「結婚生活が嫌だっ!!」と言い張る妻の裏側に隠された衝撃の事実とは!?

みなさんこんにちはアンラッキーマンです。何気に雨の多い今日この頃、別居中の夫諸君もブルーな日々を送っているのではないだろうか?ところでこんな妻の言い分を見たり聞いたりしたことはないだろうか?

夫と結婚生活を続けるのがもう嫌っ!!

このような言い訳を理由にある日突然、書置きを残し家を出る妻たちが多いのだ。夫が仕事から戻るも妻の姿はどこにもなく離婚届と書置きがテーブルの上に置かれていた・・・。

突然の事に開いた口も塞がらない状態に遭遇してしまうわけだが、そもそもこう言った行動に出る妻の心理とは何なのだろうか?

離婚をしたがる妻の心理とは?

夫側からすれば今まで普通に妻と接してきたわけだし、そりゃあ文句の一つ二つは言った事もあった。でも何もいきなり家を飛び出し離婚したいだなんて意味がわからんっ!!

過去の妻との夫婦生活においてどこをどう見渡しても本当に心当たりがない夫諸君も多いのが現状だ。

それもそのはず、実はこの「夫の事が嫌いっ!!」だけを理由に別居に踏み切る妻達は「本当の理由なんてない」のだ。自分でもわけがわからずただ純粋に夫の事が嫌いになり離婚したいが一心で夫の下を離れようとするのである。

別居に踏み切るに当たって実は自分の考えをもっていない妻たちが多い現状なのだ。

夫側に「あーだこーだ」と言う妻はまだ救いようがある。しかしただ単に「夫が嫌いっ!!」だんて言われても夫側としても手の打ちようがない。

だってそこには離婚したい本当の理由なんてないのだから。

このような妻に理由を言えと問い詰めても言う事は決まってこうだ。

  • 今まで私の事を理解せず何もしてくれなかった。
  • モラハラとも言える否定的な言動が多く精神的に耐えられなかった。
  • 家事や育児をほとんど手伝ってくれなかった。
  • 夜の生活がほとんどなかった。
  • 性格が合わない。

などなど・・・

これってどう思います?そう、これってほとんど離婚したがる妻たちに共通していることだと思いません?たしかに上に述べたような妻の言い分はあるかもしれない。

でも、これってどんな家庭でも起こりうることだし円満な夫婦生活を送っている夫婦達にとっては「はぁ?それぐらいであんた何言ってんの?」と思われる夫婦もいるだろう。

そうなんです!!

何かにつけ理由をこじつけ離婚を迫る妻たちの特徴は一言で言えば忍耐力もない、わがままなケースが多い現状にあるのです。

だから理由さえも明確にできないのだ!!

ただただ漠然とまるで小さな子供のように愚痴を言う・・・。これでは夫側も対処のしようがない。

さらには離婚を拒否すると今度は姑のいる実家にこもり姑を窓口とし夫の入り込む隙を与えない。しかし、実はこのようなケースの場合、妻に隠された「本当の理由」と言うものが存在したのだっ!!

スポンサーリンク

離婚を切り出し夫を批判する妻の裏側に隠れた衝撃の事実を知れ!!

夫との婚姻継続を断固として拒否し離婚に仕向けようとする妻たちには「本当の理由」があったのだ。

それは何か?

そう、浮気である!!

今の夫との生活にピリオドを打ち、別な男と新たな人生、新たな幸せを求め再スタートを切りたい一心で妻が夫に離婚を申し出るケースが多いのだ。

なんで急に離婚を切り出してきたのか・・・」こんな状況に追い込まれた夫諸君は妻が浮気しているケースも十分にあることを頭に入れておいてほしい。

確かに夫の事が嫌で嫌で本当に精神的に耐えられなくなり離婚を切り出す妻達もいるので全部とは言わないが少なくとも漠然と離婚を要求する妻達はこのようなケースも多いという事だ。

そしてもう一つ、このような妻の心理を後押しする原因。

それは姑の助言である。

ひょっとしたら妻は夫以外に別の男がいるなんて姑に言っていないかもしれない。でも毎日のように夫の文句を言い悩み続ける妻の姿を前に姑の「うちの娘に何するとかっ!!」と言った夫への怒りの感情が芽生え冷徹な鬼と化して行くのである。

自分の幸せのためなら家族である夫だろうが母だろうが利用する。自分が今、どんな状況にあるのかさえもわらないまま、幸せになれるであろう身勝手な自分の理想ばかりを追い求め現実から目を背ける妻たちの多いことよ。

このような妻たちと離婚を回避し復縁しようとしても焼け石に水、無駄なのがわかってもらえたのではないだろうか?

「理由もなしに別居に踏み切る妻たち」まとめ

夫の事をかたくなに拒否し、ただただ「嫌いっ!!」と言い続け別居し離婚を要求する妻たちの心理がわかってもらえたのではないだろうか?人の心は変化して行くもの。

結婚当初はあんなにも夫のことを愛し、子供が出来、幸せな家庭を築いていた過去も夢のような話だ。時間の経過と共に夫への関心は薄れいつしかその感情は「離婚したいっ!!」と言った欲求へ。

さらには自分を見失うと既婚者で夫・子供がいるにも関わらず別な男と関係をもってしまう最悪な状況への進展。はたしてこのような妻たちと本当に復縁する必要があるのか疑問である。

いや、そもそもそのような復縁しようと悩むことさえ時間の無駄である気がしてならない。確かにこのような状況でさえ「子供のための復縁」もあるかもしれない。でも10年後、20年後、自分自身が後悔しない生き方だけは選択してほしい。

自分も10年前に「子供のため」にがむしゃらに妻を説得し復縁した過去があるが10年経った今、妻も子供とも全く会話もなく食事さえも自分で作り何のために生きているのかさえわからなくなった自分のようにはならないでほしい。

どの選択肢を選ぶかは本人次第だが自分を偽ってまで全てを犠牲にしてまで苦労を背負う必要なんてどこにもなのだから。

スポンサーリンク

コメント一覧