結婚は人間性が全て!自分の事しか考えられない人間に結婚生活は無理!

みなさんこんにちは~

今回は「夫婦の結婚生活と人間性」についてのお話です。

誰もが夢見る幸せな結婚生活。どの夫婦も結婚当初はこれから始まる夫婦生活に大きな期待をするものです。

しかし時が経てば・・・

こ・こんなはずではなかった・・・

そんな寂しさに打ちひしがれるのは世の夫・妻において一人や二人ではないはずです。

ではなぜこのような最悪な結末を迎えてしまうのでしょうか?

この背景にはずばり「夫婦の人間性」が大きく影響していると言えるでしょう。

そして、夫婦の関係を劣悪化させるものが「自分勝手な夫」、「自分勝手な妻」の存在です。

自分の事しか考えられない人間が招く夫婦崩壊。

この手の人間に幸せな結婚生活は絶対に訪れることは無いと断言しても良いでしょう。

自己中心的な人間は結婚生活には絶対に向かない!

そもそも自己中心的な人間に結婚生活が向かないのはなぜだかわかりますか?

理由はいくつかあれどやはり決定的な理由となるのは相手のことを思いやることができないからです。

自分のことだけ!

自分さえよければいい!

当の本人はそんなことはないと思っているかもしれませんが自分の事なんてほとんどの人間がわかっていない現状にあると言えるでしょう。

自分の考えに相手が反対の意を示すと「かぁ~!」となって言葉遣いや態度に出てしまう・・・

そんな人間と上手く行くわけがないのです。

ましてや夫婦となれば毎日のように顔を合わし言葉を交わさなければなりません。

そこに相手を思いやるやさしさもなければ自分を犠牲にし家庭のために耐えることさえも出来ない。

そんな人間がまともな結婚生活など送れるわけがないじゃないですか!

一生を独身でい続けるならまだしも結婚となればこの「自己中心的存在」は夫・妻のいずれにもあってはならないものなのです。

スポンサーリンク

結婚生活はお金では計れない!お金に溺れる人間は家庭を崩壊させる

夫婦の中にはこんな異論を唱える方々もいるかもしれません。

お金さえお金さえあれば!

夫の収入がもっとあれば!

しかし、これだけは断言しても良いことがあります。

それが、夫婦の関係はお金だけでは絶対に計れない!

例えお金があっても人間性が悪ければ家庭は崩壊します!

よくお金さえあれば夫婦が好き放題、幸せな生活が送れると思っている方々もいることでしょうが結局は良い人間性を伴わなければ駄目なものは駄目なのです。

だいたい結婚しているにも関わらず夫は妻のこと、妻は夫のことを考えてあげられるような余裕の無い人間はほとんどの場合、お金に目がくらみます。

その結果、あればあるだけお金を浪費してしまうのです。

元々が我慢と言う言葉を知らない人間ゆえに自分の欲を抑えきれず自分可愛さに相手に冷たく当たってしまったりするのです。

結婚生活がお金だけではないと言うことは多くの既婚者、特に男性であればそのことが身に染みてわかるのではないでしょうか?

お金よりも人間性、夫のために尽くしてくれる妻が側にいてくれるだけでどれほど幸せなことでしょうか?

夫婦お互いの人間性が良ければこれほど幸せなものはない!

結局は夫婦は人間性が全てなのです。

それも夫と妻、両方の人間性です。

世の中には色んな家庭が存在します。

  • 高給取りの夫を持つ家庭
  • 貧乏でも家族を大切に思う妻がいる家庭
  • お互いに険悪な夫婦関係でも寄り添い合う家庭

例を挙げれば夫婦の形はきりがありません。

しかしそのどれもが最終的には「夫婦お互いの人間性」が悪いことが理由で家庭が崩壊して行くのです。

人の良い夫、人の良い妻を持つ家庭がどれほど温かく、そしてどれほど幸せなのでしょうね?

人間性が良いと言うことは言い換えれば「他人にやさしさをそして幸せを提供できる人間である」と言うことです。

そんな人間同士こそ幸せな結婚生活、幸せな人生が送れるものです。

自己中心的で自分のことしか考えられない人間に決して幸せな結婚生活は訪れないことでしょう。

コメント一覧

  1. かきくけこ より:

    現在、嫁+子供と別居中で2ヵ月経過しました。原因は私が会社ストレスを家に持ち込んだりして家族を大事にできなかったことです。DV、モラハラとは言われてません。
    嫁との連絡手段はメールのみで、最近のメールでもう夫婦としてみれない、気持ちもないと言われ、残されたものは父親としての役割だけと言われたました。
    離婚有無は話し合いで決めましょうとなりました。私としては離婚したくありません。
    どのように話し合いを進めるべきかアドバイスをお願いします。

    • unluckyman より:

      かきくけこさんこんにちは~
      アドバイスだなんて私はそんな人様に偉そうなことを言えた身分ではないですが強いてお伝えできるとすればやはり仕事の不満、会社の愚痴って家庭に持ち帰ってまで奥さんに言うべきものではないんですよね・・・

      私も苦い経験がありますが会社の不満を自分の妻に延々と述べたところで妻側にとっては何のメリットもないわけです。
      結局は夫側の不満のはけ口を妻に向けているだけに過ぎませんからね。

      奥さんは「あるのは父親としての役割だけ」とのことですがだったら奥さんの望む父親としての役割を全うしてこそだと思います。
      父親としての役割とは何でしょうか?
      きちんと生活費を渡し、明るい家庭を築くべく仕事や自分のことなんかそっちのけで妻に、そして子供に対して最大限の協力を惜しまない。
      世間一般にはそう言ったことだと思います。

      しかし、奥さんが求めている家庭の形・父親の姿とは何なのでしょうか?
      今回、奥さんが別居された原因はかきくけこさんが会社のストレスを家庭に持ち込んでその不満を家族にぶつけた事だとわかっているのですからまずはその点を奥さんにもう一度、謝罪した方が良いかと思います。
      その上で自分はどうあるべきだったのかを伝えると良いでしょう。

      幸い、奥さんは話はしてくれるようですから、まずは話をしてくれることに感謝し、「とにかく離婚したくない!」だけではなく過去の自分を振り帰り、奥さんや子供さんに迷惑をかけてしまったことを詫びてこそ。
      本当につらい思いをされて今に至ったことでしょうので奥さんの気持ちをくみ取り、自分視点ではなく奥さん側の視点で意見を伝えるべきではないでしょうか?

      奥さんが今抱えている不満を少しでも解消してあげないことには話し合いも決裂してしまいます。
      「もう、全ては自分のせい、奥さんの言う事は全て聞くし今後は改善してほしいことがあればその都度、言ってくれれば改善します!今まで本当に自分の事しか考えず無知でわがままでした。」と言った姿勢を伝えるのも一つの手です。
      おそらく奥さんは「じゃあ離婚してください!」と言うかもしれませんが、まずはその辺りから話の切り口を持って行かれると良いかもしれませんね。

  2. かきくけこ より:

    ありがとうございます。

    会社の愚痴ではなく、会社のイライラ感を家庭に持ち込みそういう雰囲気をばら蒔く感じでした。また疲れたというダークオーラも纏っていたとも言われました。

    追加でご相談させて下さい。以下のアドバイスです。

    「もう、全ては自分のせい、奥さんの言う事は全て聞くし今後は改善してほしいことがあればその都度、言ってくれれば改善します!今まで本当に自分の事しか考えず無知でわがままでした。」と言った姿勢を伝えるのも一つの手です。

    >改善しますといい、最初は対応するが時間とともに薄れ、また同じケンカになり、また改善しますを繰り返して、改心したと言っても信用出来ないと言われています。
    どのようにしたら信用してもらえるのでしょうか?

    ちなみに別居はいきなり始まり、ある日、帰宅したら、もぬけの殻状態で心が壊れました。
    未だにフラッシュバックし、頭痛になります。

    • unluckyman より:

      かきくけこさんこんにちは~
      奥さん、荷物も全て引き払って家出をしたんですね・・・
      さすがに帰宅してその状態を目の当たりにしたらその場にしゃがみこんでしまう衝動に駆られてしまったことでしょう。

      しかし、奥さんはそれぐらい離婚への決心も強かったことだろうと思います。
      奥さんとケンカをしても絶対に勝ち目はないですよ・・・これは断言してもいいです。
      おそらく今までに奥さんからしてみれば何度も苦しい思いをされてきたことでしょう。

      話は変わり、この状態をどう抜け出すのかは非常に難しいところですが奥さんと冷静にお話が出来るのであれば今後の夫婦間における取り決め事を設けた誓約書を自分なりに作成し納得してもらうってのはどうでしょうか?

      口で言うだけよりも視認効果は非常に高いと思います。
      全て奥さん側の納得のいく取り決め内容で作成するのです。
      もしその約束事を破ったのであればその時は今度こそ素直に離婚に応じる旨を伝えるのも良いかもしれません。

      とにもかくにも小声で「ごめんなさい!ごめんなさい!全て奥さんの言い分が正しい!自分が悪かった!これからは決められた誓約事項に沿って離婚を覚悟の上、言う事をききます。」と言うのも一つの手です。

      不満を持っている女性に対して効果があることってやっぱり相手よりも声を小さく、下に下に自分を見せることで相手の感情を抑えることだと思います。
      その上で「この人はもう自分の言いなりになる!」と思わせてこそです。
      あとは相手の望むことに沿って全てを受け入れ、それが守れなかったときの保険をかけてこそです。

      あの手この手で口説き落とすようにやんわりと話しかけていかないと聞く耳もちませんからね~
      かきくけこさんの奥さんの心にまだ許せる気持ちがほんの少しでも残っていればの話ですが・・・
      連絡手段がとれる限りやれるだけのことはやって揺さぶりをかけてこそです。

      女性には本来、母性本能が備わっていますからね。
      小さな男の子がひどく落ち込み泣く姿を見て許せない女性はいないと思います。
      そんな自分の姿・気持ちが奥さんに伝われば事態は少しずつ変わっていくものではないでしょうか?

      人を好きになると相手がどう思おうが自分のことを包み隠さずストレートに表現できますよね?
      確かに今は別居して落ち込んでいるかもしれませんが復縁するためにはそんな意気込みも必要な気がしてなりません。