妻が離婚を思いとどまるよう説得し納得させる言葉を考えてみよう

みなさんこんにちは~

相変わらずの家庭内別居、妻と子供と同居しているだけのアンラッキーマンです。

ほんともういい加減、こんな生活にも嫌気がさして来た自分がいます。

おっと・・・泣き言はここまで。

今回は是非ともみなさんにも一緒になって考えてほしいことがあります。

それは「妻が離婚を思いとどまるよう説得し納得させる言葉」についてです。

そんな魔法みたいな言葉があるわけないだろ・・・

確かにそう思われる方々がほとんどでしょう。現に私もそうですから。

でも、だからこそこんな当たり前の誰もが考えないような無謀なことをみなさんも一緒に考えてほしいのです。

ひょっとすると離婚を思いとどまらせることはできないまでも復縁に向けて何か小さなきっかけを生み出してくれるかもしれません。

ただでさえ人を説得させることは容易ではなく、ましてや一度離婚を決意した妻の心を説得し納得させるなんてことは困難極まりないことかもしれませんがどうぞお付き合いください~

妻を説得し納得させ離婚を思いとどまらせるにはどんな言葉をかければ良いのか?

まず初めに離婚を決意した妻に対して気を付けなければならないことと言えば上から抑え込むように説得しようとすることでしょう。

自分の自論を精一杯、妻に伝えたいがためにがむしゃらに言葉を羅列したりはしていないでしょうか?

そ・そんな、こと言うわけないだろ・・・

別居中のほとんどの夫達はこう言うはずです。

しかし、実際にはどうでしょう?

  • 自分が悪かった・・だから戻ってきてほしい!
  • これからは心を入れ替えるから許してほしい!
  • 確かに妻の言いたいことはわかる・・・でも妻だって!

こんな言葉を並べてはいないでしょうか?

これらの言葉に共通することは全てが妻に対して説得を試みようとしていることです!

ただでさえ夫に反発している妻に対して正反対のことをお願いする言葉の数々・・・

これではとてもじゃありませんがそんな言葉に納得できるわけがないしましてやそんなことで離婚を思いとどまらせることなんて土台、無理な話なのです。

となれば妻にかける言葉と言えば必然的に妻の気持ちをわかってあげる言葉で伝えることではないでしょうか?

自分の荒っぽい口調や素っ気ない態度、あれだけ妻が言葉や態度で訴えかけていたことに気づいてあげられなかった情けない自分・・・

それが今となってはあの時の場面が何度も頭の中で思い出されます。

こう伝えて見ればどうでしょうか?

そうです!言葉って気持ちの表れですので何も相手に同意を求める際にこちらから強くお願いする必要なんてどこにもないのです!

こうすることで少しは妻側も冷静に話を聞いてくれることだろうと思います。

知らず知らずの内に少しずつ相手の気持ちを理解してあげるような言葉で伝え、納得させ、強いてはそれが説得へと繋がるものではないでしょうか?

スポンサーリンク

妻が離婚したがる気持ちを思いとどまらせるためには別居期間なんて気にするな!

よく夫婦間の関係が崩壊し別居生活がスタートすると多くの夫達が気にすることと言えばこれでしょう。

いつまで別居生活を続けなければならないのか?

こんな悩みをどうしても抱えてしまうものです。

先の見えない別居生活、下手をすれば離婚になってしまうかもしれない不安にどうしても別居期間と言った答えを求めるものです。

しかしここで一つだけそんな悩みを抱える夫の方々にお伝えしたいことがあります。

それは別居期間なんて人それぞれだと言う事です!

3か月で復縁できる人もいれば半年、一年かかる人だっている。ましてや私のようにどうしようもない諦めの悪い人間は1年8か月もかかる人間だっていると言う事です。

これって誰が決めるのかと言えばそれぞれの別居中における夫婦のやりとりが全てではないでしょうか?

先ほどお伝えしましたように妻に対して無理に説得し納得を求めるのではなく、妻からごく自然と心から許しを得ることができる状態になったとき、そのとき初めて別居期間も終了するものです。

確かに結果的に離婚になってしまった場合はそこで別居期間も強制終了となってしまうかもしれませんがそんな先の事を今、心配しても何の解決にもなりません。

そんな心配って結局は「自分のことを心配している」だけであって、肝心な「妻の気持ちを心配してあげる」ことには結び付かないのです。

言葉って「目とハート」で訴えてこそではないでしょうか?

どんな言葉を投げかけたところでそこに妻の心を動かすだけの気持ちがこもっていなければ何の意味もないのです。

妻が離婚したがる気持ちを少しでも和らげ、気持ちを以前のような夫婦で仲良く会話をしていたあの頃に近づけてこそです。

お互い好きで一緒になったもの同士、月日は経ち気持ちは変われど当時の自分の姿を思い出しながら妻に接してほしいものです。

さいごに

別居中って早く復縁したがり結果を求めるばかりに自分では気付かない知らず知らずの内に無理に妻を説得し納得させる言葉をかけているものです。

言葉は口にすることは簡単なことです。

しかしそこに妻の気持ちを少しでも動かすだけの「妻のことをわかってあげられる夫の心」がなければ口先だけの言葉として捉えられてしまことでしょう。

妻の離婚を思いとどまらせることは確かに気の遠くなるような道のりかもしれません。

でもそこに別居期間を気にし近道できるような道を探したところで見つかるものではないのです。

千里の道も一歩から!

あなたはどこまで別居と言う道のりを足を止めず歩き続けることが出来るでしょうか?

何か月、何年かかろうともやがてはゴールが来るのです。

そんなゴールの結末は別居期間においていかに妻に対して自分が納得できるだけの行動を起こせてきたのかが直結してくるものではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメント一覧