復縁にマニュアルなどない!必要なのは強固な精神と肉体だけだ!!

みなさんこんにちは~

今回は「復縁にマニュアルなどないっ!!」と言った私なりの考えをみなさんにお伝えしたいと思います。

えっ⁉復縁にマニュアルがないだって⁉

ええそうですともっ!復縁にそんなものはありません。

あるものは大方、営利目的で紹介されているよなマニュアル本やわけのわからんセミナー・カウンセリングでしょう。

まぁ信じるも信じないもその人の自由といえば自由ですが多額のお金を出しカウンセラーに相談したり教材を購入して本当に復縁など出来ると思いますか?

まずもって出来ないと思います。

そもそも復縁できる人間は自らの知恵を振り絞り行動に移せる人間なのでそんなものに頼らずとも上手く行くのです。

だいたい夫婦関係なんてものはそれぞれの夫婦でトラブルの原因は様々。

それを「あーしないさい!こうしないさい!!」なんて、そんな他人の言うことに自分の人生を任せること自体おかしな話です。

ましてや別居したことも離婚したこともない人間の言うことなんてたかが知れてます。

ありきたりのマニュアル、ありきたりの事例から復縁を試みるなんて・・・

夫婦の関係ほど底知れず奥が深いものはないのです。

他人の描いた復縁マニュアルに依存し過ぎることは危険です!!

私も過去に1年8か月もの間、妻と別居した時はネットや雑誌など「復縁するためにはどうすれば良いのか?」についてしがみつくように情報収集にあたっていた時期もあります。

しかし、今でこそ思うことですがそんなものは何の役にも立たなかった。所詮、気休めにしかならなかったということです。

たしかに色んな方々の体験談や復縁アドバイザーの意見を見たり聞いたりする内に「なるほど・・・こうすれば妻と仲良くできるのか・・・」なんて思ったりもしました。

でも、過去の私のように復縁できない多くの方々はその場では理解し納得しても実際に行動に移し継続した人なんていないのではないでしょうか?

結局は何もせず落ち込んだままの状態でい続けるか、ちょこっとそんな復縁マニュアルをかじってはみたもののそのうち何もしなくなるかのどちらかではないでしょうか?

何を偉そうにっ!あんたもあーだこーだマニュアルまがいな事を言ってるじゃないか!!

そう思われる方々も多いかもかもせん、またそう思われても結構です。

でも、私がこうして毎日のようにこのブログを書き続けているのは過去の私と同じような別居し「離婚の危機」を迎えているような方々に対して復縁するために「前向きな気持ち」になってほしい願いを込めて書いているのです。

そこにはマニュアルなんかありません。

自分だったらどう動くのか?」を常に考え、落ち込み動けなくなりそうな重い腰を上げ行動に移してほしいからです。

最終的に復縁できるかどうかは「いかに相手の悩みを不安を取り除き、また一緒に暮らしていける気持ちになれるかどうか?」にかかって来るのですから。

それに他人の意見を参考にするのは良しとしてもその筋書き通りに行動して万が一、離婚することになったりしたらそれこそ後悔しか残りません。

だから自分の頭で考え、自分の体で行動を起こしてほしいのです!!

それが相手の気持ちを動かし新たな気持ちに変化させる「相手への記憶」として残るのですから。

スポンサーリンク

復縁に必要なものは己と闘い続ける精神力、そしてそれに耐えうる肉体だけだ!!

私はかれこれこのブログを立ち上げ100記事近く書いてきました。

その中には今もなお復縁できず日々、孤独の中で頭がどうにかなりそうな重圧感に押し潰されそうになりながらも己自身と闘っている方々からコメントを頂いたこともありました。

そんな方々を見ていると過去の別居していた頃の自分を重ね「どうにかしてあげたいっ!!」と思う一方で正直なところ「結局は他人の夫婦間の問題なんて自分のような非力な人間に解決できるはずもない!!」と思っている次第です。

しかし、復縁出来ず心が折れそうになり現実を放棄しそうな方々を見ているといつも画面に向かって訴えかけている言葉があります。

それは・・・

あんたはここまでの人間かよっ!!

ここで諦める程度の人間なのかよっ!!

夫婦として今もなお相手を愛しているのなら真っ白になるまで力尽きるまで相手の事を想い、やさしく接し続ける姿であり続けてほしい!!

と言うことです。

強固な精神、そしてそれに耐えうるだけの体作りこそ復縁するためには欠かせないものです。

何事にも動じず、ただ一心に相手を見続ける思い。

そしていついかなるときでも落ち込んだり、動けなくならないように肉体を強化する。

この2つだけは絶対に必要なものだと私は信じています。

精神面と肉体面の強化、自分をこれでもかと言うぐらい逆境に耐え続けた人間はいつしか大きな成長を成し遂げるものです。

その時こそ別居中の妻や夫に対して「その人の変化」が見てとれるものです。

ここで座り込み、悲劇のヒロインになっているようではこれから先、何年・何十年と続く長い人生に耐えうるだけの「人としての器」は形成されないのです。

まとめ

他人の描いた復縁マニュアルを参考にすることは良い気分転換になります。

しかし、あまり依存するあまり「本来持つべき自分の気持ち」に目をつぶり他人の言うことに振り回されていては復縁できるものもできなくなることでしょう。

復縁なんて結局は「自分がどうしたいのか?」が全てなのですから。

復縁したいのであれば、その気持ちを言葉に、そして行動に変えて行くしかないのです。

しかし、別居された今のあなたでは駄目です。

強固な精神力と肉体を伴い、自信をもって相手の目の前にその存在を心から訴えて行きましょう。

自信をもった発言、相手を思いやる事の出来るやさしさ、そして引き締まった強靭な肉体。

この3拍子そろった人間に生まれ変わり結婚生活によりを戻しましょう。

スポンサーリンク

コメント一覧