別居中の妻の言葉に隠された復縁への伏線を見逃すな!

みなさんこんにちは〜

今回は別居中の夫が妻と復縁するための大きな鍵となる「妻の言葉」、その真相に探っていきたいと思います。

別居中においてほとんどの夫の方々が直面すると言っても過言ではない「どうして妻が家を飛び出したのか?その根本となる理由は一体何なのか?」これを解決してこそです。

考えても考えてもわからないその答えは実は案外、妻側から伝えられていることが多いのです。

それが別居中における妻との会話の中に隠された言葉です。

ここに別居解決への伏線が隠されています。

妻との会話の中にこそ別居解決への答えが含まれていることを絶対に見逃してはならないのです。

冷静になって妻の話に耳を傾ける事で復縁するための答えは見えて来る

別居中って間違いなく夫は錯乱状態にあると思うんです。

そしてそんな錯乱状態でさえ自分では普段の自分となんら変わりがない状態にあると思っているものです。

しかし冷静になって考えてみるとほとんどの夫の方々は妻の言わんとすることをスルーし間違った自分なりの解釈で妻の心を傷つけていることに気づきもしないのです。

大体、別居というものは妻が家を出てから夫に対して何かしらの言葉を投げかけているはずです。

その言葉の中にはよく耳を傾けてみると別居に至った原因そのものが如実に表れていることが多く「夫が子供に構ってくれない!生活費が少ない!親と同居するのが嫌だ!」などそこに答えは隠されているのです。

それにもかかわらずその現実から目を背け今の環境が変わることに恐れ行動に移すことができない夫。

妻側がせっかく別居に至った答えを提示してくれているのにその事さえ実行できなければ離婚は免れないことでしょう。

スポンサーリンク

今の自分を犠牲にし変える事こそ妻の期待に応えられる

夫が妻の言い分を聞き入れ復縁するためには必ず犠牲はつきものです。それは自分を変えるということです。

どんな形であれ今の夫の姿に妻は絶望し愛想を尽かし家を飛び出したことは間違いないのです。

そして下手をすればもう離婚の一歩手前まで来ている状態にあり、夫の対応が間に合わなければ取り返しのつかない状態にまで来ているのです。

この状態を180度変えるには妻の言い分を聞き入れるしかありません。しかしそのほとんどの場合、夫に対して過酷な条件を提示し期待していることが多いのです。

もっと給料のいい仕事に代わってほしい!親の言いなりになるのはやめてほしい!もっともっと率先して家事や育児を手伝ってほしい!」など少なからず今の環境に満足している夫は苦渋の選択を迫られることとなるでしょう。

しかしよく考えてください。妻というものは一人しかいません。

生きて行く上で仕事やその他の事はほとんどの場合、何度でも立ち直る事が出来るでしょう。

しかし離婚してしまえばそれまでなのです。

要するに夫にとって妻に勝るものなどこの世には存在しないのです!!

全てを犠牲にしてでも復縁するために妻の言い分を聞き入れ今の環境を変える。

それほどまでの犠牲を払ってでも復縁する価値というものは大いにあるのです。

ここで躊躇し行動に移せないようであればそこで全てが終わると言っても過言ではありません。

変えましょう自分を!

そして過去の自分を省みて全てを犠牲にしてでも妻のために尽くしましょう!

そんな夫の姿が妻に伝われば必ずや復縁できる日は近いのですから。

まとめ

別居した妻との会話の中には必ずや復縁するための答えは隠されているものです。

その答えが何であるのか一早く夫が見つけることこそ復縁への伏線となるのです。

妻が夫に対して不平や不満を漏らす、また夫に対して「こうあってほしい!」と言った改善案を述べる。

実はそれこそが復縁するためのすべての答えなのです。

その事に目をつぶり今の環境に満足し自分を変える勇気が持てないのであれば再び妻の心を取り戻し改心させ迎え入れることは絶対にできない事でしょう。

自分を変える勇気を持ってこそ復縁は成就するもの。

そこには犠牲がつきものなのですから。

スポンサーリンク

コメント一覧