理不尽な離婚要求をする不倫妻とやり直すにはどうすれば良いのか?

みなさんこんにちは~。

今回は自ら不倫しておきながらも夫に離婚を要求してくる妻とやり直すにはどうすれば良いのかについてみなさんと一緒に考えて見たいと思います。

はぁ?不倫妻!?そんなもん速攻で離婚だわ!!

世間一般的には上のおじさんのように離婚もやむを得ないと言ったところでしょう。

しかし・・・

世の中にはそれでもなお、「もう一度妻とやり直したい!結婚生活を続けたい!!」と思う夫の方々も多いのです。

そんなことがあるものなのか!?

それがあるんですよっ!!

こればっかりは実際に妻から離婚を切り出された夫にしかわからないものなのかもしれません。

どんな妻であれ、妻は妻。

小さなお子さんを抱えた家族であればなおさらです。

挙句の果てには「妻に関わってあげられなかった自分(夫)が悪かった!!自分さえ我慢すれば妻は戻ってきてくれるはず・・・」なんてことを考えるようになるのです。

一見すると不倫した妻を夫が許すなんて理不尽極まりないと言ったところですが実はこの局面、妻とよりを戻し復縁することは非常に困難極める現実が待ち受けているのです。

妻が不倫をした最大の理由、それは夫が妻の不満を受け入れるだけの実力がないから

私は不倫するような妻をかばうつもりはさらさらありません。

やはり不倫は離婚裁判でも一発で離婚が判決されるほど許されるべき行為ではないのです。

しかし、全ての妻がよその男に気持ちが行き不倫するわけではありません。

そこには「不倫をするにあたっての理由」が存在するのです。

それが頼りない夫の存在です!!

要は今の夫よりも他の男性の方が魅力があり、それは妻の抱える大きな不満を解決してくれるだけのやさしさがあるからなのです。

まぁ実際には夫婦生活でぽっかり空いた妻の心の隙間を突いてくるのでコロッと寝返ってしまうわけですが・・・

そんな妻の抱える不満の数々の中で最も大きな理由と言えば以下のような例が挙げられます。

  • 子供が病気をしていた際に仕事を重視し家庭を顧みない
  • 金銭面における生活設計に不安を生む夫の経済力のなさ
  • とにかく夫が頼りない、何のために一緒にいるのか意味がわからない
  • 妻の容姿をけなす

さぁどうでしょう?

もし、これらに該当する経験のある夫の方々は要注意です。

これらの問題には妻は非常に過敏でいつまでも根深く不満や怒りを買うものです。

こんな夫のせいで!こんな夫のために不倫せざるを得なかった・・・

これが多くの不倫をしてしまう妻達の最大の理由です。

とにかく夫が頼りない、妻の不満をくみ取る実力がない・・・となれば不倫し離婚されてもしょうがないのです。

妻にとって小さな子供を付きっきりで24時間世話するだけでもかなりの労力とストレスがたまる傾向にあるのです。

家庭よりも仕事や自分のことを優先する夫なんて一緒にいても意味がないとは思いませんか?

スポンサーリンク

未来志向による妻への謝罪?過去の過ちも償えない夫との復縁など絶対にない!!

もう妻が不倫をしたことは目をつぶろう。

妻は不倫をしてしまったけど、自分が我慢すれば許してもらえるだろう・・・。

こんなことを考え、妻を許し復縁しようと試みる夫。

たしかに外部の人間から見れば「例え不倫しても夫が許してあげればうまくやっていけるんじゃないの?」と思うことでしょう。

とんでもないっ!!

例え不倫して妻側に非があろうとも妻はそんな夫と絶対によりを戻すことなどないのです。

だいたいこの手の夫達が復縁する際に言う決めセリフは決まっています。

  • これからも子供達のために一緒にいてほしい。
  • これからは今までの自分を変え真剣に向き合うから。

妻との生活をやり直すためこれからは・・・今度は・・・今までとは違って・・・。

何を言ってるんですかね?

なぜ未来志向で話を進めるのでしょうか?

今、現実問題として妻が抱えている復縁できない最大の理由は「過去の夫に対する不満であり怒り」なのです。

将来がどうのこうのなんてどうでも良いのです。

妻が不倫に走った原因は少なからず夫に起因しているものであり、その原因を解決しようとしない、ましてや謝罪の中にそんな言葉も出てこない。

要は復縁にあたっての話の持って行き方が下手なのです!!

こんなことを半年も一年も繰り返していてはやがては離婚するしかありません。

だって妻はそんな理解力のない夫と復縁するメリットなんてなにもないわけですから。

「妻とやり直すにはどうすれば良いのか?」を考えるにあたってそもそものスタート地点がずれているのです。

復縁するためのノウハウなんか存在しません。

とにかく夫を嫌いになった妻にもう一度、好きになってもらうしかないのです。

妻とやり直すためには「妻の嫌いなところからスタートしていかにして好きになってもらえるか?」に全てがかかっています。

不倫をした妻に謝罪するなんて理不尽極まりないことかもしれません。

しかし、妻と離婚したくないのなら、子供達のためにまた家族一緒に生活をやり直したいと思うのなら、過去の妻への過ちにいち早く気付き少しでも不満を取り除いてあげるしかないのです。

つらいですね~でも、一人で生きる覚悟が持てない以上、不倫した妻と言えどこうするしかないのではないでしょうか?

まとめ

不倫をする妻は最低です。

でも、そんな妻にしてしまった夫はもっと最低です。

何のために結婚したのか?そして夫の存在とはどうあるべきか?」を妻の心に響くものがなければ夫婦として一緒にいるだけ無駄なのです。

不倫をした妻に謝罪するなんて理不尽に思うことでしょう。

しかし「不倫した妻とやり直すにはどうすれば良いのか?」と言った問題に妻が不倫をしたことは重要視すべきことではないのです。

不倫をした妻を許し、また生活を共にしたいのであれば妻が夫へ抱く不満を解消しようとする姿を表現するしかありません。

妻が不倫をしてしまったことは残念なことですがもう一度、新しい人生を切り開くにはそれぐらいの覚悟が必要なのですから。

スポンサーリンク

コメント一覧