夫婦間の金銭面における価値観のズレが離婚を招く最悪の事態に!?

みなさんこんにちは~

今回は夫婦間における「金銭面での価値観のズレ」についてお話ししたいと思います。

いきなりですがみなさんのご家庭では家計はどのように管理されているでしょうか?

大抵の場合は夫が給料を稼ぎその給料の全額を妻に渡し、妻が家計の管理をされていることだろうと思います。

しかしここでもし妻が家計の管理を怠り無駄な出費を続出させてしまう状況になってしまったらあなたはどうしますか?

きっと腹が立ち妻に向かってこう言うでしょう。

お前はなぜそんなに無駄な出費をするのか? 家計のことを少しは考えているのか?

しかし現実問題、怒りのままに勢いよく発せられたこの言葉は時として離婚問題へと発展しかねないのです。

やばっ!言い過ぎたっ!!

なんて思っても妻が離婚を決心すれば泣きを見るのは夫の方だと言うことを覚えておかなくてはなりません。

では節約することを知らず無駄にお金を使う妻に対して夫はどのような対応をとっていけば良いのでしょうか?

節約できない妻に何を言っても効き目はない

家計における無駄な出費と言っても例を挙げれば様々です。

宝飾品やアクセサリー、カバンなどの高級品にバンバンお金を使う場合もあれば日常の買い物において10円、100円単位のような少額商品に対して気にせず使い、あえて安いものを購入しようとする意欲が見られない場合もあるでしょう。

前者の場合は買い物依存症とも言える病気ですのでどうしようもありませんが問題は後者の日常における出費です。

おいおいっ!それ節約できるだろうーに!!

そんな夫の願いも虚しく何かにつけ出費を抑え節約しようとしない妻。

一歩外に出ると1食800円のカレーを平気で食べたり、どうみても他の店より高い商品を購入しようとする。

そこには家計のために節約する気なんて微塵もなく、最悪なことにその行為自体に一切の迷いもなく衝動的な購入意欲に駆り立てられるのです。

夫からすればたまには家族で外食も良いかもしれませんが出来るだけ外食は避け、少しでも安い商品を購入し将来に蓄えたいところでしょう。

それなのにバンバンお金を使われてはおちおち妻にお金の管理を任せることなんて出来ないですよね?

でも、ここで執拗に妻に向かってお金のことを言うのはNGです。

そんなことをしていればやがては離婚されてしまうことは目に見えているのですから。

そもそもこの手の節約と言うものに興味が持てない妻は夫とは育った環境も正反対にありお金に対する価値観自体が違うのです。

スポンサーリンク

派手な出費をしない妻であれば夫は家計の管理に口を出すな!!

生まれ持ったお金に対する価値観と言うものは人それぞれです。

いくらお金を貯めていても「いつ明日が来なくなるかもしれない!だから今を楽しもう!!」と旅行に行ったりする人もいれば、「いやいや老後に備えて貯めておかないといざと言うときに困るじゃないか!!」と考える人もいるでしょう。

家庭を持つ母親であれば後者であってほしいと願うところですがこれだけは夫婦と言えど金銭面に対する価値観が違うのでやむを得ないのです。

夫からしてみれば良かれと思って妻にアドバイスしたつもりでも妻からしてみれば何度も何度もたかだか数十円、数百円のことで言われ続けるのは苦痛になり兼ねません。

もし、今の生活でもなんとか貯金も出来、生活に支障がないレベルであればここは夫が我慢するしかありません。

一度、妻に渡した給料の管理は妻が管理してこそなのです。

明らかに目に見えるような出費でなければここは夫は目をつむり間違っても「俺はこんなにも節約しているのにっ!!」なんて言う固定観念は絶対に持たない事です。

夫婦間のお金に関する価値観のズレはやがては「性格の不一致」となり離婚問題へと発展しかねないことを覚えておくと良いでしょう。

まとめ

夫婦間と言えど金銭面の価値観の捉え方は人それぞれです。

あまりにも「節約!節約!!」ではお金に執着心の無い人間にとっては苦痛以外の何物でもありません。

夫婦間と言えど金銭面における価値観のズレは少なからず生じるものでしょうし、一方的な価値観の植え付けはあってはならない事なのです!!

こんな小さなことで夫婦関係が不仲になり、ギスギスした関係になるなんてもったいないことです。

妻に対してあくまでもやんわりと最小限のアドバイスで節約を心がけて行きましょう。

スポンサーリンク

コメント一覧