帰って来なかった時の話です。夕方に居ないので、何処に行ったの?とメールしました、2時間ほどして、返事があり、お姉ちゃんの家に居ると言われ、分かったとメールしました。それから、夜中の2時になっても帰ってこないので、またメールをしました。いつ帰って来るの?とメールすると、何で?と返事が来たので、こんなに遅くまでおかしくない?ってメールしたら、お前は異常者自由がない!と返事が来て、その日はネカフェに泊まると言い帰ってきませんでした。
    それから、また同じような事になり、嫁が出て行きました。それから、2週間お金だけ家に自分が居ない時間に取りにきて、帰ってこない状態が続いてます。離婚を考えていますが、ゲームをやってなかった時は料理をしたり、洗濯したり、ちゃんとお風呂も入るし、動物の世話もかなりしていた、頑張り屋さんなので、どうにか、ゲームを辞めさせて、元の嫁に戻る方法は無いかと考えています。ゲームを辞めさせればいいと皆さんは言うでしょうが、今の嫁にそれを言うと逆効果です。
    こんな状態でも、嫁を愛しているので、離婚は正直したくはありません。

    • unluckyman より:

      あささんこんにちは~
      大変ですね(笑)、いや笑ってはいけないのですけどあまりにも奥さんがわがまま過ぎてw

      あささん!奥さんのゲーム好きはもう治らないと思います。
      例え今、熱中しているゲームが終了してもまた、新しいゲームに熱中することでしょう。
      本来であれば、あささんが思われるようにろくに家事もしない妻なんて一緒にいる意味がないと思われて当前です。
      しかし、これも時代の流れであり育った環境の変化としか言いようがありません。

      はたから見れば駄目な奥さんに見えるかもしれませんが、ちょっと気になったのが「ゲームをやってなかった時は料理をしたり、洗濯したり、ちゃんとお風呂も入るし、動物の世話もかなりしていた、頑張り屋さん」の一言です。
      意外な一面をお持ちですね~最後の一文でびっくりしました。

      私が思うに奥さんはあささんがやさしいから好き放題、ゲーム三昧の環境に甘えているだけではないでしょうか?
      こんな言い方は失礼かもしれませんが不倫をしたり多額の借金をしたりする女性よりは格段にマシだと思います。
      確かに家事も育児もしてくれる女性は魅力的ですけど、奥さんはゲームが好きなんだからしょうがないと思うしかありません。

      この際、奥さんには好きなだけゲームをさせて身の回りの世話はあささんがされてみてはどうでしょうか?
      それが嫌なら離婚も視野に入れなければなりませんが、離婚をしたくなければ奥さんに好きなだけ甘えた環境を提供してあげるしかないです。

      あささんがお風呂を沸かし、「ほらっ!お風呂に入りなさい!」、料理を作り、「ほらっ!食べなさい!」、みたいに奥さんを動かすしかないでしょう。
      夫婦の形は人それぞれ!
      中には一切、口も聞かずつらい毎日を送っている夫の方々もいるものです。
      奥さんの好きなゲーム話で花を咲かせ仲の良い夫婦生活を送るしかありません。

      よそ様の家庭は・・・とか、よその嫁さんは・・・とか思わない事です。
      あささんの奥さんはゲームが大好きな女性、離婚せず一緒にいてくれて話をしてくれるだけ良しとしよう!
      それじゃいけませんか?

  2. べしお より:

    こんにちは
    妻が子供達を連れ実家に帰って一週間になります。
    きっかけは口喧嘩の言い合いで
    私 性格合わないね。
    妻 うん。
    妻 じゃぁ離婚でいいね。
    私 そうだね。
    と勢いに任せて言った事です。

    出て行く日
    妻から前々からあなたのモラハラには耐えれなかった。
    子供達もあなたが怒り出さないように気を使ってる
    もう我慢の限界だ一緒に生活するのはもう無理と言われました。

    妻が荷物を実家に運んだ後、私は引き止めましたが、ここまでしたのに戻るわけには行かないと言われ、それなら私が出て行くからこの家に残ってくれと提案しましたが、一旦考えた後やはりそれも出来ないと言い出ていきました。
    出て行ったあと子供の生活環境、近所の友達との関係を理由に戻るように説得しましたが、もう無理の一点張りでした。
    子供達の為に離婚はしないと言ってくれたのですが、実家は離れアパートを借り生活するつもりだ、私名義のクレジットカードを返すから生活費を毎月振り込んでくれと、突き放される一方です。
    2日後、私は妻の両親に謝りにいきました。
    義母は今は何を言っても聞かないだろから一旦距離をおくべきでは?
    娘にはそのうち戻るように伝えていくよ と
    義父には子供達(孫)を悲しませるなお前はちゃんと代わる必要がある!とお叱りを受け今は一旦距離をおくべきだ! いつでも話は聞いてあげるからまたおいで と2人とも暖かく話を聞いて下さいました。 
    その後、妻に謝罪しに行きましたが、もう無理だから!としか言われませんでした。
    妻の両親の言葉もあり一旦は別居生活を受け入れる旨を妻に伝えました。

    受け入れたはいいものの仕事から帰っても誰も居ない空間は想像以上の苦痛でした。
    一人になって私はかつて無い程、家族の事を考えるようになりました。
    妻の大切さ、自分がして来た事の申し訳なさと後悔、自分は今後どうするべきか?、子供達に会いたい。そればかり考え日に日に反省と後悔が大きくなって胸が張り裂けそうです。

    上の事を妻にも伝え改めて謝罪しました。
    妻からは自分だけ責めないで、私にも悪かったところはある。一緒には暮らせないけど子供達の為にもお互い良い両親でいようといわれました。

    そんな中、妻に子供の事で頼み事をされる事がありました。
    ・週末子供とは遊んであげてほしい。
    ・生活用品で足りない物があるから実家へ届けてほしい。
    ・小学校の交通安全の旗振りをしてほしい等
    私が原因で出て行ったのだから妻のために出来る事を何でもやりたいと思っています。
    ただ気になる事は
    嫌いな相手に頼み事をするかな?
    という点です。
    何か胸中に変化があったのでしょうか。
    妻の心中が気になります。
    今後別居解消に繋がりそうでしょうか?
    ちなみに必要最低限のLINEのやりとりしかしないのと、返信はそっけないです。

    日が浅いため事細かく書き長文なってしまい申し訳ありません。

    • unluckyman より:

      べしおさんこんにちは~
      軽はずみな言葉で取り返しのつかない事態に陥ってしまうことはよくあるものです。
      表面上はべしおさんが「離婚してもいいよ!」と言葉を発してしまったせいで今までモラハラを受けたと感じていた奥さんの気持ちを後押ししてしまったことでしょう。

      別居って実際に遭遇してみると本当につらいものです。
      先の見えないトンネルに入ったような錯覚に陥り、奥さんが全くかまってくれなくなると離婚させられてしまう危機感を覚えてしまうものです。
      なかなか気持ちも落ち着かないでしょうがよ~く振り返って考えてみましょう。

      奥さんは「家に戻りたくない!」と言いつつも「子供達の為に離婚はしない」と言ってくれたのですよね?
      そして奥さんのご両親も「離婚しろ!」ではなく「一旦、距離を置きなさい!べしおさんに変われ!」と言っている。
      奥さんはべしおさんに「生活費を渡してほしい!」、「子供のサポートをしてほしい!」とも言っている。
      と言う事は?

      奥さんはべしおさんの今後の対応の仕方一つで気持ちの変化があると思っているのではないでしょうか?
      今はとにかく奥さんの言う通りに尽くしてあげることです。
      一人での生活は大変かもしれませんが泣こうが悲しもうがどうにもなりませんので割り切って生活するしかありません。

      今後、奥さんと会う機会もあるかとは思いますが奥さんの出方を見ていれば奥さんがどんなことを考えているのかわかると思います。
      今は奥さん・子供さんに対して出来る事を一生懸命に尽くして行きましょう。