離婚調停の申し出を無視し欠席した場合どうなるのか?

みなさんこんにちは~アンラッキーマンです。

今回は別居中の夫が妻からの離婚調停の申し出を完全に無視し調停に行かなかった場合どうなるのかについてお伝えしたいと思います。

今の世の中、一方的な妻のわがままにより家出をしたにも関わらず、妻から離婚調停の申し出があるようなケースが非常に多く見られがちです。

もちろん夫は離婚などしたくありませんし、こんなわけのわからん離婚調停の申し出など受理できるわけがない。

そんな時、こう思うはずです。

な~にが離婚調停だ!!そんなもん行くかっ!!

それもそのはず、どーせ調停に出向いたところで妻のありもしない言いたい放題の主張が通れば離婚させられてしまう恐れがあるからです。

で、結論から言えばこの場合、離婚調停の申し出を無視し欠席するとどうなるのか?

その場合は調停不成立!!

つまりノーカウント!!

ノーカン!!ノーカン!!ノーカン!!

ちょっと不謹慎にも自分でも笑ってしまいましたが、これ本当に調停不成立で終わるみたいですw

そりゃそうですよね。

夫婦が揃わなければ調停も何もありませんからw

離婚調停の申し出を放置した場合の罰則とは?

別居中の妻と離婚したくないっ!!

頑なにそう思う夫達にとってこの離婚調停の申し出が来た日には不安で押し潰されしそうな感覚に陥ってしまうことでしょう。

しかし今からお伝えすることを覚えておけば幾分、気持ちが楽になると思います。

まず最初に離婚に至るまでの過程はモラハラ時の離婚を例に協議離婚➡調停離婚➡裁判離婚(審判)であることはお伝えしました。(※離婚の流れ参照➡モラハラを理由に離婚できるのか?

協議離婚にせよ調停離婚にせよ結局は話し合いの場でしかなく肝心な当事者が裁判所に出頭しなければ事が進まないのです。

もし、夫がこれを拒否した場合、もちろん裁判所は黙ってはいません。

裁判所も手続きを無駄にするわけには行きませんので夫側に出頭要請の通知を促したり連絡を試みたりするのです。

それにも関わらず夫が断固として無視し、調停を欠席し調停の出席に全く応じなかった場合・・・。

調停終了!!

もう一度いいます。

調停は不成立、つまり

ノーカウント!!

ノーカンです!!

これに妻側が怒り心頭になり、無理に進めようとすれば離婚するために訴訟を提起する場合があります(※訴訟提起)。

裁判所に離婚するための証拠を提出し裁判所の判断を待つわけです。

しかし結局は一方の主張だけでは正確性に欠けるためこの手続きを持ってしても即、離婚なんてことはないのです。

で、問題の調停欠席時の罰則なんですが。

家事調停の手続きにおいて調停に欠席した場合の制裁規定があるにはあるようです。

なんかごちゃごちゃ規定が書いてありましたがまとめるとこうです。

離婚調停における申立人(※今回の場合は妻)と相手方(夫)が家庭裁判所からの呼び出しに対して正当な理由なく欠席した場合、5万円以下の過料に処される。

以上のようになっています。

しかしここで夫が「ひえぇ~!!」なんて思う必要はありません。

それは例え裁判所からの離婚調停の申し出を無視し理由もなしに行かなかったとしても実際には過料に処されることはほとんどないからです。

要は裁判所もそこまで暇ではないでしょうし、「そもそも夫婦間の問題なのに夫婦で話し合いの場も持たずしてどうすんの?」って話ですよ。

自分から家を飛び出しておいて夫に何の連絡もなしにいきなり離婚調停だのどうかしてるとしか言いようがありません。

あなたた達は本当に夫婦なんですか?」と聞きたいですね。

例えどんな理由があれ、最後の最後ぐらい裁判所など通さず夫婦で話し合いの場を設けてほしいものです。

結局は自分のわがままを押し通したいだけ。

本気で離婚したいなら夫婦間でよく話し合い、それでも駄目ならお互いの両親を交えて話し合い結論を出すべきでしょう。

法の力を借りてまで無理にでも離婚を成立させるその裏側には夫には言えない事実(※好きな男ができた。ただ単に夫が嫌いになり家庭を放棄したい等)が隠されているかもしれないのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては以下の通りです。

  • 離婚調停の申し出を無視し、調停に行かなかった場合は調停不成立、つまりノーカウント!!
  • そこで調停は終了!!
  • また、離婚調停の申し出を無視した場合、罰則規定はあるものの実際には過料など罪に問われることはない。

結局、離婚調停の申し出に応じるかは申し出を受けた側がどう判断し行動するかでその後の展開は大きく変わるのです。

妻の到底、理解不可能な一方的な調停申し込みに応じ出廷したところで傷口を広げるだけでしょうし、ありもしない事を延々と言われ言いくるめられる可能性だってあるのです。

だったら無視!!

調停不成立(※ノーカウント)!!

を選択する夫が出てくるのも当たり前でしょう。

別居するにせよ、離婚するにせよ、戸籍上の夫婦である以上は夫婦としてお互い節度をもった行動を心がけ実行してもらいたいものですね。

スポンサーリンク

コメント一覧