プライドの高い男性ほど絶対に復縁できないと言っても過言ではない!!

みなさんこんにちは~

今回は男性の持つ「プライド」に関するお話です。

男性のみんさん!みなさんはプライドはお持ちですか?

多くの男性の方々は少なからず自分の持つプライドと言うものがあり、それは知らず知らずの内に他人に対して形となって表れて来るものです。

夫婦間においてもそれは言える事で結婚してから妻に「この人はほんと、プライドの塊みたいな人だわ!!」なんて思われるケースはよくあることで・・・

しかしここで気を付けて頂きたいのがこの「プライド」が高いばかりに夫婦の関係を崩壊させ離婚へと導いてしまうことにもなり兼ねない事です。

ましてや別居生活なんかになれば最悪です。

今までプライドの塊で生きてきた男性に性格を180度変えろと言うのが無理があり過ぎます。

それではプライドの高い夫が妻に対してどのような不愉快さを与えているのかを見て行きましょう。

プライドの高い夫が妻を不愉快にする代表的な特徴

プライドの高い夫と言えば妙なところで自分の感情を曲げず、自分の意見を意地でも押し通そうとする傾向にあります。

こんな夫と一緒になった妻は以下のような悩みに悩まされる事となるのです。

【プライドの高い夫が妻に不愉快さを与える代表例】

  • 妻に対して常に上から目線
  • 妻が何を言っても夫がこれと決めたらテコでも動かない
  • 夫婦喧嘩になると妻の駄目なところばかり指摘し始める
  • 非常に見栄っ張りで子供の運動会(※保護者競技)などに参加しない
  • 理想ばかり高い割にはたいしたレベルの人間ではない

以上のようなケースが多く見られがちです。

夫と結婚して「この人、実はプライドの塊のような人だった・・・」と思う妻達も多く、言いたいことも言えずあまりにも自分に関心を持ってくれない現実に冷め、夫への気持ちが離れてしまうケースも多く見られます。

まぁ一言で言えば「プライドの高い男性=他人にやさしくできない・他人を思いやることができない」と言うわけです。

俺はそんなことはね~

こんなことを言う夫に限って妻に不快な思いをさせ自分の価値観を押し付けようとするプライドの塊のような人間なのです!!

スポンサーリンク

離婚問題に関してはプライドほど邪魔になるものはない

プライドの高い夫は知らず知らずの内に妻に嫌な思いをさせた結果、耐えきれず家を飛び出し離婚を切り出す妻達も少なくありません。

もしこうなってしまうと最悪です。

いくらプライドの高い夫が低姿勢で妻に謝罪を試みてもやがてはメッキが剥がれ地が出ます。

それは妻への言葉遣い・態度に如実になって表れてくる理由からです!!

今まで散々、妻に対して冷たくあしらってきたプライドの高い夫はここで初めて現実と言うものを知るのです。

長年、そんなわけのわからない夫の価値観を押し付けられ、それに付き合わされ我慢し続けてきた妻の気持ちを考えると本当にかわいそうです。

一度、家を飛び出した妻にこんな夫が復縁するためにすり寄って来たら、そりゃあもうモンスターがすり寄ってくるような嫌悪感を抱くことでしょう。

だから復縁できないのです!!

あまりにも夫の価値観のズレの大きさに妻が付いていけずこれから先、何年も何十年も苦しめられると思うのなら離婚した方が賢明ですからね。

じゃあ、「こんな夫は復縁できないのか?」と言えばそんなことはありません。

解決法は一つです。

それは妻にひたすら土下座をして謝罪し、自分の所有する全ての財産を妻に渡し文無し状態になることです。

今まで妻に対して与え続けてきた屈辱を自分の見栄もプライドも財産も全てを投げ打ち「目に見える形」として言葉や態度で示す。

ここまでして復縁に向けたワンチャンスの権利を獲得できるスタートラインに立てると言えるでしょう。

まぁそれが出来ないからプライドの高い夫達は離婚してしまうんですけどね・・・

まとめ

夫婦生活において夫のプライドほど邪魔なものはありません。

たしかに自分の主張を伝え意思表示をはっきりと伝えることが出来る人間は仕事上では優遇される一面もあるでしょう。

しかし家庭は別です!!

自らのプライドの高さから自分の主張ばかりしていたら妻もたまったもんじゃありません。

仕事は上下関係、家庭は平等であってこそです。

知らず知らずの内に妻に対して冷たい言葉や態度で接し続けてきた結果、離婚を切り出されてしまった・・・

そうならないためにも外と家でのスイッチは切り替えるべきでしょうね。

外でどんなに嫌な事があっても家庭に戻れば妻に冗談を言い明るく振る舞えストレスを微塵も感じさせない人間。

本当に強い人間とはそういう人間です。

プライドばかり高く中身が全く伴っていない夫なんて妻から見れば何の魅力もありませんので気を付けてくださいね~。

スポンサーリンク

コメント一覧