離婚したくないなら復縁することを絶対に諦めるな!生きることを諦めるな!

みなさんこんにちは~

今回は別居中の夫の方々に向けたメッセージを贈らせてもらいます。

妻との別居に大いに悩み、そしてもがき苦しむ毎日を送り続けている夫のみなさん!

この記事を訪れたと言う事はあなた方の考えていることは次に示す一つでしょう。

妻と離婚はしたくないけど復縁も絶望的だし離婚するしかないのかなぁ・・・

どうです?違いますか?

やがては訪れるであろう離婚、そして復縁することを諦めたあなた方に私から一言だけ言わせてもらいます。

それは「復縁することを絶対に諦めるな!」と言う事です。

そして付け加えるならばこうも言わせて頂きたい。

生きることを諦めるな!」と。

離婚に怯え、復縁することを諦めることなど絶対にあってはならないのです。

そこで諦めてしまったら・・・

それは、今を生きることさえも諦めてしまっていることと同じなのです。

復縁を諦めることが出来なければ往生際の悪い人間であってこそ!

夫婦間の別居、そして離婚問題は例えるなら磁石の関係のようなものです。

夫として妻としての意見が食い違うとお互いが反発し合い、意見が合致することで引き合うもの。

ちまたによく言われる「性格の不一致」なんかがいい例で夫婦どちらかが意地を張り続けることで磁石の同極のようにいつまでも拒み続けようとします。

この状態になると夫婦間の修復は極めて困難な状態になることは言うまでもありません。

では、この関係を「別居状態における復縁」に例えて見るとどうでしょうか?

猛烈に離婚したがる妻に対して、猛烈に復縁を望む夫。この関係を維持できている間はそう易々と離婚になることはありませんよね?

でも、もしここで夫が復縁を諦めてしまったら・・・

その時から夫の磁力は弱まり、やがては妻の強い磁力に吸引されてしまうのです。そうなってしまっては全てが終わってしまうのです。

本来であれば夫が妻の意志を改善させこちら側に引き寄せなければ復縁は成り立たないものなのに夫が諦めてしまったら元も子もありません。

だからこそ別居中の夫達にこう言いたい!

離婚を拒み復縁を諦めきれない往生際の悪い人間であり続けてほしいと!

スポンサーリンク

復縁を諦めないことは後の人生へ生きると言う事に繋がる

妻に離婚を切り出されどうすることも出来ない夫の方々もいることでしょう。

しかし、そんな夫の方々は先ほどの磁石に例えるならどの状態にあるでしょうか?

日に日に磁力が弱まり、妻と本気で向き合う気力さえも失われつつあるのではないでしょうか?

もしそうだとしたら、あなたは復縁を諦めていることに過ぎないのです!

今をどうにか耐え抜き、妻の離婚への意志に強く反発し続けてください!

これが今を生きると言うことであり、あなたの人生そのものなのです。

今を生きずしてどうして後の人生が明るいものとなるのでしょうか?

復縁を決して諦めない、諦めることのできない往生際の悪い人間であり続ける姿を奥さんに見せつけてこそです。

ひょっとしたら離婚になり復縁できないかもしれません。しかし、それは後々の結果であり、先の未来となるものであって今は関係のない事です。

人間は窮地に追い込まれた時こそ今まで自分さえも知らなかった力を発揮するもの。

何カ月も別居状態が続き何の進展もないようであれば今一度、復縁に向け諦めきれない自分の思いを最大限に発揮してほしいと思います。

諦めたらそこで思考が止まり、足が止まり、全てが終わってしまいかねません。

奥さんを引き寄せるあなたの強力な磁力を今こそ開放するときが来ているのです!

まとめ

どんな状況であれ自分が離婚したくないのであれば復縁することを絶対に諦めてはいけないのです。

もう駄目だ・・・」そう思う場面が訪れた時はもう一度、今の自分の立ち位置を振り返ってほしいと思います。

今、あなたはどこにいますか?

離婚するかしないかの境界線におけるちょうど真上にいるのではないでしょうか?

ここで復縁を諦めたら奥さんの離婚したい意志側に覆い尽くされてしまうことでしょう。

そうなっては駄目なのです!

「絶対に復縁しない!」と言った強き思いで奥さんの気持ちをぐいぐいとこちら側に引き込んでいきましょう。

行動は念じることから始まります。

今まで何も行動に起こせなかったのは心のどこかにそう言った熱き思いが知らず知らずの内に薄れていたからかもしれません。

もう一度、もう一度だけ完全燃焼してみましょう。

生きると言うことに真正面からぶちあたることが出来る人生の分岐点、それが別居であり復縁なのですから。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    ブログを拝読しました。

    現在、別居して9か月になり、もうあきらめるしかないのかと思いかけていたところだったのですが、
    ブログを読み、自分にやるべきことはまだあるのではと、わずかな勇気をいただきました。

    今年の3月ですが、妻が2歳になる子を連れて、都内のマンションから
    実家(広島県)に帰っていきました。
    以来、わたしは仕事が手につかなくなってしまって都内で勤めていた会社を休職し、自分の実家(神奈川県)で両親のもとで療養生活に入りました。
    しかし、精神的には休むべくもなく、心身ともに次第に耗弱していくような
    苦しい日々を送っております。

    妻は別居当初から、もう一緒に生活するつもりはないという意思が固く、
    マンションからの荷物の引き揚げ、住民票の異動、児童手当の受取人の移譲、
    私の会社の健康保険からの脱退と、着々と自立するための行動を進めてきました。
    そして11月の末に、ついに離婚届を送ってきて、
    「離婚に応じてほしい、応じてもらえないなら別の方法を考える」という内容の手紙でした。

    妻が離婚を望む理由は、わたしが過去にした暴言や行いによって、心理的なDVを受けたことにより、わたしに恐怖をおぼえてしまうからということです…。

    わたし自身、自分のしたことは自覚しており、
    わたしがいかにひどいことをしてしまったのか…
    どれだけ妻が辛い思いをしていたのか…
    ごめんなさいとありがとうが言えていなかったか…
    別居してからの日々を過ごす中で、妻と子どもの存在がわたしにとっていかに大切な存在だったことに気付かされたか…

    謝罪と反省の意を伝え、今一度やり直す機会を与えてもらえないかと、手紙にして送ってきました。

    しかし、妻の岩盤のように固く閉ざされた心を動かすことはできず、
    こちらが復縁を望めば望むほどに、相手からは強く離婚を望む反応しか返ってこなくて、はじめは復縁を応援してくれていたわたしの周囲の人間も、
    「相手を思うのなら、別れてあげるしかないだろうという」という声に変わってきました…。

    「相手を思う」という言葉に、頭では何となく理解はできても、どうしても気持ちが付いていくことができずにいます…。
    自分の気持ちは、できることならやり直したいと思っていて、とりわけ、まだ小さい子どものことが愛しくてたまらず、引き離されるのが耐え難いのです…。

    相手を思うとはどういうことなのか、いま自分がすべきことは何なのか、
    どうすれば良いのか?、誰に聞くこともできない問題なのですが、
    自問自答する中で、こちらのブログに目がとまり、感じ入るものがあり、
    コメントを投稿させていただきました。

    • unluckyman より:

      こんにちは~
      「人生、一寸先は闇」とよく言ったものですが奥さんがお子さんを連れていきなり家を飛び出し、荷物を引き上げ、役所の手続きまで済ませてしまっている・・・
      さぞかしつらかったことでしょう。
      ここまで来れば奥さんの離婚への意思は相当固いものがあるのかもしれません。

      しかし・・・奥さんをここまで動かすに至ったあなたの暴言や行いはどれほどのものだったのでしょうか?
      つい「カッ!」っとなってその場限りとは言え、奥さんに恐怖を覚えさせるまでの行動だったのでしょうか?
      それとも日常的なDVだったのでしょうか?
      自分の行為を振り返りそのレベルが許されるレベルにあれば復縁も可能でしょうがそうでなければ難しいことでしょう。
      9カ月も頑なに離婚の意思を微塵も変えようとしない奥さんの姿勢はそんな気持ちの表れのような気がしてなりません。

      しかし、こればっかりは男性の場合、起きてしまった後に気付くケースがほとんどなのです。
      小さなお子さんもいることでしょうし「いくら相手のことを考え離婚してあげた方がいい!」なんて周囲に言われても到底、受け入れることなどできるはずもありません。
      では、このようなケースに陥ってしまった場合、最終的には何を持って決着付けるかと言えば、それは「奥さんの人間性一つ」です。

      あなたを許してあげられる広い気持ちが持てるのか?
      それが全てです。
      そんな気持ちが持てないのであれば残念ですがそれまでの女性だったということです。
      子供さんはまだ2歳でしょう?
      いくらあなたに原因があったとは言え、全てが一方的過ぎて度が過ぎた行動のような気もします。

      あなたは奥さんが別居した後、実家で療養生活に入り精神的に参って行ってしまうぐらいの人ですからきっと本心はやさしい人間なのでしょう。
      何も全てが鬼のような恐怖心を与え続ける人間ではないような気がするのですが・・・

      いずれにせよ遅かれ早かれ結婚生活を営む上で何かの拍子に今回と同じ事態を招いていたような気がします。
      奥さんは性格的にどのような女性なのでしょうか?
      確かに奥さん側の気持ちもわからないまでもないですがなんだか話し合いにも応じようとせず「離婚!離婚!」と行動ばかりが先走るのもどうかと思います。
      万が一復縁出来ても私の家庭のように一切、会話のない何のために一緒にいるのかさえわからない家庭になってしまう恐れも十分に起こり得ます。

      今は寂しさから復縁することが正しいことだと思われるかもしれません。
      しかし、これを機に今一度、過去の結婚生活を振り返り、それでもあなたに復縁する意思があるのであれば離婚に応じず、じっと耐え続けるしかないのかもしれません。
      やはり結論としては「あなたの奥さんに対する暴言が離婚するまでに至るレベルにあったのか?」です。
      もう一度、当時の状況を振り返りこれから先の方向性を位置づけて行くしかないでしょう。
      一人でどうにもならない、何かを打ち明けたくなったらいつでもここに書き込んでください~

  2. 匿名 より:

    コメントいただきありがとうございます。

    >こんにちは~
    「人生、一寸先は闇」とよく言ったものですが奥さんがお子さんを連れていきなり家を飛び出し、荷物を引き上げ、役所の手続きまで済ませてしまっている・・・
    さぞかしつらかったことでしょう。
    ここまで来れば奥さんの離婚への意思は相当固いものがあるのかもしれません。

    とてもつらいことでした…。妻も精神科に通院(DVによる心理的障害)しているし、子どもの医療も含めた生活環境を整えるためだというので、
    その都度、必要な書類を作成することに応じました。一方的だとも思いましたが、
    離婚以外のことなら何でも応じるつもりでした。

    >しかし・・・奥さんをここまで動かすに至ったあなたの暴言や行いはどれほどのものだったのでしょうか?
    つい「カッ!」っとなってその場限りとは言え、奥さんに恐怖を覚えさせるまでの行動だったのでしょうか?
    それとも日常的なDVだったのでしょうか?
    自分の行為を振り返りそのレベルが許されるレベルにあれば復縁も可能でしょうがそうでなければ難しいことでしょう。

    まさにこの点なのですが、実際にわたしが放った暴言は、たしかに常軌を逸していたように思います…。
    わたしの言動に何かとネガティブに捉える妻にイラっとして、
    「なんでそうしか捉えれないの?ダメだよそんなじゃ。一回人生をやり直さないとだめだ!」と言ったように覚えています…。しかも相手が過呼吸に陥る寸前までたたみかけてしまっていました…
    それと、別の口論の時には、私が怒りを我慢できなくて、トイレに入って壁を叩いて穴をあけてしまったこともあります…。

    妻は相当な恐怖で怯えていました…。

    ただ、上記は決して長年にわたって日常的に行ったものではなく、
    交際9年、結婚10年の間で、非常に不安定だった一時期のことです。
    (当時、わたしが仕事が原因でうつ病になって休職をしていたのですが、
    その間の私の不安から来る苛立ちをぶつけてしまっていたのだと思います…。)

    問題は、私にとっては病気だったから、一時的なものだったから…自分でも常軌を逸していたと思う…とは言っても、
    相手にとっては、限界をはるかに超えることだったということです。
    あんなことは2度としないというメッセージも、何ら響かないほどに、
    わたしのことが恐怖でしかなく、現在も通院治療中ということだそうです…。
    手紙も、もう送らないでほしい、LINEのやり取りも正直怖いといわれる程です。
    LINEはまだ既読がついてくれるだけありがたいのですが、しつこいと思われたら
    LINEさえも封じられてしまいそうで、不用意には送るに送れません…。

    >今は寂しさから復縁することが正しいことだと思われるかもしれません。
    しかし、これを機に今一度、過去の結婚生活を振り返り、それでもあなたに復縁する意思があるのであれば離婚に応じず、じっと耐え続けるしかないのかもしれません。
    やはり結論としては「あなたの奥さんに対する暴言が離婚するまでに至るレベルにあったのか?」です。
    もう一度、当時の状況を振り返りこれから先の方向性を位置づけて行くしかないでしょう。

    今は家族のいない人生を考えることが難しく、かと言って、彼女の立場に立ったメッセージを考えても、手紙を送ったり、メールを送ったりすることも下手にはできず…
    しかしこのままいつまでも耐え続けるのというのは、精神的にも肉体的にも経済的に厳しくなってきております。

    おそらく、わたしが本当に「変わった」と思われない限り、相手も変わらないのではとも思っています。
    しかしどうすれば「変わった」わたしを見せることができるのか、どうすれば変われるのか…悩みは深いです…。

    自分にしか解決できない問題にもかかわらず、こうしたかたちでお話を聞いてくださり、冷静にご意見をくださること、本当にありがたいです。

    • unluckyman より:

      まず初めに奥さんに対して「一度人生をやり直せ!」の表現の箇所はちょっと言葉が激しかったので1箇所だけ変更させて頂きました。すみません。
      ん~何と言いますか・・・
      落ち込んでいる人に対してこんなことを言うのも酷ですが奥さんに対して「人生をやり直せ!」とか「過呼吸になるまで追い込む」、「怒りを我慢できなくて、トイレに入って壁を叩いて穴をあける」と言ったような行動は人並み以上の言動のように思えます。

      それが一時的なものだったにせよ奥さんからすれば今でも当時の状況が思い出され「あなたに対して怖い」と言った感情を抱いていることでしょう。
      仕事が原因でうつ病になって休職をしていた期間、非常に不安な気持ちになり、そんなやり場のない気持ちを奥さんにあたってしまったのですね・・・
      確かにうつ病は精神的な病気ゆえにその苦しみは本人にしかわからないものかもしれません。

      辛い・辛い・辛い・・・そんな衝動に駆り立てられた毎日を送っていたことでしょう。
      しかし、そんなあなたの様子を見続けさせられ、笑顔もやさしさも感じられず、ただただ怒り任せに罵声を浴びせ続けられた奥さんはどんな気持ちだったのでしょうね?

      こんな言い方をすれば元も子もありませんがそんなに仕事が自分のことが大事でしょうか?
      今の時代、仕事なんてその気になれば給料は下がるかもしれませんが転職はできます。
      ましてやあなたの会社は休職を認めてくれるような良い会社じゃないですか!

      休職期間に奥さんの家事や身の回りのことを手伝ってあげたり、日常の会話を増やし、思いきって旅行に行ったりすればよかったのです。
      そうすることできっとあなたも奥さんも救われたような気がします。
      長~い人生、時には仕事なんかよりも家庭を重視することがあってもいいような気がしてなりません。
      仕事なんて所詮、経営者に遣われるだけ。そんなもののために自分の大切な家庭を壊されてはたまったもんじゃありません。

      今のあなたはどうして良いのか八方塞がりの状態かもしれません。
      奥さんに対して何をやるべきかさえわからないことでしょう。
      もちろん、こんな偉そうなことを書いている私もあなたに対して解決策を用意してあげることなどできません。

      しかし、一つだけ言えることは離婚する・しないに関わらずあなたは奥さんに対して精一杯のケアをしてあげるべきだと思います。
      放置し時間が経つだけではあなたにとっても奥さんにとっても良くありません。
      幸いなことにラインで連絡はとれるようですので傷ついた奥さんの心を労ってあげるような言葉をかけてあげてはいかがでしょうか?

      「心身ともにもう辛いです、許してください‥」なんて言葉では響くことは絶対にないでしょう。
      奥さんに許してもらう必要なんかないのです。ましてや許しをくれるとも思えません。
      自分主体ではなく奥さんの立場に立った発言の方が良いかと思われます。

      ここはつらいでしょうがあなたが奥さんに対して怒りを露わにしていた場面を思い出し、その時の奥さんの気持ちはどうあったのか?
      そしてそんな奥さんに今の落ち込み、反省したあなたならどんな言葉をかけてあげられるのか?
      その辺りから自分の気持ちを整理し奥さんに対する回答を探して見ると良いでしょう。

      今回はちょっと長くなりましたのでまた次回、返答があればその辺りを含めて意見させてもらいます。
      つらいでしょうが別居に陥ってしまった男性のみなさんは皆、同じようなものです。
      ここは耐えるしかありません。気持ちを切り替え今を懸命に生きて行きましょう。