別居中における本当のタイムリミットとは?夫婦に限られた時間の真相に迫れ!!

皆さんこんにちはアンラッキーマンです。

今回は別居中における本当のタイムリミットとは何かについてお話ししたいと思います。

あ、もちろんこのブログは別居中の夫の方々にポイントを当てていますので妻が家出をしたと想定してお話しします。

夫が妻と離れ離れになり別居状態に陥ってしまった際に、「一体自分はどのくらい別居期間を過ごせば妻とよりを戻すことができるのだろうか?」と不安に陥ってしまうことでしょう。

その結果、必要に妻を追いかけ毎日のように電話をしたりメールをしたりしてしまうのです。

しかしそんな行動とは裏腹に焦る気持ちばかりが先走り何一つ変化のない毎日。

そんな日が続くことで心身ともに不安になり仕事も手につかない状況に陥ってしまうのです。

そして多くの人たちはこう思うのです。

一体いつになったら復縁できるのだろうか?

このまま復縁できなかったらどのくらいの期間が過ぎると婚姻関係が破綻してしまうのか?

この結論については以前に「別居中に避ける夫婦のタイムリミットはいつ?」と言った回でお話をさせてもらいましたが法的にこれと言った定めはないものの調停で婚姻関係の破綻が認められてしまう持って5年~7年が限界だとお伝えしました。

しかし、この別居期間5年~7年がタイムリミットかと言えば実はそうではないのです。

これは民法上、離婚もやむを得ないと認められる基準であって現実にはそんな長期間も婚姻関係の継続が許されるほどこの問題は生易しいものではなかったのです!!

離婚を決意し別居に出た妻の心理

夫婦どちらかの一方的な別居は「婚姻関係を継続し難い事由」に相当するように見えますがこれを理由に強制的に離婚する事など出来ません。

しかし、「じゃあ妻を無理にでも連れ戻せるか?」と言えばそんなことはまずもって不可能です。

となればこのまま別居したまま均衡状態が保たれるしかないのです。

1週間が経ち、3か月が経ち、半年が経って行く・・・。

月日の経つのは無情にも早く夫婦間の関係が修復されないままただただ日にちだけが過ぎるのです。

そして気が付けば法的に定めはないものの調停で婚姻関係の破綻が認められがちな5年に到達・・・。

とはなりません!!

現実問題、そんな5年も7年も妻が待ってくれるわけがないのです。

離婚し新たな人生を生き抜くことを決意した妻はまだ20代~40代。

いくらでも人生のやり直しが効くでしょうし、新たな出会いもあることでしょう。

そして日に日に老いて行く自分の姿を前に一日でも早く今の夫と離婚したい気持ちは増していくのです。

そう、今の家庭よりも将来の自分を優先し決断する瞬間が訪れるのです。

スポンサーリンク

別居における本当のタイムリミット、それは妻の心が夫から完全に離れてしまった時

今の夫との夫婦関係にピリオドが打たれるとき。

それは妻の心が夫から完全に離れてしまった時なのです!!

そしてこれこそが別居における本当のタイムリミットなのです!!

別居直後というのはまだ別れて日も浅いことから夫のことを何かしら考えたり顔を思い浮かべたりするもの、それが人間です。

それがどんなに腹を立て夫を憎みに家を出た妻とて同じこと。

しかし実家に帰り妻の姑と自分の子供に囲まれ嫌な夫から離れた世界で生きることで「もう二度とあの夫のいる家に戻りたくない!!」と思うようになるのです。

そしてしまいには夫から気持ちが完全に離れてしまいそうなるまでにそんなに長い期間は必要ないのです。

どんなに夫が頑張っても一年!!

この一年が限界でしょう。

そして覚えておいて頂きたいことはこの別居状態の妻が万が一にも改心すると仮定して夫に気持ちが振り向き完全によりを戻しても良いと思う気持ちになれるにはかなりの時間を必要とすることです。

それがどれぐらい必要かは人に寄り切りですが少なくとも妻が「復縁しようかな」決めてすぐに家に戻るようなことは絶対にありません。

半年、一年も夫と離れていたとすると夫婦といえど元々が赤の他人であり、またひとつ屋根の下で暮らすと言った新たな決意がなければまずもって妻は戻ってこないのです!!

「別居期間のタイムリミット・復縁にむけて」まとめ

以上のことから妻が復縁に至るには2段階の準備期間がある言えるでしょう。

一つ目は復元をすると改心し復縁すると決意する日までの期間。

そして二つ目はその決意をしてから家に戻るまでの準備期間です。

この二つの復縁に至る期間を合わせてみても1ヶ月や2ヶ月で家に戻ることなど決してないのです。

復縁とはかなりの労力と時間を費やすものです。

そして夫にとっては厳しい現実世界を目の当たりにするもの。

生まれて初めてこれほど過酷な日々を送るはめになるとは思いもよらなかったことでしょう。

しかしそんな日々を乗り越え新たな自分を妻の前にさらけ出した時、初めて妻の心が揺れ動くのです。

そして妻との復縁が成就する期間、それは妻にあなた自身が心から変わったと思ってもらえるまでの時間なのかもしれませんね。

コメント一覧

  1. K より:

    アンラッキーマンさん、こんばんは。

    アンラッキーマンさんのアドバイス、ごもっともだと思いました。

    アンラッキーマンさんの10年後の現状を、見るたびに、まるで自分自身の将来をみている気持ちになります。

    それでも、家族を取り戻したい。

    その後、妻と子供と会いながら距離を縮めて、2人で話し合いの場をもうけるまで、少しでもわだかまりをといて行こうとしています。

    妻と子供と計三回会い、来週も会うことになっています。

    本当は、今すぐにでも妻と話し合いの場をもうけたいのですが。

    子供にも、異変がでていて、我が家のことを忘れた。
    私の母親と妹のことも忘れた。

    パパのことだけおぼえていればいいじゃんと言っています。

    パパは一緒にいたいと言っても、何も言わないんです。

    遊べばいいじゃんと。。。。

    妻は、会うたびに和らいできたと思います。

    しかし、今の別居で子供と遊んで欲しいと言う妻の希望が叶っているからだけなのか?

    私に対する嫌な気持ちが薄れ、復縁を考えてくれるようになってきたのか?

    わからず、話し合うタイミングがわからないです。

    なんとか、家族を取り戻したい。

    ご助言頂けると有り難いです。

    • unluckyman より:

      Kさんこんにちは~
      「私に対する嫌な気持ちが薄れ、復縁を考えてくれるようになってきたのか?」とのことですがまさにその通りです。

      そもそも別居状態からいきなり復縁なんて絶対に無理です。
      奥さんの気持ちのわだかまりが晴れてこそお子さんを連れて家に戻って来るのですから。

      それまではKさんは奥さんにとって居心地の良い環境を提供し続けるしかありません。
      それがいつまでかかるのかはわかりませんが間違っても焦らない事です。

      例えるならKさんは奥さんにとって「心地良いそよ風」のようなごく自然な存在であってこそではないでしょうか?
      今出来る事は奥さん・お子さんと定期的に会える回数を増やし、自然な形で連絡をとり合い一緒に外出できるようになることだと思います。

      そのうち外食でもしているときに奥さんに対して「やっぱり家族っていいよねぇ~」なんて言ってみるのも良いかもしれません。
      以前の家族形態は夫が大黒柱的な存在にあった。

      でも今は少しずつ、そんな家族の形態も変わりつつあるのです。
      夫も妻も同じように・・・どちらかが抜き出るような存在であっては生活を共にし続けることは難しいような気がしてなりません。

      奥さん・お子さんにとってやさしい父親、思いやりがあり、いつでも支えになってあげる姿勢を見せ続ける事が出来る父親であってこそです。
      Kさんはやさしそうですし、きっとその内、奥さんはお子さんを連れて戻って来てくれると思いますよ。

      今は別居だの復縁だのあまり深く考えず、奥さん・お子さん・奥さん側のご両親にとって協力的で冗談の一つでも言える愉快な父親であってほしいと思います。
      笑って耐え続けることもまた復縁には欠かせないものです。
      頑張ってください~

  2. K より:

    アンラッキーマンさん、こんばんは。

    あれから二回、妻と子供と会ってきました。

    今日、妻とお互いの気持ちを話し合いました。

    私は、『妻と、息子じゃないとダメなんだ。』、『家族と一緒にいたい。』、『妻の地元に行くよ』、『今まで、妻が見知らぬ土地で頑張ってくれたから、今度は自分の番だから』等、伝えました。

    妻は、『息子にとっての父親はあなたしかいないし、私と息子の人格は、違うから、パパを取り上げるつもりはない』、『実家に帰って、色々手伝ってくれる人がいて、初めて心が一杯一杯にならなくて済んだ』、『今の離れて暮らしている状況があるから、いい感じでいられるんだよ』、『私があなたのことを子育てのパートナーとしか思えない』、『旦那としてはみれない』
    、『価値観が、違いすぎて一緒には暮らせないんだ。』、『場所は、関係ない』等、言っていました。

    私は、妻と子供しか考えられないんだけど。

    このまま、離れて遊ぶことしかダメみたいです。

    妻には重くならないように、精一杯伝えたんですが。

    もう諦めるしかないんですかね?

    • unluckyman より:

      Kさんこんにちは~
      いやいや・・・奥さんの言いたいことはわからないまでもないですが結局は実家に甘えたいだけではないでしょうか?

      さぞご両親がやさしいんでしょうね~さぞご両親に甘えて居心地がいいんでしょうね~
      うちの妻もそうですがこの手の女性は例え結婚し嫁に出たとしても実家との関係は切り離すことが出来ず親離れできないものです。
      ましてや両親も娘に依存し続ける関係にあるもの。

      Kさんは別居婚と言う言葉はご存知でしょうか?
      世の中には月に1回しか会わずお互いに自由な生活をしているもののそれでも形の上では夫婦であり続け満足している・・・
      そんな夫婦の方々もいます。

      問題はKさんがどう思われるかです。
      奥さんの実家暮らしを容認し生活費だけを仕送りし続け、形状の夫婦を演じるのか?
      しかしそれにはこれから先、自分の人生を犠牲にする必要があります。

      ひょっとすればKさんが今の奥さんとの関係に見切りをつけ離婚したとしても5年後・10年後に新たなパートナーと幸せな家庭を築いているかもしれません。
      それとも今の関係を我慢し続け、奥さんの心変わりを待つのか?
      お子さんが大きくなり中学生にもなり物心がついてくればまた違った変化が見られるかもしれません。

      諦めると言うよりは「今のままで離婚しなくてヨシと決意するのか?」それとも「奥さんに見切りを付けるのか?」のどちらを選択するかですよね。
      諦めと言うのは「何もせず成り行きに任すこと」です。

      Kさん!これからどうして行きたいですか?
      まずは冷静に自分をそして今の環境を見つめ直し行動に起こしていくべきだと思います。

      物事はなるようにしかならない時だってあるのです。
      でも一番大切なのは「いかに自分自身を奮い立たせ行動に起こせるか?」ではないでしょうか?