甘ったれるなっ!!性格の不一致を理由に離婚など認められるか!!

みなさんこんんちは~アンラッキーマンです。

今回は「夫婦間の性格の不一致で離婚できるかどうか」について考えてみたい。

最近はよく結婚3年目とかで「もうこんな夫とは性格が合わないから離婚したい!!」などとふぬけた事を言い出す妻達を見かける。

夫諸君のみなさん、これってどう思います?

まさに「ふざけんじゃねーよ!!」って言いたいレベルだよなぁ。

しかし実際問題、最近はこの手の女性が多いのもまた事実。

夫はやさしく接してくれるしパワハラやモラハラもなく生活費は毎月、きちんと入れてくれる。何一つ問題ない、でもなんか性格が合わない、だから離婚したい・・・。

こんな理由なんだ。

こんなわけのわからん理由に夫は了解するわけもないが泣きながら離婚を訴える妻に手の打ちようがない状態に陥ってしまうのだ。

では、この「性格の不一致」とやらで本当に離婚が可能なのだろうか?

「性格の不一致」だけを理由に離婚は出来ない!!

ほら見たことかっ!!

結論から言えば「性格の不一致」を理由に離婚は不可能!!

もう一度言おう、不可能なのだ!!

はぁ~すっきりした。私もこの手の離婚理由には前々から頭に来ていたので色々と調べてみたらやはりこんなくだらない理由では離婚などできないのだ。

しかし、なぜ妻達は結婚して数年で「性格の不一致」だなんてわけのわからない事を言い出すのだろうか・・・。

こればかりは当の本人しかわからないかもしれないが、今の日本においてこんなにも「性格の不一致」を理由に離婚したがることにはわけがありそうだ。

そのわけとは一体何なのだろうか?

スポンサーリンク

性格の不一致、それは妻の甘え!!それ以外にない!!

妻側の言い分もいくつかあるかもしれないが夫側に非がないと仮定すれば性格が合わない事だけを理由に離婚を強要するにはわけがある。

そのわけとはズバリ、妻の育ってきた環境だろう。

だいたい今の女性に共通して言える事は幼少期より両親に甘やかされ、まともな苦労もしていない。夢や理想ばかりを追求し、ちょっとでも逸脱すると不機嫌になる。

結婚後の夫婦生活においても同様で結婚後、わずか数年で「性格の不一致」などと言い出すことの裏側にはこの忍耐強さの無さが関係しているのだ。

要は我慢・辛抱できるような体性ではないのだ!!

さらには自分の事だけで精一杯で夫に構う余裕や理解してあげる気持ちもない!!

だから無理なものは無理なのだ。

何の支障もない夫に「性格の不一致」を切り出すこと自体、その理由すらわかっていないのだから。

一見すると無邪気な女の子、しかし夫婦として見れば妻失格!!

よってこの手の女性を妻として迎い入れる場合は「何も求めず自由に生活させる」こと以外に解決策はないのだ。

夫の意見を重視し無理に妻に言うことを聞かせようとする自体、無謀だと言えよう。

やっぱり結婚は「相手をよく見て結婚しよう」なんて言われるが人としての本質を見抜けず結婚してしまった以上、そんな妻ばかりを責めるのもおかど違いというわけだな。

まぁ、でも夫からすれば今の妻がいなければ一生独身だったかもしれないし、結婚してくれただけでもありがたいと思うべきなのかもしれないなぁ・・・。

性格の不一致からくる離婚まとめ

とにもかくにも夫婦間にて「性格の不一致」を理由に離婚はできない。

そして、そんなことを言い出す妻の心理として「本当に性格が合わない」場合は結婚を急ぎ過ぎた結果、相手の事をよく理解していないかった

あるいは「自分でもなぜかわからない」と言った理由もない場合のどちらかである。

いずれにせよあとは夫側がどう出るか?

その対応次第で離婚するのか円満な夫婦を形成して行くのかに分かれるまでだ。

いや~女性って、ほんと気難しいですね~。

夫諸君は今の時代、夫婦と言えど油断するとこのような事態に遭遇してしまう事を頭の片隅に覚えておいていてほしい。

ではでは今回はこのあたりで!閲覧して頂きありがとうございました~。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 2020925離婚 より:

    私の場合、性格の不一致が理由でしたが、妻が不倫を隠してるようでした。
    「子供がいるうちは我慢できるけど、あなたの定年後、一緒に居るのは耐えられない。」と言われ、まだ数年は婚姻関係を続けるのかと思ったら、すぐ離婚するという話に。
    証拠集めはしなかったけど、スマホを常時持ち歩くようになったり、関わりを拒否(※表現を変えています、すみません)するようになったりと、他にも色々と行動が変わってました。
    離婚を切り出されて、無視されたり睨まれたり結婚指輪を外されたりして体重が2か月で14kg減り、証拠集めを諦めて離婚を受け入れました。

    妻からの性格の不一致は、妻の不倫が隠れてる可能性あります。
    大事なことなので2回書きました!

    • unluckyman より:

      2020925離婚さんこんにちは~
      性格の不一致・・・なんて都合の良い自分勝手な言葉なのでしょう。

      最近はことあるごとに性格の不一致を主張する妻達も多いですがそもそも性格の不一致って何なのでしょうね?
      赤の他人同士が結婚し夫婦生活を営んで行く上で、考え方や行動に違いはあるものです。
      それをどうにか二人で協力し合い、支え合い、乗り越えて行くのが夫婦のはずです。

      結婚時はそのことを了承の上で入籍したにも関わらず、やれ夫が悪いだの自分と価値観が合わないだの。
      ましてや性格の不一致なんて言葉がまかり通るようになってしまった今の世の中、隠れて不倫をし離婚するための口実にしたり・・・

      結局はその人の人間性が全てなんですよね。
      駄目な人間は何を言っても無駄ですし、相手の気持ちを理解することも出来ない、ましてや理解しようと努力すらできないものです。

      2020925離婚さんが離婚されてしまったことは悲しいことですが一度、不倫をしてしまえば何度でも繰り返す恐れもありますし、ましてや何よりそんな全く信用の置けないパートナーと今後も一緒に居続けるなんてことは土台、無理な話なのです。

      不倫は裁判でも一発で離婚が確定付けられる「婚姻関係を破綻させた原因」に該当するぐらいの重い罪なのですから。
      2020925離婚さん!あなたは良い決断をされたと思いますよ!
      これから先は過去を振り返らず将来を見据え、真っすぐに歩いて行ってください~

  2. 匿名 より:

    女の我儘で離婚が多い。これは事実。
    そしてなんで女が我儘なのか?といえば書かれているように散々甘やかされて現実を見ていない女が大半だからとしか
    言いようがない。
    男が情けなくなったとかいう人もいるが、実態は女が我儘で我慢ができなくなったというのが本当の所でしょう。

    • unluckyman より:

      こんにちは~
      あなたの言う通りです。
      確かに妻(女性)側の言い分もあることでしょうけど今の時代は本当に、本当にわがままで自己中心的な女性が増えて来た現状にあると思います。
      なんでこうなってしまったんですかね・・・

      30年、40年前も夫婦喧嘩はどの家庭でもあった。
      しかし、今みたいにいつまでも引きずって挙句の果てに「離婚だ!離婚だ!」と騒ぎ立てるようなことは少なかったように思えてなりません。
      悲しいかなこれも時代の流れなのでしょうかね・・・