別居中の夫が離婚を拒否し続け見事に復縁した10年後の哀れな姿

みなさんこんにちは。タイトルを見て「これ誰のことや?」と気になった方々もいるでしょう。そう、これこそわたくし本人です。

私は今からちょうど10年前に1年8か月もの間、妻と別居していました。今まさにこのブログを見ている妻に子供を連れて実家に帰られてしまった夫の方々と同じ状況でした。

私もみなさんと同じようにどうにか妻とより戻そうとあの手この手で策を練り離婚を覚悟の上で自分に出来る精一杯の対応で妻に尽くしてきました。その甲斐あってか長い長い別居生活に終止符を打ち見事復縁できたのです。

よく別居した夫が妻を説得してハッピーエンドを迎える話を聞きますが、ではその後どうなったのかはあまり耳にしませんよね?

一度は夫に離婚という見切りを付けた妻。長期間別居していた夫婦がまた一つ屋根の下に戻ったところで本当にうまくいのでしょうか?

今回は私の別居から見事復縁し現在に至るその後の10年間、どのような生活を送って来たのかを嘘偽りなくお話したいと思います。

復縁しても妻が駄目人間であれば後悔の念しか残らない10年目の現実

それではお話しましょう。このお話を聞いて別居中の夫の方々はどう思うのか読みながら今の自分に当てはめて考えてもらいたいと思います。

私は別居生活1年8か月の中で毎日を苦汁を飲みながら生活してきました。離婚したくない一心でどうにか妻の心を改心させようと昼間は正社員の仕事、そして夜はアルバイトをし家事も掃除も洗濯も何一つしない別居中の妻に毎月、毎月25万円ものお金を生活費として渡し続けてきました。

その甲斐あってかどうにか妻とよりを戻し復縁に成功!!それからは妻を刺激しないように妻の顔色を伺いながら生活を共にしてきました。

復縁後はじめの内は妻もごく普通に接してくれましたので妻と子供の顔を見ながら「もう絶対に家庭を棒に振るようなことはしない!!」と自分の中で何度も決意をあらわにしたのを覚えています。

しかし・・・

こんなことを言うのもなんですがやはり駄目な妻は駄目だったのです!!こちらに戻って来てからはじめの内は食事も作り掃除もしていましたが日が経つにつれそれも疎かに・・・。朝は起きてこない、ご飯は作らない、洗濯は週末にまとめてやる始末・・・。

私は腹の中で「何だこいつはっ!!飯ぐらい作れっ!!」と憤りを感じていましたがここで文句の一つでも言おうものなら今度こそ実家の姑が出てきて離婚を突き付けられるのは目に見えていたので何も言えなかった。

そんな日を何日我慢したことでしょうか・・・。気が付けばもう復縁後10年目を迎え今に至ります。

そして10年目の現在の近況は・・・。妻はほとんど私を無視、大きくなった中学生の息子とも全く会話はありません。

私が息子に話しかけようものなら「こんな人間は相手にするなっ!!」の一点張り。いつしか息子もその言葉を真に受け私が近づこうものなら大声をあげ、その声を聞いた妻が走ってきては私に蹴りを入れる始末。

そりゃあ体力的には私は男ですから妻と力比べしても比較になりませんが私が妻の脚を払いのけようとしただけで「DVだ!!あんた今の自分が離婚される状況をわかってんの!!」と怒鳴り散らしてきます。

私は過去の妻が家を飛び出しつらい毎日を送った記憶を思い出してはこのような仕打ちに耐えている毎日です。いいですか?

これが夢にまで見た復縁後、10年目の私の現在の全てです!!

こんな生活を送るためにあんなにも孤独に耐え、妻の気持ちを改心させ復縁したのに・・・。今となっては「あの時、離婚していた方が良かったかも・・・」とまで思う始末。

何が言いたいのかと言うと結局、駄目な妻を呼び戻したところで駄目なものは駄目なのです。今、別居に苦しんでいる夫の方々、あなたの奥さんが家出をした理由は本当にあなたが悪かったのですか?

もしそうじゃないとしたら・・・

待っているのは私のような復縁後、10年目の哀れな自分の姿かもしれませんよ。

スポンサーリンク

別居中の妻と本当に復縁する価値があるのかもう一度冷静に考えよう

なんか復縁を目指すブログなのに真逆のことを言うのもなんですが。もしあなたの妻が私の妻のように堕落した人間であれば復縁する価値などないのです。

正直なところ妻は別居中は実家の両親の下、子供の世話を手伝ってもらい母親の作った暖かいご飯を食べ、そして黙っていても私から毎月25万円ものお金が渡され続けただけの毎日だったような気がします。

一時の感情で家を飛び出し確かに私の方にも落ち度があったことでしょう。でも家事や身の回りのことを疎かにする女性はこの程度のレベルの人間なのです。

別居生活終盤にあたり妻の実家を訪れたときも妻は朝に関わらず寝ていましたし、姑が「これでようやくゆっくりできる。 早く連れて帰りなさい」と言われたこともありました。

今思えば姑も娘と言えど大の大人と子供の世話をするのに疲れたのでしょう。それぐらい妻は親に甘え、わがままを貫き通す人間なのです。

もし今、別居している妻が私の妻のように復縁しても何かと問題がありそう。そして自分の中でそのことが気になっているのであれば・・・

本当に復縁する価値はあるのでしょうか?」と聞きたいです。

今は一時の感情で妻と子供を何とかして家に呼び戻したいことでしょう。しかし肝心なのは復縁した後の事も想定しておくことです。

人生はあっと言う間に過ぎ去ります。あの当時、私は33歳でした。

もしあの時、潔く妻と離婚し今の10年後を迎えていたとしたらどちらが幸せだったでしょうか?

ひょっとしたら離婚後、新しい出会いがあったかもしれませんし、一人で生きる事に覚悟を決め開き直った明るい人生を送っていたのかもしれません。でも、こればかりはなってみない事にはわからないのです。

もしあなたが今の妻に本当に満足しておらず、ただ単に妻と子供が家出をした衝動に駆られ自分を見失っているのであれば復縁後、どういった家庭を築いていくのか?

それとも見切りをつけ新たな人生を歩んでいくのかを一度、考えてみてほしいのです。私は決断する勇気もなく世間体、そして家族の崩壊を恐れ今に至っています。おそらくこれからもこの状態は続いて行く事でしょう。

復縁も離婚も自分の覚悟があってこそ決断できるものです。妻側の言いなりでわけのわからないまま離婚に至ってしまい後悔することがないよう10年、20年後の自分の姿を想いながら行動していけば良いのではないでしょうか?

復縁後10年目の哀れな自分の姿まとめ

別居状態の夫は妻と子供に家を出られ毎日がつらく先の事など考える余裕もないことでしょう。でも今だからこそ考え自分を見つめなおす必要があるのです。

あなたが駄目な人間だったのか?」それとも「妻の一方的なわがまま」が原因で今の別居状態に至っているのか・・・。こればかりは自分で決断し後の行動を起こしていくしかないのです。

流されるまま妻の言いなりに事が進むとその内、私のように自分の人生が取り返しのつかない状況に追い込まれるかもしれません。

妻からも子供からも無視され毎月、毎月、生活費を渡し続け自分には何も残らない。そして老後を迎え離婚されたらどうなるのでしょうか?

復縁後、10年目の哀れな私のような姿になりたくなければ今こそ腰を据えて考える時なのです。泣いている暇なんてありませんよ。

復縁したいなら駄目もとでも復縁に向けた行動を!!」、ここできっぱり踏ん切りを付けたければ「夫婦生活に終止符を打つべき!!」なのです。

どう転ぶかわからない未来。でも先の未来は自分の意志で決めてこそです!!

それが人が生きる(※人生)ことなのでしょうね。

スポンサーリンク

コメント一覧