別居中はやるべきことをリスト化し優先順位に従って行動しよう

みなさんこんにちは~

今回は「別居中において何をすべきか?」についてお話したいと思います。

よく妻が子供を連れて家出をし一人とり残された夫の方々は先の見えない真っ暗なトンネルに入ってしまいどうすれば良いのかわからなくなってしまいがちです。

完全に自信を失い復縁したくても出来ない自信喪失状態になってしまうと我を忘れ見境の無い行動に出るか無気力なまま何もしないなんてこともありえます。

しかしここで声を大にして言わせて頂きたいことがあります。

それは別居期間はどんなに頑張っても一年!!

その一年間の間にやるべきことの優先順位を立て行動に起こさなければならないのです!!

いいですか?

多くの夫婦が離婚を決意した場合、約1年で離婚しています。

また、厚生労働省の調査においても離婚を決意した夫婦が別居し、別居期間を設けた場合においてはおよそ80%の夫婦が1年以内に離婚しているのです。

80%と言えばかなりの確率です。それだけ別居期間は1年で限界を迎えると言った表れなのですしょう。

そうと決まればうかうかしてなどいられません!!

一日でも無駄にしない別居期間の有効化を図るべきなのです。

別居中は冷静な判断力が欠如し結果を急ぐあまり自分中心の思考になる

別居期間中におけるやるべきことの優先順位を明確にし行動に移す・・・

一見すると夫婦間の問題ですのでさほど難しい問題でもないでしょう。

長年、住居を共にし夫婦で生活してきただけでに妻がどうすれば機嫌を直してくれるのか?どうすれば喜んでもらえるのかは自分が一番、知っているはずです。

しかし、なぜかそれが思いつかず行動に移せない。

そこには離婚を恐れるあまり冷静な判断力が欠如し、あまりにも結果を急ぎ過ぎるために行動が空回りしているからなのです。

第三者から見れば「そんなことをして奥さんの気持ちが戻るわけないじゃん・・・」と思うようなことを平気でしてしまう。

当の本人はどうにかして復縁したい一心で良かれと思い行動しているわけですが判断力が鈍っているため何が大切なのかさえも忘れかけているのです。

その結果、妻のことなどお構いなし!

気が付けば妻から「自分の事しか考えていない自分中心的な人間」に思われ別居期間が長くなり、その結果いよいよ離婚を強いられることにもなりかねないのです。

別居後、まず最初にやらなければならないことは元を正せば「なぜ妻が家を飛び出したのか?その原因を探ること!!」これが最優先です。

この妻が別居を切り出した不安の種を見事に解消しなければ妻の機嫌を直す事など到底出来ないのですから。

的外れな行動は自分で離婚を促進していることに過ぎないのです。

スポンサーリンク

あなたは何がしたいのか?復縁に向けてやるべき優先順位をリスト化してみよう

妻と別居状態になった夫は誰しもが「また元の家族に戻りたいっ!!」と思うことでしょう。

しかし先ほどお伝えさせて頂いたように別居し1年以内に80%の夫婦が離婚している現実にあるためそう易々と復縁することは困難です。

でも裏を返せば20%の夫婦は復縁しているのです。

ましてや復縁出来なかった8割の夫婦の内、その半数以上が「何をやっても駄目だった・・・」と言った理由から諦め離婚していることだろうと思われます。

では復縁できた20%の成功者は何をしてきたのか?

それは別居期間中において緻密な計画を立てやるべきことをリスト化し妻の気持ちを改心させるまでの行動を起こしてきたからです。

「あなたは何がしたいのですか?」と聞かれた夫は皆、口を揃えてこう言うでしょう。

妻と復縁したいです!!と。

しかしよ~く見てみると逆に妻を怒らせ何を言っても受け付けない状態を自分で作り出している場合が多いのです。

復縁するまでに行動できる時間は限られています。しかしだからと言って焦ってはうまく解決できるものも解決できなくなります。

別居に至った時点で復縁するための対象は妻だけではないのです。

妻の父親・母親、さらには兄弟達がよからぬ入れ知恵をしてくることだって考えられます。

鉄は熱いうちに打て!!」、「三つ子の魂百まで!!」なんてことわざがありますが物事は最初が肝心です。

妻との間が今以上にこじれては復縁できるものも復縁できなくなります。

ここは冷静に早くから自分のやるべきことを紙に書き記し整理することで見えてくるものがあるかもしれません。

がむしゃらに行動するのも良いですが妻側は大きなストレスを抱えていますので有効かつ最小限の労力で相手の核心に触れていきましょう。

まとめ

別居期間は限られたものであり、物事の優先優先順位をリスト化し行動して行くことの大切さをお伝えしました。

今までどうやっても妻が見向きもしてくれなかった・・・

そんな夫の方々は何かが間違っていたのかもしれません。

それは妻の表情を見れば一目瞭然ではないでしょうか?

復縁したいと願うはやる気持ちを抑え今、自分に必要な物は何なのかをじっくりと時間をかけて考え直してほしいと思います。

物事には必ず優先順位が存在します。

別居した今の妻にとって最も必要としているものは何かを考えた時、答えは必ず見つかるはずです。

だってその答えは1つや2つではないのですから。

離婚するために結婚したのではないのです!!

生涯を共に歩むと誓い合って結婚したはずです!!

諦めの気持ちが湧いたのならこの言葉を思い出し自分を奮い立たせて頂ければと思います。

スポンサーリンク

コメント一覧