不倫相手への慰謝料請求は裁判と調停どちらで解決した方が良いのか?

みなさんこんにちは~

今回は不倫問題において発生する相手に対しての慰謝料請求についてお伝えしたいと思います。

知らない間に妻が別な男性と不倫をしていた。その男性に対してどうにかして慰謝料請求をしたい!!

そんな方々にの参考になれれば幸いです。

また今回のケースは相手の男性に対して慰謝料請求をし離婚をしたい場合だけではなく今現在も妻が不倫をしていてその関係をやめさせたい場合にも適用できます。

妻を不倫相手と別れさせ、なおかつ浮気相手に対して慰謝料請求もして行きたいという方々もぜひ参考にしてもらえればと思います。

それでは不倫相手に対して慰謝料請求をする場合、裁判と調停どちらで解決すれば良いのかについて見て行きましょう。

不倫相手への慰謝料請求において裁判よりも調停で行うメリットとは?

不倫相手への慰謝料請求を行う場合、裁判よりも調停あるいは示談と言った話し合いによる解決がベストです。

その理由はなぜかと言えば答えは一つしかありません。

一番は金銭的な面からです!!

通常、不倫問題などは弁護士事務所を通して弁護士にお願いしてしまう形になるのですがこの場合、着手金だけで30万円くらいかかってしまうのです。

そしてもし相手に勝訴したとしても成果報酬を加算して支払う必要があります。となればせっかく裁判で勝ってもほとんどお金が残らないなんてこともありえるわけです。

ましてや裁判をしたからと言って自分の満足のいく結果が得られるとも限りません。

弁護士費用に裁判費用にと費用がかかった挙句、さらには裁判ともなると解決するまでに相当な時間や労力もかかるわけです。

そういった面から見れば「お金のために裁判するわけではない!」と言ったケース以外は出来れば示談、または調停で解決を図ったほうが費用も安くて済む点がメリットなんですよね。

調停は裁判ではなく調停員を間にはさんでの「話し合いの場」ですから判決が出るわけではありませんがお互いが合意すればそれで完結するわけです。

不倫問題解決にあたってかかる費用を最低限に抑えられることは示談や調停を利用する上での最大のメリットとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

無駄な労力や時間を裁判に費やすことはお互いにデメリットしかない

不倫相手がこちらの示談や調停の申し出に合意せず話し合いの場にすら乗ってこない場合は問題外ですので裁判しかありませんが大抵の場合は相手は悪い事をしていることを自覚していますので話し合いの場に応じることでしょう。

無理に裁判で白黒をつけるのも良いですが調停で解決できるのであればそれに越したことはありません。

先程もお伝えしましたが裁判はとにかく時間がかかる点もありますが何度も裁判所に足を運ぶとなると精神的ストレスも半端ではありません。

不倫をされた側もした側も早く解決するに越したことはないのですから。

一年以上も裁判を行った挙句、慰謝料すらまともにとれなかった・・・

なんて事もあり得るわけでそんなことになったら目も当てられません。

ましてや今どきの男性は貯金がないんですよ!!

例え裁判で勝ったとしてもお金のない人間からはお金が取れない危険性もあります。

まともな人間ならともかくそんなわけのわからない人間に対して裁判を起こし無駄な労力と時間を費やしたところで虚しくなるだけですから。

そういった意味でもやっぱりいきなり裁判をするよりもまずは話し合い、調停を行いお互いの合意で解決できれば費用的・労力的な面から見てもベストだと言う事を参考にしてもらえればと思います。

まとめ

不倫相手への慰謝料請求は「裁判で解決した方が良いのか?」それとも「調停を利用した話し合いの場で解決した方が良いのか?」どちらにメリットがあるのかについてのお話でした。

妻が不倫していた・・・なんて事実に直面したとき目の前が真っ暗になり相手への怒りも治まらない事でしょう。

しかしそんなときこそ冷静になり今の不倫問題を解決した後は「妻とまた元の夫婦に戻るのか?」それとも「離婚して新しい人生を歩むのか?」その方向性を位置づけてほしいと思います。

その上で落ち着いて不倫相手に対して慰謝料請求をどのような形で行っていくのかを決めるのがベストでしょう。

自暴自棄になり「とにかく裁判で白黒つけ自分の正当性を認めさせる」のも良いですが何のために裁判をするのかを考えた時、やはり慰謝料がとれなければ裁判なんてする意味がありませんよね?

自分の手元に最大限の慰謝料が残ってこそ自分の不安定な心を落ち着けてくれるものなのですから。

スポンサーリンク

コメント一覧