別居中の妻の気持ちを変化させることが出来るのは夫だけだ!!

みんさんこんにちは~お盆だと言うのに台風がすごい・・・

やっと通過しましたが、まるで過去に猛烈な夫婦喧嘩をしたような激しさでした。

今回は「別居中の妻の気持ちを変化させることが出来るのは夫しかいないっ!!」にスポットを当てて皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。

このブログを訪れてくれた方々の中にも少なからず奥さんと別居されてしまい悩んでいる人達がいるのではないでしょうか?

ではここでそんな方々に聞きたいことがあります。

あなたの奥さんはどんな気持ちで別居したのでしょうか?

おそらく、ほとんどのケースが「今、夫といる状態が苦痛でたまらなく一刻も早く夫と離れ、解放され楽になりたい!」そう思っていることでしょう。

もう完全に夫から心は離れ夫を愛する気持ちなんて微塵もないことでしょう。

夫と一緒にいるとこれから先の人生が無駄になってしまう、気持ちの離れた今となってはよりを戻す気などさらさらない。

あと一押しで離婚が成立してしまう危機にあるのです。

でも、そんな状態の妻の気持ちを改心させ元の鞘に収めることができるのは誰だと思いますか?

そう、夫以外にはありえないのです!!

妻の心理を読み取り夫として出来る最大限のフォローを!!

妻の心理状態は十中八九、夫の事が嫌で嫌で別れを切り出したことは間違いありません。

ではそんな夫を嫌う妻の心理状態をあの夫婦仲が良かった若かりし頃のように戻すにはどうすれば良いのでしょうか?

今の妻が何を考えているのかは大方の予想はつく、でも自分には何をすれば良いのかわからない・・・

別居中ってこんなことを思っている夫達がほとんどです。自分もそうでした。

とにかく妻の実家まで行って妻も両親も含めて謝罪したい、でもあまり妻を刺激してもいけないし・・・

また、二度三度と謝ったにも関わらず変化がない・・・

もうどうすればいいのかわからない・・・

こんなことを思っていませんか?

ここではっきり言いましょう。

あなたは何を言っている!

あなたの妻でしょうが!

あなたが動かなくしてどうして妻の心が動くものか!

時間はかかるかもしれない、自分の精神状態がボロボロになり仕事も手に付かず生きていく希望さえも見失うかもしれない。

でも、夫がそんな優柔不断な態度でいる以上、妻の気持ちは絶対に変化することはないのです。

もっとしっかりしろ!

ここで踏ん張らなければ二度と家庭と言うものを味わうことが出来なくなるかもしれないんだぞ!

ちょっと感情が高ぶってしまいましたがこれは過去の自分に対して伝えたかったことを記述したまでです。

しかし、これは別居状態でもうどうすれば良いのか悩んでいる夫の方々にもあてはまるメッセージだと思ってください。

スポンサーリンク

夫無くして復縁などありえない!!あなたはどんな夫でありたいのか?

いいですか?何度も言うようですが復縁と言うものは「夫の存在無くして成り立たないもの」なのです。

別居と言うものは多くの夫婦に見られがちで、家庭内別居など形は違えどほとんどの夫婦に起こりえること、いや一度や二度は必ずと言っていいほど起こる物なのです。

でも、ここで夫婦仲をとりもどし復縁できる夫婦もいれば離婚してしまう夫婦もいる。

復縁出来るケースの場合、夫の妻に対する言動・姿勢が妻の心を揺れ動かし「また一緒に生活してもいい」と言った感情に戻るのです。

夫であるあなたは妻に対して何が出来ますか?

落胆し離婚に傾きかけている妻の気持ちをどうやって変化させることが出来ますか?

形は違えど、やるべきことは一つしかありません。

それは、夫が今の妻が抱えている不安や悩み・苦悩と言った心理を理解し、全力でその傷をやさしくいたわってあげるしかないのです!

あなた(夫)にはそれが出来ますか?

出来るはずです!!

出来ないと言うのであればそれはあなたがまだまだ妻に対して恥ずかしさや心から自分が悪かったと思えていない面から行動に移せていないだけです!

別居中の妻に冷たく突き放されようとも何度でも笑顔で立が上がってください。

妻もあなた(夫)に対して笑顔を見せるその日まで。

妻の笑顔が見れた時、それは妻が本心から夫を許した瞬間です。

その日を夢見て全力で復縁に向け生きて行きましょう。

まとめ

別居中の妻の心を変えることができるのは夫だけです。

別居という苦しい日々、たしかに夫自身もつらく精神的にどうにかなりそうな気持ちもわからなくはないです。

でも、夫が悩み・苦しんだところで妻の心に変化は全く生まれないものです。

それよりも自分のことより「妻がどう思っているのか?」を考え、悩むべきです。

妻が家を飛び出した以上、妻の事だけを考えるべきなのです。

自分の事を考えるあまり自分の気持ちを優先し、知らず知らずの内に妻に対し以前と変わらない言動をとっているのかもしれませんよ。

女性に本心から「この人変わった!?」と思わせるのは並大抵のことではありません。

ましてや長年、付き添ってきた妻ならなおさらです。

しかし、やるしかないのです!

別居という一日、一日を大事に後々、良き思い出として残せるよう全力で妻を迎えに行きましょう!

コメント一覧

  1. マインドフルネス より:

    アンラッキーさん、私のコメントに性格にじみ出て来てるとのことですが、どのようなところでしょうか?私はそれが分からないからこの状況を作り上げているのだと思って、心療内科やセルフコントロールのカウンセリングを受診しているのですが、恥ずかしい話、見返してもあまり分かってないです。読み返して文面の流れで誤解されているといけないので念のためお伝えすると、子どもを放り出したり、感情剥き出しで怒っていたのは妻です。脳梗塞後、妻を失いたくないという恐怖心があり、なんとか妻の負担を減らそうと私がいない時も子どもを躾けておこうと思った結果、行き過ぎてしまいました。また、話せば長くなるのですが、義父が今回の話しを拗らせている主原因です。一番解せないことは3年前に義父が妻が言いにくいことがあれば、メッセージを受け取り、それを私にフィードバックするという約束をしていたのですが、妻から私の怒り方について相談を受けておきながら、私に一切話なく、児相や警察に相談させたことです。このサイトを見てる方々にも同じ状況の方いるかも知れません。私の妻はそこまでではないですが、離婚するため冤罪DVを利用する悪い女性も多々います。私も事実が誇張して伝わっていますが、私はその妻の言葉も自分の責任だと受け止めています。話が少し逸れましたが、警察の緊急避難指示は指示であり、従うかどうかは本人次第です。妻は自分では判断できないと義父に相談したようですが、肩書きに弱い義父が警察の指示だからと従ってしまい、ある日突然妻、子ども達の日常が壊されてしまったのです。守られるべき妻や子どもがどうして日常を壊されなければならないのでしょう。警察は私に接触し、事情を聞き、保護命令などで自宅から追い出すことも出来たはずですし、私は当初から妻子の日常を戻すことをお願いし続けていました。私が出て行き、自宅を譲り、冷却期間としての別居は受け入れ、その上で家族で話合い妻子がパパいらないという結論であれば受け入れると話していました。本当にダメなところある私ですが、家族にはそれ以上に楽しい思い出を残してきた自信もあったのでそう伝えました。ところが、義父は当初から経済的な支援の話ばかり、お金を振り込まないと意見すら言わない人間です。私の同意を取ったと言ってますが、精神的に弱ってる私に離婚をちらつかせ、それを条件として交渉してくるような人間です。家族のためと思い、また、自分の修行だと思い不条理を受け入れてましたが、この義父に任せているといつまでも家族はしんどい生活から脱出できないと思う一件があり、見せかけで戻る復縁なら、弱い立場でも言いたいことははっきり言って離婚になった方がマシだと思い、義父に正論ぶつけたら、すぐに妻から離婚調停に進むと案内があり、今に至ります。後悔はしてないです。家族を守ることに結婚という形にこだわる必要はないと考えるようになったからです。本当の家族なら結婚という形なくても繋がっていられるはずです。夫として妻としてそして子供としてそれぞれが家族の一員として機能し支え合ってこそ家族で、それができなければ結婚は形式化したものになると思っています。そもそも結婚したのは妻が好きで好きでたまなかったからなんですけどね。今も私のその気持ち変わらないことが辛いところです。たびたび長い文面失礼致しました。

    • unluckyman より:

      マインドフルネスさんへ
      自分の性格ってわかっているようでなかなか理解できないものなんですよね。
      「妻の負担を減らそうと私がいない時も子どもを躾けておこうと思った結果、行き過ぎてしまいました」とありますが、子供達から見て奥さんとマインドフルネスさんとの怒り方の違いってどう感じていたと思われますか?

      奥さんはマインドフルネスさんがお子さんを怒っている様子を見ていて心臓がドキドキすると言っていましたよね?
      そこに全ての答えがあるような気がしてなりません。

      確かにマインドフルネスさんは普段はやさしい人柄なのでしょう。
      しかし、どうしても自分をコントロールできず、周囲の人達から見れば時には少し度が過ぎた言動が見られるのかもしれません。
      私も結構、短気な性格でしてマインドフルネスさんと同じように若い頃はそりゃあもう大声を出したりしていたものです。

      こんなことを言うのも何ですが今の時代は昭和の時代のように夫が嫁や子供を怒鳴るようなことはあってはならない時代に来ていると思います。
      よほどの信頼がおける夫であれば別ですが、それでも社会全体が例え躾であろうとも子供に対して声を荒立てたり、ましてや力でねじ伏せようなど許されない傾向にあるのです。
      もし、妻側が夫の行為をDVだと感じ、第三者にその経緯を曖昧な情報で伝達されたとしても夫は負けるのです。
      夫がどんなに正当性を主張しようともそんな状況下に陥ってしまうこと自体に問題があるのです。

      義父さんもマインドフルネスさんのご家庭の全てを把握してはいないことでしょう。
      義父さんの人間性にも左右されるでしょうが、元をたどれば義父さんへの情報伝達の全ては奥さんから伝えられたもの。
      マインドフルネスさんからみれば義父さんの解釈がおかしいと思われるかもしれませんが悲しいかな義父さんは奥さんである我が娘とお孫さんを優位に守ろうとすることでしょう。
      そんな状況下で警察の方が介入すればおのずと結果は見えているのです。
      マインドフルネスさんの言われるように同じように納得の行かないケースに巻き込まれた夫の方々が多いのも頷けます。

      矛盾していますが義父さんは良かれと思い起こした行動、その行動に対してマインドフルネスさんが正論を述べたことで喧嘩腰だと思われた一面もあると思います。
      話のわかる方ならともかく、理解できないと思っている相手に感情が高まり正論を伝えたところで話は良い方向に進まない、逆効果になることは避けて通れません。

      夫婦関係がこじれた時、夫にとって最大の問題となるのは妻側の家族です。
      奥さんを自分の妻として迎え入れた以上、どんな状況にあれ奥さん側の家族も自分の両親同様に接して行かなければならないのがつらいところですよね。
      奥さんが実家に依存する以上、これが出来なければ絶対に夫婦関係の円満は成り立たないのではないでしょうか?

  2. マインドフルネス より:

    アンラッキーさん、時間があいてしまいました。今後どんな形になろうとも妻や子ども達が私を夫として選んだこと、自分の父親だと誇れる人間になっていようと仕事に打ち込んでいました。なんとか営業成績も回復しました。が、仕事遅くなり、疲れ果て返信できずという言い訳です(笑)

    アンラッキーさん、そうですね。自分のことって何かきっかけがないと分からないですよね。私のニックネームをマインドフルネスにしているのもそのためです。気付きが大切だと考えているからです。そんな私がこの数ヶ月カウンセリングや心療内科、友人、親、上司、同僚にいろいろと相談して少しずつ気づいたことあります。妻と私の子どもへの怒り方の違いはそんなに変わらないと思いますが、同じ声を荒げても男性の私が怒ると3年前の家庭内別居の原因となったサーキットブレーカーの働かない行き過ぎた怒り方もあり、私の思っている以上に恐怖を与えていたことに気付きました。私は怒るきっかけは3年前の義父の家庭内別居の仲裁時に約束した通りにほぼ守っていました。子どもがお友達をうっかり嫌な思いをさせた時、私の大事なモノを壊して隠してた時、そんな時こそ絶対に感情的にはなっていけないと自分を自制し、感情をコントロールし、子どもに何がいけなかったのかなどゆっくり丁寧に説明し、これからはこうしようね!と子どもと約束していました。ところが怒るきっかけはコントロールできていても、怒り始めると感情が暴走することがあり、失敗しました。また、カウンセリングに通う中で、私の思い描く父親像が間違っていることにも気付きました。父親は一家の大黒柱で、家族の規律のためどこか恐れられている存在でないといけないと。代わりに家族の全責任を負って物事を決めないといけないと考えていました。そして経済的に豊かにすることが最大の使命だと思っていました。超亭主関白に思われそうな内容ですが、私は父親だからと偉そうにしたことは一度もありません。前もお話したように家族はそれぞれに役割があり支え合って初めて家族の形を成すものだと考えているからです。家族に対して見栄や体裁は気にしたことなく、みんなが楽に入れる友達感覚の家族を理想としていました。しかし、この使命感と恐れが必要だという考えはDVの温床になることに気付きました。私は父親という恐怖を使って子どもをコントロールしようとしていたのです。この考えが変わらない限り、今回のことが起きなくても、いつの日か行き過ぎてしまい、暴力は無くても言葉の暴力、精神的威圧を与え、子どもや妻を疲弊させてしまっていたでしょう。
     妻が意図しない緊急避難をすることになった最初の2日は子どもを巻き添えにした妻を絶対に許さないと思っていました。10年前のケンカの時に二度と子どもを不幸にする選択だけはお互いやめようと約束していたのにと。しかし、よく考えると妻だってこんなこと望んでするわけありません。3日後にはそんな行動の選択を私がさせたのだろうと考えていました。家族の辛さを想像すると、意識が遠のきそうでしたが、周りのみんなに支えられこの状況まで来れたことは大変ありがたいです。義父に正論をぶつけて離婚調停になったことも後悔ないです。見せかけの復縁なら意味はないので、思い通りの結果にならない可能性は高くとも本音で話して真にやり直したいと考えたからです。
     結婚とは、妻の家族とも家族にるという考え同感です。妻の両親は離婚しています。そのため義母とは積極的に自宅に泊まりに来てもらったり交流していましたが、義父は現在の義父の妻に、元家族と会うことを良く思われていないと聞いていたので、たまに隠密で一緒に旅行へ行ったりするようなお付き合いしかできていませんでした。義父は計算はしていると思いますが、悪意はないと今までの付き合いから信じれます。弁護士立てられ、離婚調停を申し立てられていますが、真の復縁のスタートラインにやっと立てたと考えています。また、私は復縁を離婚回避だけとは考えていません。これからの時代、結婚という形がなくても絆と信頼関係のある家族なら結び付きを保てる他の形もあると思います。妻の気持ちは妻の心次第(私の行動次第)ですが、親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ち、私が妻を思う気持ちは変わることはないからです。
    アンラッキーさんの返信にお答えできていないかもしれませんが、私の今の考えです。願うことは別居開始からただ一つ。妻と子ども達の幸せだけです。

    • unluckyman より:

      マインドフルネスさんへ
      仕事に専念できる状態になって何よりです。
      やはり人間、いかなる状況にあろうとも仕事をしなくては駄目です。仕事をしていないとどんどん落ちて行きますから。

      >男性が大声を上げて怒る行為
      これは女性や子供から見れば本当に怖いと言われています。
      元々、成人男性はただでさえ女性や子供と比較して圧倒的に腕力の面で勝っていますので、ここで追い撃ちをかけるが如く声を荒立てることは精神的に圧力をかけてしまい兼ねません。
      よく冷静になった後で「あっ!いい過ぎた!」と思うこともあるのですが口は災いの元とはよく言ったもので一度、発した言葉は取り消す事などできないのです。
      言われた側はいつまでも脳裏に鬼のような形相で声を大にし怒っている様子が残ってしまうもの。

      昔はよく「かかあ天下」なんて言われた一面もありましたが最近の女性はそもそもの生まれ育った環境が180度違いますので耐えられるわけがありません。
      すぐに別居になるのがおちですし、また実家の両親もいつでも妻と子供を迎え入れる体制が出来ています。
      だからこそ今の世の中、言いたいことも言わず我慢している夫達が多いのかもしれません。

      マインドフルネスさんが奥さんとお子さんの幸せを願うのであればマインドフルネスさんの言われるように見せかけの復縁など必要ないのかもしれませんね。
      その気持ちを奥さんに目一杯、伝えることができれば結果はどうあれ、それでいいのではないでしょうか?