別居された夫達はなぜ妻とよりを戻したいと願う気持ちになるのか?

みなさんこんにちは~

今回は別居されてしまった夫の方々にぜひとも考えて頂きたい内容となっています。

別居と言っても夫側に原因があったり、妻側に原因があったりと色んな原因があるものです。

しかし、いずれの場合にせよ突然の妻の家出を伴う別居においては夫達に共通して言える事があります。

それは何かといえば・・・

妻に家出をされ別居されてしまった夫達は決まって妻とよりを戻したいと願うようになることです!

妻よ~戻ってきてほしい~

はやく元通りの夫婦生活を送りたい・・・

そんな夫達の「妻とよりを戻したい!」と願う悲痛な心の叫びがあるものです。

夫婦生活を送っていた時は妻の存在なんて気にもかけずやさしい言葉の一つもかけてあげられなかったのに・・・

妻の一方的な別居で初めの内は離婚も覚悟し怒り心頭だったのに・・・

それでも最後には多くの夫達は妻と「別れる」と言う選択肢を拒むようになるのです。

はたしてこの妻に対する「妻を手放したくない!」と願う気持ちはどこから湧いて来るのでしょうか?

別居された夫達が妻とよりを戻したがる本当の理由とは?

別居状態の妻と夫がよりを戻したがる理由って何なのでしょうか?

この質問に別居中の夫達は口を揃えてこう言う事でしょう。

  • 妻と別れたくないから
  • 離婚すると子供の成長に悪いから
  • これから先も夫婦でいた方がいいから

はたしてそうでしょうか?

妻とよりを戻したがる理由は本当にこれらの理由から来ているのでしょうか?

違いますよね?嘘ですよね?

私が代弁してあげましょう。

あなたが妻とよりを戻したがる理由は妻を失いたくないからです!

今、離婚を目の前に妻と別れる事になるかもしれない寂しさに耐えきれないからです!

「別れたくない!」なんて言葉は何の理由にもなりません。

そんなあやふやな言葉の表現に離婚を決意し家を飛び出した妻の気持ちがなびくわけがないのです。

何が子供の成長のためですか!

何がこれからも一緒にいた方がいいですか!

言葉を濁すな!恥ずかしがっている場合ですか!」と声を大にして言いたいです。

妻とよりを戻したい理由は「今でも妻を愛しているから」とどうして言えないのでしょうか?

それを別居中の一人でいる事の寂しさや妻が見向きもしてくれない事への虚しさに置き換えているだけなのです。

スポンサーリンク

過去の妻への接し方はどうだったのか?そこに妻と寄りを戻すための答えがある!

人は誰しもが過ちを繰り返すものです。

妻の事を本心では「愛している!好きだ!」と思っていてもそんな気持ちとは裏腹に妻から見れば「もう私の事など何とも思っていないのかな?」と思わせるような態度をとり続けて来たはずです。

だからこそ別居されてしまった今があるのです。

別居された今となり初めてそんな自分の過ちに気付き、妻や子供と楽しいひとときを過ごした写真を眺めては涙していることでしょう。

失ってから気付く大切なものがある」なんて言うことわざがありますがまさに夫婦関係においてその言葉が痛いほどわかるものです。

では「妻とよりを戻すのはもう遅いのか?」と言えば諦めるのはまだまだ早く、そんな夫が妻に対してしてあげられることがあるはずです。

そう、もう一度、もう一度だけ結婚前に妻にプロポーズをしたあの純粋な頃の気持ちでアプローチすることです。

今さらそんなこと言われても・・・

そう思うようであればそれまでです。いずれは離婚届けに印鑑を押す日が来ることでしょう。

妻とよりを戻せるかどうかは誰にもわかりません。

しかし一つだけ言えることは今の別居状態の妻の気持ちを変える事が出来なければ例え復縁したとしても待っているのは「何一つ満たされる事のない夫婦生活だけ」なのです。

今までの夫の妻に対する接し方がまずかった。妻からよほど嫌われるようなことを平気でしてきた現実に気付いてほしいと思います。

もしそんな気持ちにいち早く気付き、上部だけの口先だけではない夫の妻に対する熱いハートで表現出来ればよりを戻せる可能性も大いにあります。

恥ずかしがっている場合などではありません。

今、まさに妻が夫の目の前からいなくなろうとしている現実に「自分に何が出来るのか?」さえ思い浮かばないようでは離婚は避けられないことでしょう。

当たって砕けろ精神で妻の凝り固まった冷たい心を打ち破ってこそ夫です。

妻とよりを戻すために自分の全てを投げ打ってでも勝負に出る時は今しかないのですから。

さいごに

妻に別居され一人、孤独の中に身を置かれる状況に追い込まれてしまうケースは珍しいものではありません。

今や、離婚は当たり前の時代ですので何気ない夫婦生活を続けていたつもりでも誰しもがこんな不幸な目に遭遇する可能性だってあるのです。

しかしそんな時こそ「夫婦としての絆」が試される時ではないでしょうか?

今まで耐えに耐え、夫に対して自分の言いたいことも言えずやがては限界を迎え別居してしまった妻。

妻は夫に対して何を思い、何を欲していたのか?

そんな妻の気持ちをくみ取り、行動に移すことに遅い事などないのではないでしょうか?

今まで散々、妻を放置し続けて来た夫の皆さん!

もうこれ以上、妻を見放すのはやめましょう。

別居状態だからって何もしないでいれば本当に終わりが来ます。

妻に対して自分に出来ることの全てを実行に移して行けるのは今しかないのです。

スポンサーリンク

コメント一覧