ヒステリック妻の顔の表情を観察することで衝撃の事実が発覚する!?

みなさんこんにちは~

今回は「ヒステリック妻」を抱え悩み続ける夫達に向けてのお話です。

なぜか知らないけど妻が異様なまでに自分に攻撃的なんです・・・

そんな悩みを抱える夫の方々はいませんか?

自分の妻はヒステリック妻じゃないだろうか・・・

薄々はそう思っていても心のどこかで認めたくない一面もあることでしょう。

しかし、毎日のように妻から小言や不満、文句を言われ続け精神的に参ってしまい、やがては限界が来るものです。

病院に行けばわかることだろうけど妻に対して冗談にも「病院にでも行って診察してもらったら?」なんて言おうものならそれこそ鬼のような形相になることは目に見えて明らかです。

そこで今回、夫に対してヒステリーを起こす妻達の特徴はどこで判別できるのか?

そこから見える衝撃の事実をお伝えします。

ヒステリック妻の特徴として浮き彫りになるものが顔の表情変化だ!

そもそもヒステリック妻とは何を意味するのか知らない方々のために簡単にご説明します。

ヒステリック妻なんて呼ばれ始めたのはここ最近の話であり、「ヒステリーを起こす妻」のことを指して言います。

そもそもヒステリーとは何なのかと言えば以下の通りです。

ヒステリーと呼ばれる言葉は現代社会において感情の抑制が効かず不機嫌になったり怒ったりする姿に対して使われる。

ここで問題となるのがヒステリック妻かどうかをどう判別するのか?

ここが重要なポイントになってきます。

ではどうやって判別するのかと言えば最も簡単なのが・・・

妻の顔の表情を観察することです!

ヒステリーを起こす妻にとって隠しても隠しきれないものが顔の表情変化なのです。

日頃から夫に対して凄まじい勢いで「ギャーギャー」と言葉を浴びせたりする妻の顔を想像してみてください。

あの苦虫を嚙み潰したような恐ろしいまでの表情を!

人間って普通は脳でキャッチした不平や不満が言葉に出る前に「相手に言って良いものかどうか?」の判別思考が入りますよね?

これがヒステリーを起こす妻の場合は我慢できずダイレクトに言葉に出ます。

そして「その言葉を発する瞬間に変化を来たすのが顔の表情変化」と言うわけです。

ヒステリック妻が夫を怒り散らす際の顔の表情の変化はどんなに隠そうとしてもよ~く観察することで浮き彫りになるものなのです。

スポンサーリンク

ヒステリック妻から言葉以上の精神的ダメージを受け続ける夫の屈辱

ヒステリーを起こす妻は現代社会においては何も珍しい事ではありません。

世の多くの夫婦間において見られそのことが原因で夫は離婚を迫られることだってあるのです。

新婚当初はあんなにも笑顔を絶やさなかった妻・・・

それが結婚し日が経つごとに小言を言い始め、しまいには暴言を吐くようになってしまう。

そして夫はようやくヒステリック妻の存在に気付くのです。

妻の小言も単発的なものであれば夫も我慢できるでしょうが毎日のように言われたら・・・それこそ精神的ダメージ、屈辱は計り知れないものとなることでしょう。

妻の鬼のような形相から発せられる言葉、そして顔の表情は夫に対し言葉以上のダメージを与え続けるのです。

これに耐え続けてこそ夫婦だ!」なんて昭和的な思考に惑わされるとそれこそ取り返しのつかない事態になり兼ねません。

だからこそヒステリック妻を抱える夫達は妻に愛想をつかし諦め、離婚する方々が多いのでしょう。

目は口程に物を言う」と言うことわざがあります。

毎日毎日、ちょっとしたことで何かにつけ妻に小言を言われ続ける夫は残念ですが「妻を諦め新しい人生を歩むのか?」それとも「そんなヒステリック妻に我慢するのか?」の2つの選択肢しか残されていないわけです。

ヒステリーを起こす妻の心を改心させ幸せな夫婦生活を送りたい・・・

そんなものははかない夢でしかないのかもしれませんね。

ヒステリーを起こす妻もそれを受ける夫も悪いわけではない!

最後に一言だけお伝えして終わりにさせて頂きたいと思います。

それはヒステリーを起こす妻、またそんな妻の言動に耐え続ける夫。

このどちらもが悪いわけではないと言うことです!

冒頭にもお伝えしましたようにこのヒステリーを起こすメカニズムは一種の心の病なのです。

誰も責めることは出来ませんし自分自身を責めることもできません。

結婚して数年が経ち、このような夫婦関係を迎えたとしてもそれはそれでしょうがないことなのです。

妻を責めずそして自分を責めず!

ヒステリーは誰もが抱える恐れのものであり、そして誰にでも起こり得る病気なのですから。

スポンサーリンク

コメント一覧