夫が本当に妻を愛しているなら妻の全てを受け入れる覚悟を持て!

みんさんこんにちは~いよいよ年末も差し迫って来ていますがいかがお過ごしでしょうか?

風邪など引かないよう体調管理には十分に気を付けてくださいね~

それでは今回も張り切っていきましょう。

今回のお題は「あなたは本当に妻を愛していますか?」です。

そ、そんな恥ずかしいこと言えるか!!

そう思われる夫の方々も多いかもしれませんがここは真剣に考えてほしいと思います。

長い夫婦生活において実は案外、妻を愛していない夫の方々も多いのです。

ただただ惰性で夫婦生活を送っている夫婦、子供がいるのでしょうがなく生活を共にしている夫婦など様々です。

だから一概に結婚しているからと言って相思相愛な夫婦関係にあるとは限りません。

では、ここからが本題です。

もし、夫が妻を本当に愛しているのならこれから私の言うことを聞いてほしいと思います。

それは・・・

妻を愛しているのなら妻が黒と言えば黒!白と言えば白なのです!!

言うなれば妻の言うことは絶対なのです!!

夫は最愛の妻がいてこそ円満な家庭が築けるもの

もし、夫が本当に妻を愛しておらずまた愛し続ける覚悟もなくただ形だけの夫婦を演じているのならやがては離婚を迎えることは避けられません。

そんな理屈がまかり通ってなるものか!?

そう思われても当然かもしれませんがこれは理屈ではなく夫婦として生活を共にして行く上で欠かせないものです。

もしこれが信用できないのなら身内、親戚、職場内における様々な夫婦の方々を思い出してもらえればわかると思いますがまずもってこんな不仲な関係で円満な家庭を築けている夫婦などいませんよね?

いないはずです!!

それもそのはず。愛が無ければ婚姻関係は成り立たないからです!!

愛が無ければ相手を思いやり、やさしく接してあげようとする姿勢は相手にも伝わらないしまた、そう言った行動に出れません。

妻への愛が無ければ潔く身を引き離婚するかもしそれがどうしても出来なければ我慢に我慢を重ね妻と子供の為に自分を犠牲にする仮面夫婦のような生活を送るしかありません。

妻への愛が無ければ離婚するか我慢を覚悟するかどちらかしかないのです。

またまれに我慢を続けた先に妻への愛が芽生える事もあり得ます。

スポンサーリンク

妻を本当に愛しているのならつべこべ言わず妻の言いなりになれ!!

こりゃまたわけのわからない理屈だと思うことかもしれませんが・・・はっきり言いましょう!

夫が妻を愛しているのなら妻の全てを受け入れることは当然なのです!!

そもそも男性が好きな女性の言うことに対してぐだぐだ言うのは間違っています。

それも夫婦となればなおさらです。

これが出来ないからこそ妻に離婚されるのです!!

確かに夫側の理屈もあるでしょうがそれを言ったら終わりです。

その証拠にどんな状況であれ最終的には妻に別居され「自分の全てが悪かった!全て自分の悪いところは直すから!!」と泣きを見る羽目になるじゃないですか!!

あろうことか妻が不倫した場合だってそうです。

結局は夫は妻の言いなりになるしかないのです!!

そしてそれが「妻を愛していればこそ出来る行為」だと言えるでしょう。

それが出来ないのであれば本当は妻を愛していないのかもしれません。

理屈抜きの夫婦関係、それもまた「夫婦愛」という形が繰り出す家庭円満の秘訣なのかもしれませんね~

まとめ

夫は妻を愛してこそ夫婦関係は円満に保てると言ったお話でした。

妻を心から愛しているのであれば夫は妻の言いなりにどんなことでも耐えましょう。

それが男というものです。

逆に妻を愛していないのであれば離婚を覚悟で妻に言い返すこともあって良いかと思います。

いずれにせよ夫はどんな状況であれ「妻への愛なくして夫婦関係は成り立たないもの」であることを覚悟してください。

一見するとわけのわからない理屈かもしれません。

しかし、今回お話させて頂いた内容は妻に別居され離婚される寸前になって初めてわかるものです。

夫は「愛する妻の言いなりになるのか嫌いな妻でも我慢し続け好きになるのか?」このどちらかしかありません。

是非、参考にしてくださいね~

コメント一覧